はらっく傾奇者でござ候

管理釣り場メインではありますが、いろいろ書くので ”意にそぐわない方” は静かに御退室ねがいます。

出玉没収はエスパス

エスパスという名の駅前賭博場がありますが、この駅前賭博場チェーン店は、パチンコでひねりを行っていると出玉を没収されるそうだ、全店ではないだろうけれど、過去にひねっていたプロの出玉を没収したそうだ。

駅前賭博場のパチンコでハンドルをひねったら出玉没収って…







ひっで〜店だな、そもそも一生行かないけれど、間違ってもエスパスでは賭博・博打・掛け・ギャンブルを行わないようにします。

民間賭博業で儲けているクセに、そのお客さんのわずかな努力をも許さないなんて、まったくドブくせ〜汚い店だ。







ちなみにヒネリとは?







右打ちの台でやりすいのですが、アタッカーが開いて最近は8個か9個くらい入れると、アタッカーが閉まります、その15ラウンド16ラウンド繰り返すことで大当たりを消化しますよね。

で、ひねりとは




アタッカー入賞カウント9個の台で、8個入賞したら打ち出しを止めて、その後に2個もしくは3個玉を打ってアタッカーに入れるんですが、この時に先に打つ1個目を弱めに打ち、次に打つ1個もしくは2個目を強く打つ、ここでハンドルを弱いところから最強に調整する作業をヒネリと言います。

こうすることでどうなるかというと、先に打った玉は弱く打ったので、後から強く打った玉に追いつかれます、追いついた状態で2個の玉もしくは3個の玉が近距離を保ってアタッカーに向かい、2個もしくは3個アタッカーに入り、アタッカーが閉じる。

要は9カウントのアタッカーに10個もしくは11個玉を入れることで、仕様以上の出玉を得る方法がヒネリです。



大当たり1回で16ラウンド、10個賞球の台で半分の8回オーバー入賞に成功すると、72個多く出玉を得られる。

5連チャンした場合360個の出玉を余分に得られ、等価交換のお店であれば1440円多く換金することができる。

これをプロは毎日とは言いませんが、月に20日前後行うわけで、当たらない日も有りますが、年間を通すとオーバー入賞を狙うことで相当な金額のお金を得ることが出来ます。





更に ひねりオーバー入賞攻略法とセットで行われる攻略法としては


保留3個止め攻略法が有る、保留が4個光って打つのをやめると、止めた時に飛んでいる玉は無駄玉になる、保留3個で打つのを止めると飛んでいる玉がスタートチャッカーに入る可能性があるので、3個で止めるが一番有効な攻略、良く回る台なら保留2個止めも有りだ、良くパチンコを打つ人がこれをやるかやらないかで、年間収支で数十万円変わってきます。





無駄球を打たずに、1個でも多く1回の当たりで出す。





これぞパチンコ攻略法。






オーバー入賞はやりやすい機種とそうでない機種があるので、やりやすいのを探してみてください。アタッカーが大きく玉が遊ぶ、入賞センサーが遠い台がオススメです。





うまく説明できていないかもしれませんが、駅前賭博場でパチンコという賭け事をよく行う人は、必ず実戦してくださいね。