はらっく傾奇者でござ候

管理釣り場メインではありますが、いろいろ書くので ”意にそぐわない方” は静かに御退室ねがいます。

サミット記念撮影の並び順の決まり

池上彰さんの番組を見ていたらやってました、ためになるな〜池上彰^^ 日本の首相はサミットの記念撮影では右端か左端が定位置で、長年てっきり有色人種は差別されているのかと思ってましたがw いやいや世界では建前の人種差別撤廃をうたっていますが、まだまだ人種差別が横行しています、思うに人類滅亡の日まで人種差別はなくならないんだから、無理して差別を無くそうとしなくても良いと思いますけどね、そもそも差別は力で生まれたんだから力で差別を覆せば良いと思ってます。


池上さん曰く、記念撮影の順番は中央から「ホスト国」>「大統領」>「首相」の順となっており、同一の地位の場合は在任期間が長い順でより内側に並んでいるそうです、なので日本の首相はコロコロと入れ替わるので端っこが多いのだそうです、なるほどね〜。 左側>右側 内側>外側の順


2015ドイツサミット記念撮影
2015ドイツサミット記念撮影 posted by (C)はらっく DSC-HX9V



なので日本の首相は、アメリカ大統領・フランス大統領と肩を並べることは絶対に出来ません、大統領とは国家元首で有り行政の長です、首相とは役所のトップなだけで有って国家元首・行政の長では無いので格下扱いになっています。



日本の国家元首と言えば「天皇陛下」となります、首相や大臣は国・行政のトップである国家元首天皇陛下に任命され、首相となり大臣を務めている下臣なのです。

もし天皇陛下がサミットに出席をしたとるするとどうなるか? 天皇陛下は日本国の国家元首で有り皇帝(Emperor)でも在られるので、ホスト国のメルケル首相を中心に、格上(皇帝>大統領)で任期が長い出席者がホスト国の向かって左手に立つので、オバマ大統領が立っている位置になり、オバマ大統領はメルケル首相の右手に移動することになります。


しかし日本の国家元首で在られる天皇陛下は、大東亜戦争敗戦後にアメリカの作った日本国憲法により、その地位は象徴天皇とされ行政に関する直接的な行使は取り上げられてしまっている状態です… 民主主義を取り入れた立憲君主制の日本、古き良き伝統を尊重しながら時代にマッチした形と言えると今は思えています、君主が存在する国は少なくなってきています、世界に誇るべき今さらどの国も追い越せない2600年の歴史を持つ天皇陛下(家)、日本人が大事に守っていきましょう。

天皇陛下は日本の神社の親分でも在ります、日本神道の長。



おまけ、世界的権威の序列