はらっく傾奇者でござ候

管理釣り場メインではありますが、いろいろ書くので ”意にそぐわない方” は静かに御退室ねがいます。

天皇陛下パラオに慰霊へ

天皇皇后両陛下が大東亜戦争(俗に言う太平洋戦争)の激戦地パラオ共和国に慰霊に向かわれた、スケジュールは現地で海上保安庁の巡視艇に1泊と言う、なんとも無理の有る設備と強行日程だ80歳を過ぎたお体には響くだろう、今回は陛下の強いご希望が有ってのことらしい、直接は今上天皇陛下が大東亜戦争には関係はないが、戦後70年経ち天皇家としての後始末というかケジメを付けたかったのだと思う。





天皇陛下万歳






当時パラオ共和国は、国際連盟から委託され日本が委任統治をしていた、簡単に言ってしまえば植民地なのだが、日本は植民地から横暴な搾取を行ったりはせず、莫大な予算を取り道路や電気のインフラ整備を行い、学校を建てて教育レベルを向上させる、また病院などを建て平均寿命を倍近くまで上げて行き、文化や生活レベルを向上させ利益を得ようとしていた。

それが功を奏したのかどうかは分かりませんが、今でもパラオの人達は世界でも有数の親日国でいてくれるのだ、ありがたいことです、今後もパラオ共和国とは結ばれた絆を大事にしてお互いに国を発展させていければ良いと思います。






それに比べ朝鮮半島住民はなんであんななのか?パラオ共和国に投資した金額なんて比にならないほどの、国家予算並みの莫大な投資を朝鮮半島に投入し、朝鮮半島を近代国家の仲間入りをするまで発展させてきたのに、当時朝鮮半島は世界が認めた日本国の一部であり、日米戦争の時は一緒に鬼畜米英と戦った戦友でも有る、それなのにいざ日本が負けたら戦勝国ツラをして寝返った、そして今では世界を代表する筆頭反日国となっている、日本人だって当時世界有数の貧乏国だった朝鮮半島を併合なってしたくなかった、併合を反対していた伊藤博文を暗殺をしたり意味が分からない、実は併合してもらいたかったから伊藤博文を暗殺したんだろ、あの時ロシアの侵攻を許し朝鮮半島がロシアになっていたら今の朝鮮半島の発展は無かった、そうなっていたら日本も危なかったけどね^^; ゆえに朝鮮半島が日本は欲しかったわけで。




ま〜そんな70年も前の過去のことは今更どうでも良い?日本の踏ん張りでアジアから植民地が一掃されたのは事実、朝鮮半島の南側が大きな発展をしたのも日本からの巨額の投資が有ったからであり、そもそも朝鮮半島と日本は豊臣秀吉の時代遙か大昔にちょっと戦争をしただけであり、いがみ合う理由が見当たらない、日本とは仲良くしていて何も損をさせられることはない、それなのに反日無罪のような法治国家としては考えられないバカげた事を行っていたりする、ほんと朝鮮半島ってなんなんだろうね、呆れる。


よほど長年朝鮮半島を納めていた宗主国の中国に対しての方が、憎しみが有るはずなのに、反日教育ばかりして戦前の朝鮮半島の実態を国民に教えないようにしているから、今のような頭のおかしい反日しかできない国になってしまっている、ほんと哀れだ。



国の教育次第でこうも変わる。

韓国


パラオ