はらっく傾奇者でござ候

管理釣り場メインではありますが、いろいろ書くので ”意にそぐわない方” は静かに御退室ねがいます。

米国金融緩和の縮小を発表

今朝4時に発表されたFOMCでイエレン議長では無くバーナンキ議長が、イエレン議長は年明けからかなかな? 1月から債権の購入を1兆円減らすことを発表した。

この緩和縮小は縮小幅が小さくマーケットには安心感を与えることとなり、NYダウは一気に史上最高値を更新することとなり、為替もドル/円が103円をスルーして一気に104円に噴き上げた。



今後も段階的にアメリカの金融緩和の縮小が行われていくが、市場にダメージを与えない程度で縮小していく、すなわちアメリカ経済がリーマンショックから立ち直り、それ以上の経済にアメリカは強く立ち直ったという事になる。

3ヶ月前かな?アメリカの政府機関が閉鎖?なんて話もありましたが、先延ばしにしていたその案件も解決した。




これでアメリカにはなにも経済での大きな問題は無くなった。




今後長期金利がじわじわと上がっていきます、為替が円安ドル高になっていきます。



日本銀行は間もなく行われる消費増税後に、マーケットの落ち込み具合を様子見して、もしくは落ち込む前に金融緩和の追加緩和を必ず行います、絶対に行うと思っています、黒田バズーカの第2弾です、短期間で2%のインフレを目指すなら第1弾の緩和では全然足りません、ましてや消費税が増税されたら間違いなく消費が冷え込みます、なので絶対に金融緩和を行うので為替が再度大きく円安方向に傾きます。


その前に為替なり日本株なりを買っておくことを勧めます。




このシナリオの達成確率は90%は有ると思いますよ、俗に言う儲け話ってヤツです、金融アナリストはほぼ全員が強気です、この波に乗って日本に再び大相場を展開させましょう。