はらっく傾奇者でござ候

管理釣り場メインではありますが、いろいろ書くので ”意にそぐわない方” は静かに御退室ねがいます。

都民共済加入へ

長いこと日本生命保険互助会社の保険に加入していましたが、9月に来る満期以降は同等の保険に書き換えるとアホみたいな金額になるので、たいていの人は保証内容を削って、たとえば死亡保障が4000万円だった所を2000万円にしたりして、保険金額が大幅アップにならないようにし再契約する物ですが…


現在18000円程度の掛け金なので間違い無く20000円を超えてくると思われます。

今まで一切生命保険なんて使ったことがない、健康だったんだから良かったじゃないと言えば結果論なのですが、思えば部員1号は結婚するまで保険なんて入っていないと言っていた、ほんとある程度の年齢になるまでは30歳を過ぎるまで、40歳になるまでは高額な生命保険なんて不要だ、計算してみると今まで400万円近く掛け捨てて、今後定年まで継続すると900万円前後を保険屋に支払うことになる。




もったいないな、若い打ちは安い生命保険、入院を重視した安めの生命保険に入っていれば十分です。





ならばいい年になった今、高額保険に入るべきなのでは?とも思いますが、残しても意味がない立場の自分には高額の保証は不必要。





と言うことで『都民共済』に入ることにしました、死亡と入院のバランス型の

総合保障2型+入院保障2型 掛け金は月に4000円



さらに特約として、新三大疾病2.4型特約に2400円、医療1型特約に1000円を掛けて、都合7400円で済まそうと思っています。




死亡時の一時金は病気や怪我での死に方次第ですが、410万円〜1000万円が保証されます、葬式代が出てくれれば十分です、葬式を出してくれるのは姉弟か甥っ子姪っ子だと思うので、生命保険は大した額は降りないけれど、俺の莫大な遺産は全部お前らにくれてやる、持って計算泥棒! 莫大って…www 爆笑ですねw



そうそう、さらにフルコースまで保証を得ようとすると、介護1型特約1000円が有るので、どんなに掛けても月に8400円以上は掛かりません。






なんてリーズナブルなんだ^^






ただしリーズナブルですが、きめの細かい契約者毎に見合ったプランは作れないので、とりあえず何か保険に入りたい、しかし高額な掛け金はちょっと… と言う人向きだと思います。

別な理由としては、貯金がそこそこ有り貯蓄でどうにかなるけれど、一応保険に入っておきたいと言う人にも向いていると思います。





都民共済営利団体では有りません、儲けようとしている大手内外資保険会社とは違います、ですから保険のおばちゃんやおねーさんは存在しません、いざ病気や怪我で入院したり、交通事故で不意に亡くなってしまったりした場合は、会社の団体保険ではないので、亡くなったことが都民共済に知らされません、いついかなる時も自己申請となるので、自ら病床から都民共済に連絡をしたり、遺族・家族が連絡をしなければ保険は下りません、受取人になるであろう方々に自分は都民共済に入っているから、何かあったら都民共済に連絡を取ってくれと、前もって言っておく必要が有ります。

事前に電話で確認済みですが、手続きの書類に受取人を記載する欄はありません、加入者が亡くなった場合は、親族が都民共済に連絡をして、都民共済側で誰に支払うかを調べるようです、まず奥さんや子どもであったり両親が受取人優先順位が高いようです、そう言う優先順位が高い人達に事前に何かあったら都民共済に連絡を取るよう伝えておいてください。








コレを読んでいる独身30代のあなた!大手生命保険に15000円以上支払ってますよね? 無駄ですよ、節目の年齢や結婚などするまでは都民共済で十分ですよ、結婚してからでも都民共済で十分な気もしますけどね。











次回予告  日本生命解約編近日公開w