はらっく傾奇者でござ候

管理釣り場メインではありますが、いろいろ書くので ”意にそぐわない方” は静かに御退室ねがいます。

大誤報新聞社 朝日新聞

朝日、池上コラム不掲載でまた釈明 往生際の悪さ相変わらず…- 夕刊フジ(2014年9月6日17時12分)





 慰安婦報道の検証を批判したジャーナリスト、池上彰氏のコラムを朝日新聞が不掲載とした問題で、同紙は6日付朝刊に「読者の皆様におわびし、説明します」との記事を掲載した。だが、不掲載の判断を下した人物、責任者の処分は明らかにしておらず、往生際の悪さは相変わらず。朝日批判の輪は政府にまで広がっている。

 誤報を認めながらも謝罪はしなかった朝日新聞。その検証記事を批判した池上氏のコラムをめぐる一連の経緯について説明したのは、6日付朝刊の市川速水・東京本社報道局長の記事だ。

 市川局長によると、コラムは8月27日に受け取り、29日付朝刊に掲載する予定だった。しかし、朝日側は28日、池上氏に「このままの掲載は難しい」として、原稿内容の変更を要求。池上氏がこれを拒否したため、掲載を見送ったという。

 その理由については、検証記事を掲載した8月5日以降、「関係者への人権侵害や脅迫的な行為、営業妨害的な行為」が続いたため、「こうした動きの激化を懸念するあまり、池上さんの原稿にも過剰に反応」したと説明した。

 だが、「人権侵害」や「脅迫的な行為」について具体的な説明はなく、不掲載を判断した責任者も特定されないまま。9月4日付朝刊で掲載した経緯についても、外部からの批判を受けて判断したのか、自発的に行ったのか、明確にしなかった。

 不十分な釈明記事を掲載せざるを得なかった背景には朝日の焦りがうかがえるが、朝日批判の大合唱は止みそうにない。

 菅義偉官房長官は5日、慰安婦を「性奴隷」と認定した国連のクマラスワミ報告書について「朝日が取り消した記事の内容に影響を受けている」と指摘。安倍晋三首相も5日発売の夕刊フジで「(誤報で)多くの人が悲しみ、苦しみ、国際社会において日本の名誉が傷つけられている」と述べるなど、政府も誤報を問題視している。






マスゴミランキング(ゴミ新聞ランキング)第2位の朝日新聞の大誤報のせいで、我々日本人の先人達が世界中から名誉を傷つけられている、朝日新聞を読んで信じると嘘つきになる