はらっく傾奇者でござ候

管理釣り場メインではありますが、いろいろ書くので ”意にそぐわない方” は静かに御退室ねがいます。

文化の日とは

フル転載





11月3日の本日、何の日かと言えば「文化の日」と答えるのが戦後日本の姿でありますが、戦前は「明治節」といって四大節の一つでありました。

昭和23年、GHQの占領下で祝日法が制定され、日本政府は10日を祝日として制定しようとしたら、GHQが待ったをかけてきました。その10日のうちで2日だけは絶対認めないというのです。それは2月11日の「紀元節」と11月3日の「明治節」でありました。

なぜGHQがこれほど反対したのか?
紀元節」というのは初代・神武天皇が大和橿原に都を開いて即位した日で、「日本の理想は八紘一宇である」とされました。あの大東亜戦争で日本の強さに徹底的にやられて懲りたアメリカは、二度と日本がアメリカに刃向えないように、強さの源を全て消して、日本を弱体し、パチンコなどをやらせて堕落させて無気力人間にしようとしたのです。「八紘一宇」という精神で戦った日本を消すために、神話を消し、唱歌も国のためという歌詞が消され、日本の建国をわからなくさせたのです。だからこそ、この「紀元節」は絶対に復活させることは許さなかったのです。
ただ、余談として昭和41年に有志が運動して「建国記念の日」として2月11日を何とか残すことが出来ました。

もう一方の「明治節」という明治大帝のお誕生日もGHQは許さなかったのです。明治の御代から天皇陛下のお誕生日は「天長節」とし祝日でありました。明治大帝は日本の近代化のための議会や憲法教育勅語を制定し、わずか数年の間に日本を近代国家に発展させ、国難であった日清、日露の戦いにも世界の予想に反して勝ち、日本を世界五大大国の一つにつくりあげました。この偉業を成し遂げたことは世界でも認められたのです。

明治大帝が崩御された後も、明治大帝をお慕いする大正の御代の国民が全国的な署名運動を起こして、ついには国会でも取上げられて可決され、11月3日を「明治節」という名で祝日にされたのです。
しかし、人種差別の強かったアメリカは日露戦争でイエローモンキーの日本が白人の大国ロシアを破り、自分たちのアジア植民地化の邪魔になると思ったアメリカは、その頃から日本を戦争で叩き潰す「オレンジ計画」を立てていたのです。
つまりアメリカは日本の強さは明治にあり、「教育勅語」にあると知っていたので、占領後、真っ先に「教育勅語」を廃止させて、「明治節」を消し去ろうとして復活を許さなかったのです。

しかし、占領下の日本人も骨がありました。明治大帝のご聖徳に感謝する国民の声として11月3日は国民が忘れないように残そうと、やむなく「文化の日」として11月3日を残したのです。これは占領下で日本人が何も決められない中で、せめて自分たちの子孫には明治大帝を偲ぶ手がかりとして、「文化の日として祝日にして残しておけば、心ある国民は、この日が明治天皇のお誕生日であり、明治天皇のご聖徳を偲び、感謝するように」と苦肉の策として残されたのです。
本来は、講和条約で主権を回復した時に「明治節」に戻すべきであったのです。

11月3日が祝日として今あるのは、どういう経緯であるのかを今の日本人は知っておくべきでありましょう。

明治が今の平成の日本の礎になっていることを今上陛下はこのように詠んでいます。
今の世の国の基(もとい)の築かれし明治の御代を尊みしのぶ

明治とは列強が植民地化を推し進めていた時代であり、日本も領土を脅かされていました。だからこそ明治の時代に領土を明確に画定したのです。それが竹島尖閣、千島列島でありました。
ひるがえって今、日本も領土が脅かされています。明治大帝が明確に日本の領土として画定した竹島尖閣も千島列島も、さらには沖縄まで狙われています。
明治節の今日、明治大帝の領土を守る気概に学んでみることも必要ではないでしょうか。