はらっく傾奇者でござ候

管理釣り場メインではありますが、いろいろ書くので ”意にそぐわない方” は静かに御退室ねがいます。

2017-2018 中津カップ最終戦(第四戦)に初参戦!^^

釣行日は2018年(平成30年)5月28日(日)です。

Fishing No.2018-039



先月悪天候のため延期となっていた ”中津カップ最終戦” に初参加して参りました^^ 20分×10試合の言わば ”耐久戦” 選手全員が均等に200分間釣り、勝率と匹数で競い合って順位を決める大会です、もちろん何処の釣り場にも ”地元プロ” が居るもので、上位に居る ”中津プロ達” に少しでも食い込めるよう頑張って来ました^^ まぁ、そう言った気持ちだけでしたけど(´Д`)
仕切り直し、初参加の中津カップ練習に^^
仕切り直し、初参加の中津カップ練習に^^ posted by (C)はらっく DSC-HX9V


到着は5時45分頃、受付は5時30分から始まっています、駐車場には既に多くの選手がタックルの準備に大あらわ、そんな駐車場に超有力な ”中津プロ” の群れを発見したので、早速ごあいさつさせていただきました^^ ディスプラウトなK山さんには ”ブログの餌食なる!^^” と言われましたが… もちろん餌食になってもらいましたw
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V

中津カップ初心者のはらっくさん、ここは素直に ”中津プロ” に教えを乞う事にしましたw 早速、現トラキン・トップマイスターであり、今期中津カップを三戦三勝でチャンピオンを決めている、自他共に認める ”中津っ子” コウキ君に釣り方を聞きました… なるほどなるほど^^ コウキ君のロッドスタンドには、二年連続マイスターの証明書(パスポート)がぶら下げられていました、文言を見ると 『エリアマイスターであるこのパスポートの所持者を障害無く入場させ、同人が任務をまっとうできるよう関係エリアの方々に要請する』 と書いてあります、このパスポートは協賛エリアさんで無料で釣りが出来るパスポートなのですが、期限が11月までだとか… 11月って^^; せめてもう3ヶ月延ばしてあげてくださいw
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V


お次は、アールグラットスーパーサイヤ人N村君、昨年の中津カップチャンピオンです^^ もちろん ”中津プロ” なので、あれこれ問題を出題されながら中津川のスプーンの釣り方を教わりました、なるほどなるほど… 今日は無理だけどw 今後試してみようと思います^^
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V





駐車場でお知り合いとおしゃべりをしていると、運営の方から対戦組合せ表(右)が配られました、10試合分が一枚になったスコアー表(左)は受付で料金を支払った時点で配られています、はらっくさんは確かエントリーNo.41番だったので、まず対戦組合せ表の41と書かれている10個(10戦)全てに丸を付け(縦軸が釣り座・横軸がラウンド)スコアー表の各ラウンドの ”釣り座” の所に釣り座番号を記載します、こうしておくことで20分の試合が終わった後に、速やかに次の釣り座へと移動が出来るよう工夫されています、この作業は一人でスコアー表に釣り座番号を記載していくよりも、誰かに釣り座番号を読み上げてもらうと、誤記入も起きにくく素早く記載できるので、はらっくさんはY川君に読み上げてもらいました^^
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V


中津カップ開催日は、午前中大会で貸し切りになります、釣り座は川側のみでの競技となり、全選手川側釣り座に移動し開会式が始まりました
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V

IVYLINEなN山さんは、そこに居ますが放流など運営を手伝いながらの超有力選手です^^
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V




開会式が終わり早速第一試合の開始です!^^ 最近ではすっかり大会参加慣れし、まったく大会参加に緊張しなくなったはらっくさんですがw 珍しくこの日は少し緊張しました… ”一つも勝てなかったらどうしよう?” ってw 中津カップは審判がおらず、対戦相手が互いに審判をし合い、自分でスコアー表に ”正の字” を記載していくシステムとなっているので、試合中に写真を撮る余裕も無いし撮ってもらう事も出来ない、試合前にお願いをして撮らせていただいた対戦相手のお写真と内容をザックリと記載していきます。



第一試合はこの方と放流戦です、中津川の放流はいつ来てもあまり釣れないイメージで、釣り座が横方向に長いのでどこかに放流魚が溜まっているはず ”俺の前にいっぱい溜まっていろ!” と念を送っておきましたがw 釣り座は中央付近で残念ながら念は通じず^^; ドナ2で3尾程度しか取れず ”2-4” くらいで劣勢^^; 魚の反応を見ているとスプーンに簡単に食う気配が無かったので、プラの際放流の直後に驚くほど良かった、黒ボールを投入するも本番ではダメ〜 もう一つ激嵌まったパニクラDRのボトムノック、これもプラの際にかなり釣れましたが、プラは釣り座がもっと上流側で藻がもう少し少ないエリア、この時季の中津川は下流へ行けば行くほど流れが弱くなりボトムの藻がワッサワッサと生い茂っている、中央の噴水近辺もまぁまぁな量の藻の絨緞が敷き詰められており、激しくゴリゴリとボトムノックしてしまうと、パニクラがただの耕耘機となってしまい藻ダルマ化し釣りにならない^^; 引く速度を落とし、ボトムギリギリを泳がせ、藻が溜まったら止めて藻を切りながらどうにか1尾釣るのが精一杯で、そのままタイムアップとなり、第一試合は ”4-6” で負けてしまいました(>_<) 通算0勝1敗 
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V



第二試合はこの方とです、まだ居るであろう放流残をソフィア12の白黒で1尾釣り、その後はプラで調子が良く、気持ち的には200分ずっとシャクリまくろうと思っていたベビーバイブを、藻の絨緞に投入してみました… しかし思った通り藻の絨緞にベビーバイブが飲み込まれていく^^; それでも藻の絨緞に沈まないようハイピッチなシャクリでどうにか1尾釣り上げましたが、藻が多いエリアでこれは無いなと見切り、ニョロニョロで追加し、第二試合は ”4-1” で中津カップ初勝利を挙げることが出来ました、うれしい^^ 通算1勝1敗
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V

お隣には、お久しぶりなK舘さんや、Y川君、K山さんも^^
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V



第三試合はこの方とです、それにしても渋くスプーンはおろかクランクを巻いていてはなかなか釣れません、プラでその辺は分かっていてボトムにおんぶに抱っこで頼り切ろうと思っていましたが、とにかく中流下流のボトムは藻だらけ^^; ベビーバイブで嵌めたいけれどなかなかその範囲内でベビーバイブで釣るのは難しい、そんな難しい中対戦相手の方がクランクで1尾釣り先制、その後はなかなかお互い釣れず、相手の方がボトムをシャクリだすと、1尾… また1尾… そしてもう1尾と釣り上げていく、見るとIVYLINEのハビィ? らしいルアーが付いている、この藻の中でも軽量なメタルバイブなら行けちゃうのか!? 黒ボールで真似るも何も起こせず、どうにか一発嵌めないと4尾差を埋めることは出来ない、ならばと事前にトラ末さんに教わっていた ”ザッガーB1” を投入、ボサボサと生い茂る藻の海でザッガーB1を使用すると、お尻が藻の上に出てくる、これなら釣りになるな^^ あとは食わせ方ですがチョンチョンと細かく早く煽るよりも、置いておく時間が長い方が良いことに気がつき、どうにか2尾ほど食わせましたが、2尾ともバラしてしまいそのままタイムアップ… 20分という短時間で聞いたばかりの釣りを嵌めるのは難しい^^; 第三試合は ”0-4” とデコって完封負けをしてしまいました(>_<) 通算1勝2敗 アフターの際にザッガーB1の秘策をトラ末さんに聞いたので、いずれこう言ったシチュエーションが有った場合に実行してみようと思います^^
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V


直ぐ近くでDLIVEなジュン君と ”庶民エリア界のワンダーボーイ” すーさんが対戦することに、試合前にDLIVEのハンドル ”AIR Stir” ユーザーだったすーさんと記念撮影^^
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V


そしてこの二人の試合結果ですが… なんと!すーさんがジュン君に勝利!^^ 先に結果を書いちゃいますがw この日優勝したのはジュン君で成績は ”8勝1敗1分” ジュン君に唯一土を付けたのがすーさんでした\(^o^)/ 試合中にジュン君の嘆き声が ”わぁ〜また釣ってる〜(>_<)” と釣り座に響き渡り、見るとすーさんのロッドには ”あいつ” がくっつているw 試合前のツーショットを撮り終えた際に ”コードネームB・U・T・A(ビー・ユー・ティー・エー)” を投入してくださいよ! と言っておきましたがw ”そんなの出せませんよ〜” と すーさんは完全否定… そして、いざ本番では本当に釣るのに困ったのか?w ”あのピンクなやつを” 投入しジュン君をまさかの撃破です^^ この ”コードネームB・U・T・A” 作戦、実はプラの際に既にすーさんが投入し、難しい状況で周りが釣れない中 ”6投6バイト3フィッシュ” と言う好成績を挙げていましたw 一緒にプラをして初めてそれを見た人達は目を丸くしていました、はらっくさんは二年前の12月にMAVで既にすーさんからそれを魅せられ一匹いただき飼わせてもらっているのでw そのブヒブヒが釣れる事を知っていましたが、最近はすっかりその存在を忘れ、餌もあげず出番が無く飼い殺し状態… 久しぶりに ”あやつ” の大活躍を、まさかエリアの大会中に見ることになろうとは… なんだかまた使いたくなってきました!^^

そのピンク色の ”あいつ” とは…















釣れない豚はただの豚だ!w そう… ”釣れないの豚” こと、シマノの ”そことろ30S” 色はストロベリーオーレです^^ どう見てもピンク色のブタにしか見えないこのブタw 置物には良さそうですが、まさかこのピンク色の可愛いやつでジュン君を倒してしまうとは…w ジュン君もきっとビックリしたことでしょう^^ ブログでまたこの ”釣れないの豚” の紹介が出来るとは思っていなかったので、なんだか嬉しいです^^ 今でもまだこのブタ売っているんですかね? あまり見かけませんが、廃盤では無いようなので気になる方は探してみてください^^ 釣り方のコツは、ボトムに沈めたら ”尻の穴がムズムズとむず痒くなるほどゆっくりと巻く(ボトムのズル引き)” と好釣果を得ることが出来ます^^ 
そことろ30S 釣れないの豚
そことろ30S 釣れないの豚 posted by (C)はらっく DSC-HX9V




第四試合はこの方とです、聞くと以前キングで戦ったことが有るそう^^ 藻が薄めの釣り座だったので、ベビーバイブで結構掛けはしましたが、ことごとくバラす展開が続き ”2-2” で引き分けかな? と思っていたら、終了間際に1尾釣られてしまい ”2-3” で負けとなりました(>_<) 渋い状況で2尾も3尾もバラしていたら勝てませんよね、まぁ負け惜しみってやつです(´д`) 通算1勝3敗
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V



第五試合はこの方とです、この方とは最終戦が延期になる前のプラに来た時に、DLIVEの原さんと一緒におられ少し一緒に釣りをした仲、その際ココニョロでいっぱい釣っていて、この日も自塗りのココニョロを多用されていました、はらっくさんもこの日はニョロを多用するつもりではいましたが、釣れはするけれどいまいちパッとしないこの日のニョロニョロ系(´д`) 少しニョロってみるも追尾は有るけれどなかなか口を使ってくれない、どうするかな〜? と困っていると、左隣で好釣にアタリを出している方が居た、これまでほとんど話したことは有りませんが、先日なら山沼で行われたエビスカップで優勝したH野さんです、見るとボトムの釣りで使用ルアーは ”ダートマジック” この時の釣り座はアウト側でボトムの藻は深く、半ばボトムの釣りを諦めていましたが、お隣でダーマジでボコボコ当たりを出されている、中津川でのダーマジの釣り方はトラ末さんの釣りを見て十分理解しています、藻が気になるけどやってみるか! と、早速ダーマジを藻の海の様なボトムまで沈めてハイピッチのシャクリを開始しました、ハイピッチなシャクリはトラ末さんの真似ですがw このハイピッチのシャクリには意味が有る事はそこそこ練習をしそこそこ理解しています、おそらくスローなシャクリでもダーマジは釣れます、釣れはしますがそれはスローなピッチで釣れる魚を釣っているだけで、有る意味 ”簡単な魚達” なんです、ハイピッチなシャクリで釣る場合は、スローなピッチではスイッチの入らない魚にスイッチを入れるためで、中津川のように水がクリアーで水深が比較的浅い釣り場でボトムをしゃくっていると、ボトムで激しく踊るダーマジにスイッチが入り、狂ったようにじゃれる魚を見ることが出来ます、小さくシャクっていても狂う魚が現れない時、ハイピッチでの大きめのシャクリにすると、今まで大人しかった魚達が数尾スイッチが入り狂い始めます… と言う事と、この日はもう一つ理由が有りました、それは ”藻” です、やはりダーマジが釣れるとは言え藻の中に沈めきっていては、藻も絡むしバイトは減るはずなので、極力藻の中に沈めないためにもハイピッチなシャクリが必要になってきます、元々難しいこの日の中津川、ボトムステイ時間が長くないと食わないようで有れば、ウエイトの有るダーマジでは釣る事は難しいですが、どうやらボトムステイ時間が長くなくてもダーマジなら食わせることが可能なよう、となればハイピッチなシャクリで、下手をしたら藻の中に沈むことが無い藻の上を左右にダートさせながら動かし、ダーマジがフォールし藻に沈む前の、次のダートに移る一瞬で食わせる感じで操作すれば良いのかな? とハイピッチなシャクリで粘っていると、1尾… 2尾… と釣れて行き、終わってみれば5尾釣る事ができ勝利できました^^ 通算2勝3敗
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V


この時だったかな? 違うかもしれませんが^^; 近くにDLIVEな原さんとIVYLINEなこずさんとユカさんが居て、はらっくさんが近付いていくとこずさんが ”ホストクラブ・両手に原” だ” とおもしろいことを言い始めたのでwww ユカさんを挟んで ”両手に原” な写真を撮ってみましたw
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V
Photo By KOZU




第五試合が終わり放流が入りました。 第六試合はこの方と… まさかのIVYLINEなこずさんとです^^; 以前王禅寺で一度対戦しましたが負けています、今回で二回目ですが勝てる気がしないなぁ^^; で試合の方は放流ラウンドで、結果 ”5-10” と完敗… ボコられました(´д`) 上流側二番目の釣り座で、最上流にDLIVEな原さんも居ましたが、最上流の二人よりもこずさんのスコアーが良い^^; スプーン推しのこずさんに先攻され、スプーンで当たりが出せないので、再度プラで良かったパニクラDRのボトムノックと黒ボールで攻めるも、一切嵌まること無くパニクラDRで1尾だか2尾釣れただけで、スプーン推しのこずさんにジワジワと釣られての大敗… あとでこずさんから、中津川の放流は上流と下流で釣れ方が違い、上流での釣り方を最近やっと掴んできていて、この日それを試してみたら上手く嵌まったそう… そんな相手に勝てるかぁ〜!!w 三度は負けられない… 次こそ、次こそは殺ってやる!w 通算2勝4敗
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V

一応こずさんとは昨年初エキスパートを決めた ”エキスパート同期” なのでw 試合前に記念撮影もw
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V
Photo By DLIVE-HARA

負けて落ち込むはらっくさんw
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V
Photo By KOZU



第六試合はこの方K舘さんとです… あ!名前を書いちゃった^^; モザイクを入れた意味が無いじゃありませんか… まいっかK舘さんだしw 先日中津川で行われた ”5150の大会” で表彰台に上がっているK舘さん強敵です… が、駐車場でその時の釣り方は教わっていますw いざとなったらその釣り方をそのまんまぶつけていこうと思っていましたが、放流残狙いのソフィア12の白黒で先制^^ 直ぐにハビィで追いつかれ ”1-1” に、やはり強いのはボトムの釣りなんだよな〜、釣り座は噴水右の上流エリアだったので、ボトムの藻の量は差ほど多くはない、ここであればベビーバイブが効くだろうとベビバを投入、どうにか1尾釣れ ”2-1” とリードするもK舘さんも釣り ”2-2” の同点、ボトムを釣りやすい藻が少なめの上流エリアですが、なんだかボトムの反応が悪くもう一尾が互いに釣る事ができない^^; 残り時間が5分を切りこのまま同点かな? なんて思いながら、残り時間が3分を切った頃ココニョロを試しに投げてみると一投目でヒット! しかし直ぐにフックアウト惜しい… かなり沖目でフックが外れたので、そのまま巻き続けていると再度ヒットしネットインに成功!^^ ”3-2” と一尾リードしましたが、それを見たK舘さん直ぐになぶクラかな? ニョロ系に変更し諦めない ”K舘さん釣らなくて良いんですよ!” と声によるプレッシャーを与えましたが、掛かりはしませんがやたらとアタリが出ている^^; ”やばいな〜” と思っていると… ”ヒット!” し魚を寄せてくる、あ〜ダメだ時間も少ないし勝ちが遠ざかる〜、魚頑張れ! と思って見ていると、ネットイン寸前にポロリンチョ…^^ そのまま時間切れ、かなりヒヤヒヤしましたが良い所でルアーローテができ ”3-2” で勝つことが出来ました^^ 通算3勝4敗 
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V



第七試合はこの方とです、釣り座は最アウトの二番目、中津川のアウト側は嫌いなのであまり入らない釣り座、ボトムの藻もフッサフサしていますw 見ると魚影は濃く、数試合前この辺でボトムを結構釣っている人が居たので真似をしてみましたが、直ぐに反応が無くボトムを諦めてココニョロに変更、しばらくニョロっていると沖の魚よりも、足下に近い所に溜まっている魚の反応が良いことに気がつき、ニョロを大遠投せず半分くらい投げて、足下の岸ギリギリまで巻ききるように巻いていると、ほんと岸から近い所でヒット! 魚も小さく掛かりが浅そうで心配でしたが、クラッチフック6番がグッサリと刺さっていてくれて無事ネットイン^^ 元々反応が悪いですがより悪くなったので、カラーローテを行いしつこく引いているともう1尾どうにか釣れ2尾目、少しその魚を休ませようと再度ボトムをしゃくると1尾釣れ3尾目、再びニョロをやってみましたが釣れず、残り時間が僅かな所でデカミッツで沖の表層を狙うと、着水後直ぐに水しぶきが上がり ”乗ってるかな?” と不安でしたがロッドで合わせながら巻いてみると、しっかりとした魚の重みを感じ、バレないようにソフトに寄せて4尾目を釣り上げタイムアップとなり勝利することができました^^ 通算4勝4敗
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V

端の釣り座だったので、一投目は捨てて雰囲気物を一枚^^
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V



第八試合はこの方とです、4勝4敗のイーブンまでどうにか持ち直してきたのに、あと一勝で目標の5勝って時に… なんで中津プロに当たっちゃうんだろうな〜(>_<) ここまでDLIVEな原さんもあまり調子が良くなかったようですが、どうやらはらっくさんと当たる一つ前の試合で、この日の当たりルアーを見つけてしまっていたようで、開始早々短時間でいきなり3尾も釣り上げ ”この色がこんなに釣れるなんて思わなかったよ” と一言、この難しい状況でいきなり ”0-3” って思い切り出鼻を挫かれ、この試合での5勝目をほぼ諦めていました(>_<) その後も原さんがバシバシ掛けるも、運良くネットインはしないでくれているw 使用しているルアーを聞いてみたら ”ミニシケ” だと教えてくれたw シンキングかどうかも聞いてみると ”シンキングだよ” と教えてくれるw 色はかなり黒っぽい茶色っぽい透けたカラーで、聞くと ”原オリ?” なる俗に言う原さん自塗りで有名な ”原カラー” の一種だ、そんなの持っているわけ無いよ〜(>_<) 俺も原だけどねw まぁダメ元で試しにミニシケSのスプリンクルを使って、デッドスローに中層を巻いていると、沖目と足下で2尾釣れてくれ ”2-4” となった、左隣にトップマイスターなコウキ君が居て、コウキ君もなかなかこの日の状況にアジャスト出来ずに苦しんでいた、そんなコウキ君も漏れ聞こえてくるミニシケS情報を頼りに ”ミニシケS・ロッソ” を使ってみると、2尾?3尾?くらい釣っている^^ スプリンクルよりもピーカンな状況ではロッソがやはり強い、ロッソを持っていないのでカフェコークやスコーカーを試しに投げてみましたが当たりすら発生しない(>_<) 夏の釣りで困ったらやはりニョロを投げたい、デッドスローに巻いて手前に居る群れの中でどうにか1尾掛かり3尾目を釣りましたが、原さんが駄目押しとなる5尾目を釣り上げ万事休す(´д`) 結果 ”3-5” で負けました(>_<) 通算4勝5敗
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V
Photo By KOUKI

ダブル原^^
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V
Photo By KOZU



第10試合はこの人とです、泣いても笑っても最後の試合、あと一つ勝てれば5勝5敗のイーブンで、目標にしていた ”5勝” を達成できる、あと一勝、あと一勝すれば… そんな状況の中で目の前に現れた対戦相手は… (゜◇゜)ガーン なこの人…
























ジャイアン氏です(>_<)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V

あと一勝で目標達成と言う最終戦で当たる相手としては、最もNGな相手(´Д`) 6試合目の前に入る放流休憩時にジャイアン氏と少し話すと、この日はスプーン3枚だけで戦っているそう、放流スプーンとトリガー1gともう一枚だけ… スプーン以外で嵌められれば勝てるはずだ! とボトムやクランクで頑張りましたが、1尾また1尾と引き離されていく… このままじゃデコりそうな流れだったので、直ぐ近くで連発で当たりを出し釣っている、ディスプラウトなK山さんの真似をすることに、何を使っているかは知っていますw この日K山さんの真似をするつもりで購入しておいた ”ピコイーゴー” 色はK山さん考案の新色 ”ベリーブルーチョコ” です、見ているとこの時は沖目の表層を巻いていた、K山さんのピコイーゴーの使い方は試合終了後に直接聞いてw 確認しましたが、デカミッツのようなトップウォーター的な使い方、そしてこの時嵌まっていたロッドを立てての表層巻きです、K山さんはテレメトリーエステルを使用していますが、はらっくさんはPEタックルで使用していたので少し風が吹き始めて来ていて、ロッドを立てて沖目の表層を狙うのは少し難しかったですが、どうにか2尾を釣り上げ少し差を縮めることに成功^^ しかしその後は釣れず、ジャイアン氏はさらに釣果を延ばしタイムアップ(>_<) ”2-6” くらいで負けました 通算4勝6敗です

スコアー表はこんな感じになりました
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V




2017-2018 中津カップ終戦の表彰台はこの方々、おめでとうございます^^ 優勝はDLIVEなジュン君で8勝1敗1分、準優勝はIVYLINEなN山さんで7勝…? 、準々優勝は元ハンクルなS賀さんで7勝…? でした
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V

表彰式後はじゃんけん大会が行われ、この日の大会が終了となりました
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V




初めて参加した中津カップ、4勝6敗と言う良くも無く… 凄く悪くも無い中途半端な成績… あと一つ勝ちたかった^^; 全選手200分釣りをする長丁場で非常に疲れはしますが、一般的な大会と違い、たとえ一つ負けたとしてもそこで終わりでは無く、次から次へと試合が行われていくので ”次はあの釣り方で” ”あれがダメならこれで” と頭をフル回転させ微調整をしながら、上位入賞は無いとしても… 上位入賞が無いからメンタル的に落ち込みもしますが^^; 後半の試合に進むにつれ勝ち星を増やせていけるのか? 己のアジャスト力を試せる大会なんだと思います、そう考えるとこの日のはらっくさんは前半2勝、後半2勝でアジャスト力は横ばいって感じでしたw 勝ち上がっていくトーナメント形式では無い中津カップ、人によっては好き嫌いがありそうですが、今回初めて出てみてのはらっくさんの感触は ”好きです” もちろん生き残り戦のトーナメント形式も好きなので… なんでも良いんだとは思いますがw 来期また出られたら出たいと思っています^^ ただ問題は、今回やっと出ることが出来たのも、エントリー開始日に仕事が休みで現地エントリーができ、なおかつ大会当日も休みだったからで、とにかく中津カップは大人気で現地でのエントリーができない場合は電話エントリーとなり、電話エントリーでは電話がなかなか繋がらず、繋がったとしても瞬殺で枠が埋まっていてキャンセル待ちとなる、そのキャンセル待ちも何人もが大会に出られるようにはならないので、確実にエントリーするためにはエントリー日を希望休で仕事を休まないといけない… なかなか難しいな〜、たまたまエントリー日と大会当日が休みだったら、また出ようかな^^






午後はみんなでアフター^^ 最上流には高活性魚が多く溜まりボコボコだったようです
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V

M橋さんは、この時期あまり多く入っていない大物をゲット^^
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V

お若い人達は土管の上で^^
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V

すーさんが嵌めた ”釣れないの豚” をアフターで検証、アフターも中流下流域は相変わらず難しく、知り合いで並んで釣っていましたが誰ひとり嵌まるような釣りは出来て居ない^^; そんな中 ”コードネームB・U・T・A” がまぁまぁ良い感じに釣れます、ほんと久しぶりに使いましたが ”そことろ” 釣れちゃいますね^^
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V

そんな ”豚” で釣れるのは絶対におかしい色でしょ色! とIVYLINEのボトムビートのピンク色でキーチさんが隣に来て、これでも釣れるはずだ! と検証しましたが、ピンクのボトムビートでも釣れるには釣れましたが、断然 ”釣れないの豚” の方が良く釣れていましたw はらっくさんが1尾また1尾と豚で釣るたびにキーチさんに ”欲しくなっちゃうでしょ?” と何度も問いかけましたが ”欲しくはなりません!” とキッパリ否定^^; 購買欲を湧かすことはできませんでした… やはり ”釣れないの豚” は人前で堂々と使うのが恥ずかしい感じのビジュアルだからでしょうか? 可愛くて釣れるのにね、素直になってくださいよw 
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V



時間が進み17時を過ぎナイターの時間に突入、17時以降は別料金ですが誰も帰ろうとはしない^^; この日も結局13時間労働にw この日もあまり良くないナイタータイム、良い時であればはらっくさんはニョロで延々と釣り続けるんですが、数日前にプラで来た時以上にニョロで釣れない^^; ボコボコ釣れないと残業をした意味が無いのですが、何か良い釣りが他に有るはずだろうとボトムをベビーバイブで釣ってみると、ニョロに比べればかなり良い状況で3連荘くらいはしてくれる^^ 隣で釣っていたSHさんが ”そんなに釣れるんですか?” と、一つ持っていた慣れないベビーバイブを使ってみると、おもしろいように釣れ始めた^^ エリア歴3年目のSHさん、プールがメインな人なのでベビーバイブを使うことは今までそう無かったそう、はらっくさんもプールでベビーバイブを使うようなシチュエーションは思いつかないw ぜひこれを機に夏場プールトラウトがお休みのうちに、ボトムが釣りやすいエリアに行って、ベビーバイブやメタルバイブの釣りを楽しんじゃってくださいね^^ 18時半を過ぎた頃からデカミッツタイムになり、キーチさんやNDなM木さんは表層を釣ってウハウハしている^^ はらっくさんは相変わらずベビバでウハウハしていましたが、この時間になって2個のDSベビーバイブをロスト… 2個は勘弁していただきたい高いのに(>_<) PEタックルが二本死んだためフロロタックルでニョロってみると、ニョロも好釣になっていて噴水が止まるまでニョロで釣り続け、この日の投了となりました^^
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦)
2017〜2018 中津カップ第4戦(最終戦) posted by (C)はらっく DSC-HX9V




長い濃い一日が終了しました、聞くと ”足柄CA” に行ったことが無い人が多く居たので、今度ぜひみんなで行きたいですねと話し帰路に付きました。 足柄でオールな ”15時間釣行” ”ボコボコで人間がダメになるナイター” 久しぶりに行きたいですね〜^^