はらっく傾奇者でござ候

管理釣り場メインではありますが、いろいろ書くので ”意にそぐわない方” は静かに御退室ねがいます。

3月までに米国金融緩和大幅縮小の可能性有り

金曜日に発表されたアメリカの雇用統計で大幅に雇用が改善され、サプライズ驚きの数字が出た。


毎月雇用は改善され続け、失業率も7%まで下がってきた。

アメリカはリーマンショック後に大規模な金融緩和を行ってきた、その成果がアメリカ経済を短期間に大きく改善し、今ではリーマンショック前よりも良い状況になっている、株価も史上最高値を更新中だ、リーマンショックのおかげで大きなジャンプアップができた結果となっている。




その間日本はどうだったのか?

大きな地震なども有ったのだが、一番の問題… 大問題は民主党という低脳反日左翼集団が日本で政権与党となってしまっていたことだ、マニフェストなる政権公約を声高に唱え、あたかも日本を我々の最高の政策で良くすると言い放ち、国民に大嘘をついて騙した。

この結果はあの地獄のような3年半を思い出してください、政権公約であるマニフェストは一切守らず、あげく消費税を上げた、本当に民主党は嘘つきの詐欺集団だ




リーマンショック後に世界中の政治家は、経済の立て直しに誠心誠意必至になって頭を使い、あの手この手の経済政策・金融政策を行い急激に経済の回復を行っていた。




しかし




日本の低脳政党民主党は、低脳がゆえに寝ぼけた夢はマニフェストに書けたが、一切実行する能力が無く、ましてや経済政策などという物を考えられる人物もおらず、プロ集団である官僚からも見捨てられ、完全に政府は機能停止状態。

だったらサッサと辞めろよ、日本人だろ?潔く(いさぎよく)解散しろ!とも誰もが思っていたが、腹を切ることもできない情けない腑抜け集団。






本当に民主党政権の3年半は日本にとって歴史上暗黒の3年半だった、後生語り継がれるだろう。








アメリカは、w



リーマンショック後に行ってきた経済政策による経済再生が、大成功したことが雇用の回復などで明らかになり、大規模に行ってきた金融緩和(ドルをじゃぶじゃぶ発行する、日本の黒田バズーカの3倍以上)をそろそろ縮小しようと言うことに間もなくなる、数ヶ月前に一旦なりかけたが延長されている。

大筋の予想では3月までには金融緩和の大幅縮小が行われ、アメリカの政策金利が上がると予想されている、そうなるとドル買い円売りが進行し、大幅な円安になることが予想され、円安株高になっていく。



また、黒田日銀総裁はインフレ率2%を達成するまでは、大幅な金融緩和を続けていくと発言しているので、為替はドル/円で110円を越える日がそう遠くはないと思われます。最終的には115円までは円安になると思っているので、株価は余裕で20000円を越えてくることでしょう。








仕込むなら今です、まだまだ日本株は安いですし、為替もまだまだ買い時です。

チャンスゾーンで大きく貼って、高いロッドとリールでも買いましょうよw




金曜日は雇用統計のおかげでドル/円と豪ドル/円で5万円頂きました、まだまだクロス円(円の各国通貨との取引)取引は上昇トレンド買いトレンド継続中です、下がったら買えばバカでもチョンでも誰でも儲かる相場です、やるなら今ですぜひご参加ください。

ただし調子に乗ると痛い目に必ず合うのでお気を付けください。