はらっく傾奇者でござ候

管理釣り場メインではありますが、いろいろ書くので ”意にそぐわない方” は静かに御退室ねがいます。

ホタルの見られる管理釣り場、すそのFPに行ってきました

釣行日は2015年6月22日です。






え!もしかして今月これが1回目の管釣り?^^; もしかして俺… 飽きてきてる?^^; そうかもしれないw

本当は23日に行こうかと思っていましたが、22日の特別な仕事が無くなったので年休を入れ行ってきました、行き先はこのシーズン外せない「ホタルの見られる管理釣り場すそのFP」です、翌日も休みの方が下道の往復に8時間も掛かり、釣り時間は13時間もあるすそのFP、4時に出て帰りは25時それで翌日朝から仕事じゃ年寄りには辛いゲホゲホ



4時30分に家を出発したら30分遅刻しました、なのでやはり朝一でも片道4時間掛かると言うことになります、遠いけれど年に2回は行きたくなる「すそのFP」柿田川が伝説となってしまった聖地的釣り場だとすると、現役の管理釣り聖地は「すそのフィッシングパーク」では無いでしょうか?(※個人の勝手な思い込みですw)

宣伝になってしまいますが、そんな聖地管理釣り場に新たな伝説が間もなく誕生します、ブログによりますと2015年7月4日(土)5日(日)の二日間、なんと1時間に1回放流を行うそうです!! すそのFPのあの引きの強いトラウトをフォークリフトで毎時毎時で放流していく、シュミレートすると8時開店で21時に閉店するので、なんと!!そこの奥さんこの二日間は1日に12回(×2日間)放流すると言うことになります…







どんだけ放流すれば気が済むんですか!? 凄すぎるぜすそのフィッシングパーク!

強力イベント明けの月曜日のトラウトの密度はきっとハンパね〜と思います、月曜日も狙い目です。






なお、今日もそうでしたが1日券が4900円となっています、円安で餌代が高騰し業界でトップの価格帯となったすそのフィッシングパークですが、高額な釣り代を支払うに価値ある釣り場なので安心して遊びに行ってください、絶対に満足できる釣りが出来ると思います(平日ねw)



人気釣り場は平日でも朝一からそこそこお客さんが居ます

すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V








午前の部スタートです、30分出遅れましたが上池の受付そばに入ることが出来ました、人気の釣り場なので朝からそれなりに平日でも混んでいます、たまに風に煽られクロスキャストも有りましたが想定内です、魚影は相変わらずの高密度、サイズも他の釣り場だったらそこそこ大物と言えるサイズばかり、さすが聖地平均値が高い管釣り場のエリートですね^^

すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V

すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V







釣れ具合はと言うと、調子のいい人も居ますが自分はノア2.6gの白銀で1尾目をキャッチ成功、直ぐにバービーが付いていたロッドに持ち替えクランクの調子を見にいくと、直ぐにアタリが有りましたが1投目で合わせ切れ… オイオイ^^; まぁ一月前の鹿留以降まったくかたさず放置していたタックルだったので、リーダーに傷でも有ったのでしょう自業自得ですw

すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V







ポツポツは釣れますが連チャンに突入という感じでは全く有りません、小マスでは無いので当然です、この感じはいつも通りで10尾に達するにはまだまだ時間が掛かりそう、と言っても10時にもなれば放流が有るのでそれまではあれやこれや投入して楽しみます、まだ10本も釣れていませんが1尾とのやり取りがハードで楽しい^^ なんだかもうこの時点で満足しちゃっていますが何か?w




放流前の釣れない時間でも俺カラ元エースニョロは魚を良く誘ってくれます

すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V








すいません写真の時間を見たら放流は11時でした^^; フォークリフトで放流が入ります、放流直前の上池はいつも通りドラグ音も無く静かでしたw いざ放流が始まると直ぐにうるさい時間に突入です、まずは手前からノア2.6gオレ金で探っていくと直ぐにヒット、手前で5本ほど取り次に沖を攻め数本取り、カラーをグリーンメタ白やグリーンメタ黄色、時には黒などを使用し残った放流をしつこく攻めて取っていき、もう無理と思った所でやめるとちょうど正午だったので、中池に移動前に受付でカップ焼きそばを食べ、道中川池で小マスの入れ食いを楽しみ中池に移動しました。



名物フォークリフト放流

すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V


オレ金に反応が無くなったら色を変えたメタリック系で

すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V


川池は小マスの海の様w マイクロスプーンで入れ食い必至

すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V


すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V









中池のいつも入るワンドになっている竹藪前には先客さんが居たので、少し奥の竹藪前に入りました、ここも同じワンド内ですけどね^^; 見渡すとルアーのお客さんは7人フライが2人と言った程度です、やはり管釣りは平日が良いですね、移動直後にカウンターを見ると20尾ちょいだったと思います、放流では10尾ちょい釣ったようでした、たかだか10尾ですが短時間であのサイズとあのパワーの魚を10尾も釣ると、楽しい反面一月ぶりの釣りなので体と右手右腕が痛い、嬉しい悲鳴なんですがリハビリにしてはほんと刺激的です^^;


あの左側が好きなんですが入れませんでした、だからまずはここから

すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V



そこの右手はフライエリア

すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V


ちょっと見づらいですが、魚影はウルトラマックスだゼーット!

すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V








いつも通りで有れば午後の中池はクランクの表層で十分楽しめるはず、しかしこの日はどうにも当たりが散発的過ぎで、特にクラピー系の形状が全く駄目、ミディアムクラピーの沖の表層引きで過去何度も良い思いをしたことが有りましたが、ぜーんぜんダメどうしたんだろう?ワウも調子が出ない、となると登場するのはココニョロ、上池でも俺カラのエースカラーで数尾釣りましたが、中池ではエースカラーとピンクちゃんはいきなり使わず、普段使わないカラーで攻めてみることに、しかし普段使わないと言うことは実績が無いカラーと言うことでも有ります、俺カラの枝豆カラーがピンクちゃんの代用にならないかとたまに使いますが、この日も全く代用品にならず、そもそもこの枝豆カラーは3年前くらいに那須高原で一度だけ大当たりならぬ中当たりしただけで、それ以降ろくに釣れたことが無い、他のレギュラーカラーもあまり良い釣果をもたらしてくれたことは無い、釣れなければ粘って投げる気にもならないのでやはりエースかピンクちゃんになってしまう、まずエースを使ってみると1投目で早速ヒット!さすがエース^^

絶対エースの座は最近ピンクちゃんに奪われては居ますが、まだまだエースの座を狙える位置で虎視眈々とチャンスを狙っている感じです、その後も1尾2尾と魚を連れてきてくれていましたが… ちょっと油断をしているとまさかまさかのラインブレイク… そして絶対エースをロストと言うこととなってしまいました(;_;)

しばらく水面と睨めっこをして探しましたがどこにも浮いていない… エースの在庫とブランクの在庫が少なくなってきているのでかなり痛い。。。




しかたなく恐る恐るさらに在庫が少ないピンクちゃんを投入すると、ピンクちゃんも厳しい状況の中でもどうにか魚を連れてきてくれる、さすが現役エース頼りになります^^


それでもやはり魚の反応が弱く厳しいので、滅多に中池の竹藪前以外で釣りをしませんが、インレットの方に移動してみようと準備をして歩き始めると、川池の方からガコガコとフォークリフトが走ってくる、え?まさか? そうです平日なのに本日2度目の放流が行われました…



過去平日に2度の放流は経験無し

すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V









さすが現役の聖地管理釣り場太っ腹です^^






正に放流ポイントに移動しようとしていた所だったので、そのまま放流ポイントのインレットを狙える位置に釣り座を構えましたが、さらにイン側に移動してきた人が居たので、しばらくインレットを狙えなくなりました、が放流狩りには何も問題は有りませんでした、ノア2.6gのオレ金で良い感じに釣れてくれます、水の透明度が高いので明らかに放流魚な動きをしたアグレッシブなヤツがノアに激しいコンタクトするシーンがバッチリ見えます、数尾釣った所でせっかくだから色々と試してみようと思い、放流時の巻き方をいくつか試してみた。


午後の放流時釣り人は4人だけ、まさに狩りっ狩り状態です^^

すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V








まずはフリップ、巻きながらロッドをタップでは無く少し左に振る、フリップ時のルアーの動きはだいたい知っていて、フワッとスプーンが舞う感じになり魚を誘う、フワッと浮いた後に放流魚にスイッチが入っている所がよく見えました、次に高速巻きを試してみた、普段放流の時に少し早めに巻くことは良く有りますが、普段の早め巻きよりもさらに早く巻くので、超高速巻きと言っても過言では無いほどの巻き速度、ノア2.6gの泳ぎは回転しているように見える、ダメかな?と思いましたが、そんな回転しているノアにも放流は食いついてきます。

次に超高速巻き+ストップをやってみるとこれでも反応が有ります、ガーーーッと巻いてきて巻きを止めると、フワッとした直後に沈んでいく、直ぐに超高速巻きを再開すると少し巻き上げになりますが、その時に魚にスイッチが入ることが有りました。地の魚にもまれに効くことも有るかも知れませんが、放流魚にはこう言う派手なアクションが効くことが目で見て確認することが出来て良い経験になりました^^



しばらくスプーンで放流をあれやこれや手を尽くし釣りましたが、どうにも反応が途切れたのでココニョロのピンクちゃんを投入しました、するとこれがまた好反応で放流を散々攻めた水域から魚を連れてきてくれます、やるな〜ピンクちゃん^^ としばらく調子よく釣って油断をしていたら取り込み時にラインブレイク… エースそしてピンクちゃんをロストしてしまうと言う大惨事が起こってしまいました…






え〜ん(;_;)






エースにはまだ若干余裕が有りますが、ピンクちゃんの予備は一つのみ、水が綺麗でピンクなので見つかる可能性は相当高いと判断し、しばらく少しずつ移動をしながら水面を眺め続けましたが見つかりません… なんてこったい。



すそのFPではラインチェックをマメにやらないと… ドラグも緩めだったんだけど… ピンクちゃ〜ん!!!Comeba〜ck

すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V







しかたなく諦め、ノアの銀白をインレットに投げてみると1投目でヒット、ヨッシャ!と合わせると合わせ切れ… お前もか!(;_;)





ガックリしていると、竹藪前のいつもの場所が空いたので移動しました、ほんと今日は何個ルアーを無くしたんだ?バービー、ココニョロ2個、ノアはオレ金も無くしているので2個、都合5個も殉職させてしまっています、本当に本当にがっかりです。


相変わらずクラピー系の形状には反応が悪く… 2度試して今日は釣れていなかったワッツのピンクを三度投入してみた、やや岸沿いにキャストしてデジ巻いているとやっとアタリが有りネットインすることが出来た、見ると魚はブラウンです、さすがミノーは色物を良く連れてきてくれる、その後もう少し粘ってみるともう1尾釣れました、それもブラウンで、ワッツはワッツなりに十分役目を果たしてくれました^^


ミノーの動きもスレているのかな?? もう少しワッツで楽しめたらと贅沢を言ってみたり

すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V












何気なく足下の浅場に目を向けると…  『『あ!!!!!!』』!!


元エース発見!^^





すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V


引きだとこの辺り

すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V








まさかのエースが浮いています、この距離に浮いているならこのカラーでも見つけることが出来ました、ちょっと前まで他のお客さんが釣っていた場所でしたが、拾われずに隠れていてくれたようです、そもそもこの釣り座にまた戻ったことが奇跡でした、残るはピンクちゃんです、どちらかと言うとピンクちゃんの方が見つかって欲しいし、見つけやすそうでしたが… 結局ピンクちゃんは救出することが出来ずでした。

徐々に当たりが遠ざかりおもしろくない、時計を見ると5時を過ぎている、まだ日が沈み暗くなる気配は有りません、しかし中池はちょっと反応がなさ過ぎなので、少し早めですが下池に移動しました、調子が良ければナイターの大半は下池で行うつもりです。


日中撮った下池、写真左の奥側に釣り座を構えました

すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V


足の不自由な車いすの方でも安心して遊べる足場の良さと広さが有ります

すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V








下池ではまず川側の奥に釣り座を構えました、中池ではまだまだ夕まづめの高活性にはほど遠い感じでしたが、下池は水面がかなりザワついている中池とは大違いです、下池増設後直ぐに来た時はボトムの防水コーティングがよく見え、魚の濃さが丸見えでしたが、今はボトムも沈殿物で埋まり水の中が見づらくなっていましたが、それでも表層の激しいざわつき感で魚が豊富にストックされていることが感じられ、やる気が湧いてきました^^

もうスプーンで良いのかと思い、ノアの2.6g黒を入れてみましたが、魚影が濃いので魚にぶつかることは有りますが明確なバイトでは無い、このざわつき感でまだなのか〜 …


ちょっと伝わりづらい動画でした^^; ザワザワ









ならクランクでと、クラピーやらワウやらを入れてみましたが今ひとつ、周囲のお客さんは釣れているけれど爆釣とまでは至っていない、ちょっと違う動きを入れて一人爆りたいなとワッツを投入すると、直ぐに1尾釣れもう1尾出ましたがいまいち…




となるともう仕方ないですよね、得意のココニョロの登場ですが現役エースのピンクちゃんはあえて温存し、俺カラの元エースを投入するとここから始まってしまいました、いろいろクランクを入れてみましたが、ココニョロに変えた途端圧倒的に釣れ始めたのです、すそのFPの中でも特に下池はサイズが小さい魚が多く入っているので、大きめの尻振りアクションで1フックのココニョロはフッキング率が比較的悪く、特に小さい魚は不得意、がしかしバイトのみで合わせても乗らないことが多発しましたが、それでも高活性なのでしっかりと食ってくる小マスが多く、入れ食いと思えるほどの連チャンが始まっています^^

釣り座が川側の本当の最奥では無かったので、右側・正面・最奥方面と空いていたことも有ってワイドにキャストが可能でした、が一番良かったのは最奥方面へキャストをした時で、距離的には軽くサイドキャストで10メートルも投げずにリトリーブしてくる感じ、棚はロッドを立てた状態から真横に寝かしてココニョロが沈むレンジを探っています、着水後直ぐにヒットしたり、足下ギリギリでもヒットする状態、良くこう言う事が足柄でも起こりますがほぼ同じ状態でした。

まだまだ元エースの俺カラで釣れそうでしたが、やや反応が弱くなってきたのでピンクちゃんを投入、するとまた好反応となってきた、確かに釣れるには釣れるけれど掛けミスが頻発している感じ、このピンクちゃんは午前中に無くしたので箱から出したばかりの新品、新品はフックが小さく針先の向きは下向きにセッティングされている、自分はニョロのフックを下向きにセッティングするのは嫌いなので、フックサイズを大きくし針先を上向きにセットし直すと、先ほどまでは逃していそうな魚が掛かり始めた、勢いは衰えることは無く延々と釣れ続ける^^



ぶっちゃけここのアパートメントの住人はドラグ音五月蠅いだろうな〜とか思ったりしてw

すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V










19時頃になるとやっと本格的なナイターの暗さになってきた、ヘッドライトを装着し準備万端で暗闇に挑みます、こんな状況でもまだココニョロで釣れるんですが、自分のパターンではもうノア2.6g黒で爆釣して良い頃なので、ニョロをやめてノアに変更、変更直後は反応が無く焦りましたがしばらく粘って色々と試すと、最初は表層はあまり良くなく、ボトムまで落としてから巻き上げると当たりが出始めた、しばらく下で釣ってましたが表層で出てもおかしくないはずなので、表層を引いてみると表層でもガンガン出ます^^





時間にして19時30分前束釣りの達成です^^ ここで最近すっかりナマズにハマっていて、ナマズが釣れた〜ワッショーイ\(^_^)/と要らないメールを送ってくるTKYさんに、逆に要らない束釣り達成報告メールを送りつけて達成感を味わうww

中池から下池に移動してきた時点で40尾ちょっとの釣果でした、計算すると2時間半掛からずに60尾前後釣れたことになります^^ 1ヶ月ぶりの管釣りで完璧に体が出来ていない状況、そこにすそのFPのトルクフルな魚とのやりとりを40尾行った、これは他の釣り場ならその倍釣っている程の労力を体に掛けている、もうこれでほんと十分だったんですが、さらにそこから時速30尾ペースで爆って行くんですから右腕と右手の握力が悲鳴を上げている、しかし釣れるから猿のオナニーのように死ぬまで続ける猿な俺ウッキー^^



とりあえず下池に来た時に予定していた20時まで下池で釣って、ラスト1時間は上池で釣って終わる予定だったので、タイマーが鳴るまで下池で釣りカウンターを見ると118尾となっていました。

さっとタックルを片付けて車で上池に移動をし再び受け付けそばの釣り座に入り、ラスト40分間21時まで釣り再開、以前来た時は黒のノアで良い感じでしたが、この日はダメでしたね移動失敗と思えるほど当たらずでした、しかし他のお客さん2名しか居ませんが釣れている、一方はマメにライトを当てながら釣っていたのでグロー系のスプーンだったのでしょう、もう一方はキラッとヒカル放流系っぽいスプーンで釣っています、入れ食いという感じには見えませんでしたが、自分よりは釣っていたので残り時間が少なく今から当たりを探すのは厳しかったので真似をさせて頂きましたが、グローもダメ^^; 放流系カラーもダメ^^; だったので信じるルアーで粘って帰ろうと、ココニョロ俺カラ元エースで短い時間ながら少し探ると、デッドスローに引くと当たりが出てきました、さらに足下まで引いてくるようにすると、足下でもヒットしてくれて当たれば良いサイズのパワフルなヤツばかりなので、ナイターで寄せては沖にボトムに突っ走るを平均3回以上繰り返し、悲鳴を上げている右腕をさらに酷使し20時55分スマホから聞こえるアラームを聞いて本日の投了となりました。


この日の上池ナイター20時過ぎ、完璧な当たりは見つけられませんでした。

すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V

すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V







本日の釣果は125尾でした、すそのFPでの束釣りは初めてだったかな?下池ナイターでココニョロの大当たりも良かったですが、放流が午後にも行われたのが束釣りにとどいた要因かと思います。

一月ぶりの管理釣り場、飽き始めていたようにも思えますが、やっぱり管釣りは楽しい、ただ投げて巻いて釣っているだけですが、ジャグラー高設定を駅前賭博場で普段探していますが、結局管釣りで束釣り出来た時はジャグラー高設定で爆連している時とまたく同じ感覚なので、超絶疲れるけれど今の価値観だと本当におもしろい^^


また秋頃来ようかな〜、もしくは真夏にかき氷でも食べに来ようかなw




真夏か11月頃にまた遊びに来ます

すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V













ホタル編

昨年もナイター終了後に、すそのFP沿いに流れている川の少し上流に行きホタルを見てから帰宅しましたが、今年もホタルを見てきました、実は下池で釣っている時にも下池の川沿いに1匹だけでしたが元気に輝くホタルを見ることが出来ていました。

この上流の川沿いのホタルは昨年もあまり数は見られませんでしたが、今年も少ないですが4匹の光を確認することが出来ました、1匹は川の直ぐ横の森では無く、車を駐車している側の森から急に現れ、自分の頭上をボワーンと光りながら優雅に川側の森に飛んでいきました。

思わずダメ元でシャッター切ったら、意外と上手く撮れていて驚きました^^



え?なにあれホコリみたいな光は?^^;

すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V