はらっく傾奇者でござ候

管理釣り場メインではありますが、いろいろ書くので ”意にそぐわない方” は静かに御退室ねがいます。

第20回トラキン・トライアル第4戦 東山湖 まさかっ!のまが起きた\(^O^)/

釣行日は2021年(令和三年)4月4日(日)です。

Fishing No.2021-011

※現在、当ブログを閲覧する際、Google ChromeMicrosoft Edgeだと写真のサムネイルが表示出来ない?ので、他のブラウザーをご使用ください。スマホならスマホ標準ブラウザー や スマホ・パソコンなら Firefoxで閲覧ください。

写真協力:37さん、OKBさん、M★君



ペア戦翌日は、トラキントライアル個人戦です!^^ EXPマイレージ昇格に大事なペア戦で大コケしマイレージを5点しか貯められず ”16位” と 2ランクの後退^^; おかぴーに捲られた(>_<)ナンダカグヤジイ

この時点では一切計算してませんでしたが、EXPマイレージボーダー5位とのポイント差は ”34点(実はワンチャン有る点差だった)” 前日が酷すぎたのでEXPマイレージ昇格の事など一切考える事を諦め、いつも通り最難関の ”2回戦の1/4” を勝ち組でも負け組でも構わないので初めて勝ち上がってみたい、と言う目標を掲げ頑張ってみました^^
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V





一回戦の釣り座は、プラで一切想定していなかった対岸^^; それも切れ目からは少し離れた普段エンジョイでも入ろうとは思わない釣り座^^; 前日その釣り座付近で釣った人に聞いても ”朝一は特に釣れないよ” との事で(´д`) 少し時間が経ち魚が動き浮き始めてから ”無ふ~” なw 革パンさんがプチモカSSで表層を釣って嵌めたと聞いていた、運悪くA前半組を引いてしまい時合い的にも ”無ふ~パティーン(表層)” は無さそう^^; ここは覚悟を決めて前日に決めていたモヒカンさんパティーンのドナ2で心中を決意、少しでもFフロンタルに似たカラーを探しましたが ”白/金っぽい” ドナ2を持って来ておらず^^; 辛うじて ”キック・オン・ザ・フェスタ” に白が混じっていたのでそれを選択した。
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V



対戦相手は、前夜食事を一緒に取り3匹しか釣れないよ~って愚痴を繰り返し聞かせw 一つ屋根の下で一緒に夜露を凌いだ山Pとですw 晩飯中に誰かしら当たるんじゃない? なんて話しをていたらそのまんま当人同士がぶち当たりましたw 山Pとはその昔レイクフォレスト時代のアイランドカップの一回戦で初対面・初対戦し・知り合いになる^^ 先日鬼怒川のペア戦では間接的に当たり、目下はらっくさんの2連勝中(^O^)v 山P!昨日は3匹しか釣ってないけど、今回もぶち殺してやるぜ! と気合い十分で試合開始(^o^)
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V




少々向かい風が強かった事と、朝一だったので前日の放流残で水に馴染んだ高活性が居るかも? と思い、ドナ2の先発を急遽中継ぎ・リリーフにまわして、QM33のオレ金をサーチ役として先発投入、中間のカウント3から巻いて何も無し、沖のカウント6から巻いても何も無く、沖のボトムから一気に巻き上げても一切何も無かったので ”手っ取り早いのは居ない” と判断し、モヒカンさんパティーンを信じドナ2をリリーフ登板させた。


見よう見まねで心がけたポイントは
・ドナ2
・カラーは白金系
・大遠投
・ボトムに着底
・巻き上げない巻き上げ
・ラインは本来エステル(フロロ15と2でやりました)


動画は前日のペア戦決勝後半ローテ・スプーン担当の時の物です、前半ローテでは怒濤の7投7バイト6フィッシュを釣り上げた、その時撮ればなかなか衝撃的な映像だったと思いますが、後半ローテも開始前に ”居れば釣れる!” とモヒカンさんは言ってましたが、この釣り座にはそれほど魚が居なかったようです^^; なお、前半ローテの毎投バイトは釣りうま大学生3人も一緒に見ていて、放流ラウンドでもないのに ”なんだあの毎投出るデカいあたりは!!” と、なかなかの衝撃を受けていました^^


※本来はペア戦での表彰台絡みで使用するつもりで撮らせてもらいましたが、ここで使わせていただきました^^





で、山Pとの対戦がどうなったかと言うと…

周囲が沈黙する中、はらっくさん一人スプーンで釣果を伸ばす事に成功(^O^)モヒカンサンアリガトー 正直、一人異次元の釣りになっていたと自分でも感じられるほど、一人だけスプーンで釣れちゃいました^^ 基本はボトムからの巻き上げない巻き上げで、富士山側の足下には大きな2段ブレイクが存在する事は有名で、魚の付き場・回遊ルートにもなっている^^


東山湖の池の水を全部抜く動画1


東山湖の池の水を全部抜く動画2





ガリガリガリ” っとブレイクに当たったら、少しロッドを立ててブレイクの傾斜を舐めるようドナ2がブレイクラインを這うようにリトリーブし、最後のかけ上がりは真っ直ぐ斜面を引き上げてくる感じで巻いていると、沖のボトム、手前のボトム、足下の駆け上がりで釣れ

少し止まったタイミングで、時間が経ち表層に浮き始めたかもしれない? 魚を狙う、もしかしたらコーホーとか沖のド表層を5メートルほど狙い(居ませんでしたが^^;)そこからロッドを大きく下げ、巻き速度を一気にスローダウンし、ドナ2がパラパラヒラヒラ舞い落ちるような感じで巻き下げ、手前のブレイクにぶつけるイメージで巻き下げてくる、ラストは手前の斜面を巻き上げてくる感じで、前半ローテはドナ2だけで6尾釣れました^^
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V





前半を終えて ”6-0” この流れであれば釣り座移動中に山Pを一言二言 茶化す場面ではありますが… ここはあえて ”無言プレイ” でローテし、山Pへのプレッシャー・危機感をより 高め 煽るwイヤナヤツダ^^



後半ローテは、前半ローテで大当たりのドナ2キックオンザフェスタで、ボトムすれすれを巻いていたためパイプに引っかけてしまい、その後リリース時のガチャガチャで切れロスト^^; 誰か~ドナ2のKOF譲って~w それ以降良いカラーが見つからなかったものの、スコアーに余裕が出来ていたので少しドナ2を巻いた後はクランクの様子見を始めた、DクラとモカDRSSで1尾ずつ2尾釣り上げ、最後にダブルクラッチの様子を見るも何も無く終了。
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V



結果 ”8-2” で山Pに勝つ事が出来ました(^O^)v 試合終了後、普段は温厚な山田太郎のような山Pが、拳をギューッと強く握りしめ ”殺人鬼のような目をして” はらっくさんを睨んでいたのは言うまでも有りませんw オーコワ オ~コワ
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V









そんなこんなで勝ち組で2回戦に進む事が出来ました^^ この日と言うか常に勝ち組でも負け組でも、トライアル戦最大の難関2回戦1/4の狭き門を初めて突破してみた~い! と言うのが最大の目標、二回戦の対戦相手はDLIVEなK家君、チームバトルのチームメイトM★君、ヴァルケインなK山さんでした^^

相手にとって不足無し、若干M★君が東山湖を準ホームにしているため、季節の釣り方を熟知しており怖い感じはしますが、今期のティモンカップでボトムを激嵌めしぶち殺した時のイメージが有り、苦手意識はまったく有りません^^



10分4ローテの始まりです、勝つために最初からクランクで行こうと思うも、釣り座がプラで入った釣り座に近かったので、時間も9時を過ぎており魚が動き・浮き始めていると予想、桜は舞っていませんでしたがプラで釣れた ”Hunt09” か ”ティアロ16” どちらを使うか悩みましたが、より広範囲に沖目の表層も狙えるティアロ16を選択、沖のド表層から巻き始めて立ち位置を背後の土手をバックで2歩登り水際の表層まで巻く(足下も食い上げバイトが有ります)、桜パティーンをやや意識した ”表グロー/裏金” で丁寧に巻き粘っていると、プラの時同様ティップが ”グイッ!” と食い込む当たりを出せ1尾釣れた、全10分4ローテの最初の数投は必ずこの釣りを入れ計3尾も釣れてくれた(これはまじラッキー^^)、最終ローテでは表層に春の表層モワ感が多く長く感じられたので、少し粘って2尾目が掛かるもネットインならず^^;

スプーンの後はDクラで1尾釣れ、前半組で審判をし合い勝ち上がった ”お名前を喪失^^;” 方が、モカDRSSのカフェコークで終了間際に連発されていたのでそれをマネ、モカDRSSのカフェコを投げ軌道変化(上げ下げ)で1尾追加し終了。


終盤ローテお隣に居たK家君が、ティアロ16の表層引きで調子の良かったはらっくさんを見て ”はらっくさんの真似しま~す ♪” コールが入りwマネロマネロ~ 直ぐに釣り上げるも、多分 ”5-4-3-2” ってスコアーでK家君に1尾差まで迫られはしましたが…


初めてトラキントライアルの2回戦(1/4)を突破する事が出来ました\(^O^)/ヒャッハー






なんだか知り合いが多く勝ち組2回戦を突破していました^^ お隣なんで見てましたがゴーシンさん(左)は結構金星的な勝ち方してましたよね^^ヤルー
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V





初めてのトラキントライアル勝ち組準決勝\(^O^)/


このタイマンで勝てれば釣りビさんのYouTubeカメラの入る決勝戦進出です^^ 釣り座は放流が入った放流口寄り2区画目の釣り座でした(レストラン前)、放流口近くでの放流ラウンドでしたが高活性魚は少なく^^; とりあえず粘ってドナ2で2尾先行するも直ぐに追いつかれ ”2-2” のまましばらく均衡が続いた。

放流口に一番近い左隣の釣り座にぼんどさんが居てクランクで釣り始めていた、勝手知ったるぼんどさんw 何を投げているかは見なくても分かるので^^ 同じ物を投入し再び2尾先行に成功(^_^) その後が続かない物の対戦相手の方もスコアーメイクに手こずり2尾差のまま時間が過ぎていく、そんな微妙に難しい放流ラウンドでしたが、釣る人は釣る…

右隣ではMIWAさんが金系の大きなスプーンでM城社長をボコっている… なんでスプーンであんなに続いているんだ? ”ほんと一つお隣じゃ無くて良かった” と ほっと胸をなで下ろす(´д`)フ~
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V







やったりました! トラキントライアル決勝戦初進出です\(^O^)/ヤター


正直、素直にメチャクチャ嬉しい^^ そもそもあまりトライアル戦に出た事は有りませんが、出れば毎度毎度2負けだったので ”一度勝ち上がってみたい!” と強く思っていた2回戦をやっと勝てたと思ったらあれあれよで決勝戦へ、良い流れの時はなんでも上手く噛み合いますね^^ そう考えると… 昨日のペア戦は本当に噛み合わせが悪かった(>_<)

勝ち組決勝進出者は12人だったのかな? その中にまぁそこそこ良く知る落Pさんが居たり、ペアを組むはずだったマエケンさんとペアを組んだぼんどさんの姿も、妙に良く知る知り合いが多い決勝戦となって… 緊張感はゼ~ロ~w

東山湖で強い落Pさんが最後の最後で大花火を打ち上げるのか? 昨日のペア戦は誰かさんのせいで(T_T)オレダヨオレ~ 惨敗はしましたが ”やる事はわかった” と言っていたぼんどさんが結果を残すのか?

当初ペアを組む予定だったマエケンさんからは、プラで嵌まったパティーンを聞いていて、どうやらこの日もそのパティーンで決勝戦まで上がってきており、決勝戦でもそのパティーンが炸裂するのか? はたまた、はらっくさんが一発やらかしてしまうのか? なんだかワクワクでドキドキな感じですね^^

ヤー!^^
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V





う~

誰かに決勝戦の写真を頼んでおくべきだった… せっかくの決勝戦なのに1枚も写真が無い(>_<)ボシュウチュウ




まぁ、結果的に決勝戦の主人公は、はらっくさんではないのでザックリとw


釣り座入場順は3番を引き、前日ペア戦決勝で良かった中央桟橋の際から順に釣り座が埋まっていく、事前情報では桟橋左側エリアはこの日しばらく使っていないフレッシュエリアで、放流魚が桟橋際に溜まっているのでは? と言う情報が漏れ聞こえてきていた、中央桟橋から2番目の釣り座に入れ、右隣の桟橋際の釣り座にMIWAさんが入っている、お隣で準決勝の時みたいに放流スプーンでボコボコ釣られたら嫌だな~(´д`) と思いながら決勝前半ローテ開始。

ドナ2のFS01で入り、中間の表層と沖の表層をサーチするも反応は無い、上に放流残は居ないと判断しボトムまで落として巻き上げてくると、アタリは出たが掛からない、しつこく粘って何とか1尾目・2尾目を釣り上げた、お隣のMIWAさんはバイトは有れど掛からない感じのよう、MIWAさんがそんな感じなのに無駄にスプーンを粘ってしまい少し後悔、残り時間が5分を切ったくらいで高活性が取れそうなグラホを入れるもレンジが違う感じ、モカDRSSを遠投し着水後巻き下げを意識しながら、フリップを入れリアクションバイトを狙っていると1尾釣れタイムアップ。

前半ローテは4尾がトップタイで数人、3尾も数人と言った団子状態。




後半ローテは入場順が逆になるので最後から3番目の入場、中央桟橋際は数カ所空いていたがマエケンさんは前の方で入場するも、中央桟橋から遠い釣り座で居付きの魚を ”自信の手持ちパティーン” で勝負に出たご様子、ぼんどさんも同様で桟橋近辺は ”水深が有り魚のレンジが深い” と判断しマエケンさんの近くに(少し浅め)陣取っていた、今思えばお二人の近くに入りお二人の様子を見ながら釣れば、もっと釣れちゃった気もしますが^^; ついつい桟橋に比較的近い少し開けた釣り座を選択、左にはDAYSPROUTなU田さん、右にはフォレストなN山パイセンが居ました。


試合開始、強風が吹き荒れ始めパラパラと雨も降り始める中、まずはティアロ16で表層を探るも何も無く、DクラやモカDRSSで下目を探っても当たりがまったく無い、すると左側のU田さんの左で釣っていたニャガ井君が嵌めだし連発している、どんな釣りをしているかは少し遠くて見えなかった^^; すると右隣のフォレストなN山パイセンが、それまでも16くらいのスプーンを沖にぶん投げ、ポツポツとスコアーを伸ばしていましたが、突然連チャンモードに突入し始めた ”M2” かな? と思うも、結構な爆風だったのでマイクロスプーンに手を出す勇気が湧かず^^; ただただN山パイセンのドラグ音を聞かされる事となってしまった^^;

爆風だけどトレモ・スマッシュならなんとか投げられるかな? と少し風が弱まった隙を狙いスマッシュをキャスト、強風下のPEライン使用でしたが、ロッドを上げ竿先とラインに角度を持たせた、風でアンコントローラブルにならないよう必死にラインコントロールをしながら沖の表層を巻いてくると、竿先が大きく絞り込まれる良い当たりが出てくれた… 4尾目 ”この爆風で表層が出ちゃうのかよ!” 気付くのが少し遅かった^^;

その後も表層でバイトは有るが掛からない… スマッシュで行けそうな手応えを感じたので、確実に1尾1尾釣っていこうとスマッシュに付けていたSが3つ付いている細っせ~フックを、老眼鏡を掛けずに頑張って交換w がしかし、その後当たりは有れど乗って… 掛かってくれず^^; 思惑が外れた(>_<)

残り時間1分前のアナウンスが入りここでスマッシュに見切りを付けた、あと1尾を絞り出したい… モカDRSSを目一杯沖にキャストし巻き下げ軌道で、上下の軌道変化を加えフリップで誘いを入れながら巻いてくると、手前まで来た時の上への軌道変化で ”ガツンっ!” っと良いバイトを出す事ができ慎重に寄せてネットイン5尾目、直ぐにタイムアップとなりました。



明らかにN山パイセンの優勝は隣に居たので直ぐに分かった、もちろん釣りビさんのカメラが密着している、そう言えばRiverRoadの社長が平谷湖で優勝した時のブログに、優勝しそうな時はタイムアップ前にカメラが張り付くと言っていたけれど、はらっくさんの所には一切そんな気配は有りませんでしたw 5尾じゃYouTubeでもあまり映っていなさそうだな~、居なかったことになっているかも?(>_<)



優勝は11尾でフォレストなN山パイセン、準優勝は9尾?8尾?でマエケンさん^^ヤルー 聞けばプラのパティーンがサクッと嵌まって釣れたそう… そのパティーンは全て教わっていたのに有効利用出来ていませんでした… いや、2回戦で30%くらいは利用出来ていたかも^^ マエケンさんおめでとうございます\(^O^)/


そして…









ぼんどさん、MIWAさん、ニャガ井君の3人が7尾タイでスコアーが並び ”3位・4位・5位” と言う、なんともトライアル戦としてはある意味残酷なサドンデス戦が始まった、トラキントライアルの勝ち組決勝戦で ”4位以下は1負けと同じ” 5位ではエキスパートの出場権をもらう事は出来ません(>_<) まぁEXPマイレージはたっぷり貯められますが、最終戦ですからね^^;


一応全員知り合いではありますが、ぼんどさんとは前日のペア戦のパートナー関係に有り、これまで何度も決勝戦でコケてエキスパートを逃してきている… いま 目の前に ”2/3” の高確率で初エキスパートの権利を獲得出来る大チャンスが巡ってきています !(^^)!ボンドガンバレ






ガンバレ!ぼんど (๑ •̀ω•́)۶ファイト!!





いや~ほんと良かった ”ぼんどさんおめでと~” \(^O^)/ 次に釣ったのはMIWAさんでした(^o^)パチパチパチ
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


ヤター!\(^O^)/
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V





第20回トラキントライアル第4戦 東山湖 優勝はフォレストなN山さん、準優勝はマエケンさん、準々優勝はぼんどさん、4位はMIWAさん(左端)、負け組優勝はオフィスユーカリなケイタ(右端・前日3位で翌日上がる法則発動^^) おめでとうございます(^O^) マエケンさんがずっと俺のカメラの方しか向いていませんでしたw
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


ぼんどさんホントおめでとう!\(^O^)/
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V






そして、この日これぞ奇跡 ”It's a Miracle” ってヤツが起きてしまいました^^


EXPマイレージポイント上位陣のヤリエなO澤弟さん・M田さん・ニュードロワーな元気君が、勝ち組になれればEXPマイレージでエキスパートが決まりのはず、O澤弟さんに限っては前日のペア戦のポイントでほぼエキスパートが決まっており、トライアルで勝ち組に上がったM田さんと元気君が誰かに捲られないか? ヒヤヒヤしており、怖いのはDAYSPROUTのU田さん&O堀さん、そしてフォレストなNバヤシ君と数人話題に上がっていましたが、トライアル戦の決勝戦までにポイント上位陣を脅かす大多数の選手が負け、決勝戦開始前に ”O澤弟さん・M田さん、元気君” のEXPマイレージポイントでのエキスパートが決まっていたそう、3名とは今期のペア戦トライアル戦全てをご一緒しており

”ほんと良かった” と素直に喜んでいたはらっくさんでありました^^



トライアル戦開始前のポイント表
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V 


上のトライアル戦開始前のポイント表で、勝ち組決勝戦前までに大多数の上位陣が、負け組にまわったり2回戦で消えていた… そんな中消えずに勝ち組決勝戦にコマを進めたのは ”8位のU田さん” と その次は…









な、なんと! ”16位の はらっくさん” だけだった(゜∀゜)マジカ


U田さんとはらっくさんは共に決勝釣果5尾で ”6位タイ” 獲得ポイント表を見ると、トライアルの勝ち組決勝6位は ”60点” も加算される、前日のペア戦で大コケした時点で、ポイントでなんとかなろうなんて事は一切諦めており頭の片隅にも無かった、5位との点差や上位陣の勝敗の状況をまるっきり気にしておらず、トライアル戦開始前の段階で5位との差は ”34ポイント” しか無く、そこに60ポイント加算され、5位と16位はらっくさんの間に居る人達が負け組にまわったり、ことごとく2負けと言う幸運が重なった(U田さん以外、誰かもう一人勝ち組決勝に上がっていたら…^^;)

結果…





表彰式はおかぴーと一緒にくっ喋っていて、EXPマイレージ上位陣の表彰式が始まった、1位から呼ばれ始めるとO澤弟さんかと思われていたEXPマイレージ1位にDAYSPROUTなU田さんが大外一気まくりで差しきった^^ 2位がヤリエなO澤弟さん、3位がM田さん、4位がニュードロワーな元気君と順当に呼ばれ、そろそろ良い撮影位置にでも入ろうかなと、カメラを準備しじわじわ表彰台に近づこうとしていると…







5位 ”ハラ タダシさん!” と呼ばれた(*゜ロ゜)エーーーー!!


呼ばれた瞬間、思わず ”え~俺ですか!?” と言ったと同時に、あとでおかぴーに聞きましたが、呼ばれた瞬間はらっくさん後ろに ”素で仰け反ってましたよ” と笑われましたw



いやいやいやいや、まさかまさか1ミリもEXPマイレージでエキスパートに上がれるなんて思っていなかったから、ほんと素で驚きました^^ 壇上と言っても一番下でしたが、初めてのトラキンの壇上はなかなかの絶景… なんて考える余裕は一切無く、驚きと、緊張と、本当に喜んで良いのか?って疑いが頭の中でグルグルと巡り、鵜沼さんに今の気持ちは? とマイクを向けられた瞬間、一瞬目が潤んできたので ”泣きそうです!(T_T)” と発するのが精一杯で、頭の中は真っ白な感じでしたw
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V



思えば…


トラキンに出始めの頃は、平谷湖(長野県)なんて遠くて行ってられるか! と 一生行く気は有りませんでしたが、今期はプラに1度入りペア戦トライアル戦の3回も平谷湖に行き^^ 無茶なスケジュール過ぎて帰り道に事故ったりもしましたが^^;アンゼンダイイチ

その後は鬼怒川戦に出て、なら山沼は自信が有りましたがコロナで中止は残念でした、なら山戦が無くなった事で表彰台もEXPマイレージでのエキスパート入賞も無くなったなと諦めていましたが、結果論にはなりますがなら山が無くなった事でEXPマイレージでエキスパートに上がる事が出来たと思いますし

多角的な巡り合わせ多数の歯車の噛み合わせを考えると、チームバトルでまゆちゃんが消え、長瀞でエンマサが消えてくれた事もギリギリ ”マイレージ5位” には大きく影響しています^^

前後しますが、大会で何度かすれ違った事は有ったものの、まともに話した事は一度も無かったコータロー名人とペアを組めた事が、EXPマイレージ昇格最大の要因だと思っています、なんと言っても組んで2回出たペア戦で2回とも決勝戦にコマを進められましたしね^^ ペア戦のポイントは半分ずつではありますが、EXPマイレージは地道なポイントのチリツモに ”ドカーン!” とトライアル戦の勝ち組決勝の高ポイントでキメるのが必勝パティーン、コータロー名人とポイントの土台を作り、最後の最後で一発ホームランを放った感じです^^

コータロー名人と一緒に上がりたい気持ちは有りましたが、コロナで延び延びになった大会スケジュールに、家庭の予定が被ってしまったり、ジャンケンで負け組に回されたりと、なんだかんだ結果 ”ギリッギリ” 噛み合ってしまったはらっくさんと比較すると、僅かに歯車が狂ってしまったのは非常に残念でした^^; 来期、また一緒に頑張りましょう!^^

コータロー名人に引き合わせてくれた、ひろし&かずちゃんにも もちろん感謝しています^^ 何もあげないけどねw
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖
第20回トラキン・トライアル第4戦・東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V




最後に、アカサカなメンバー ”ふなっしー・榎さん・O合君” とは、いつも仲良くじゃれさせてもらっていますが… 最終的なEXPマイレージ順位表を見ると





O合君!
 
 ハラの事は嫌いになっても、トラキンの事は嫌いにならないでください(T_T)






O合君との最終ポイント差は ”6点” よくよく調べると、トライアルの決勝で5尾を釣り6位タイで ”60点” 加算されたのは、U田さん(1位)・Y田さん(78位)・はらっくさん(5位)の3名(もっといるかも?)で、はらっくさんの5尾目は終了1分前にスマッシュからモカDRSSに変更して釣った1尾で、もしあのままスマッシュを投げ続けていて5尾目が釣れなかったとすると、4尾で8位 or 8位タイとなり ”50点” の加算となっていた、あの時モカDRSSに切り替えていなかったら…^^;


正に、噛み合うってこう言う事なんですよね^^ 短い足の親指の爪がほんの僅かホームベースに届いていたギリギリって感じの ”4年連続エキスパート” となる事ができました\(^O^)/ 期間中お世話になった方々にはホント感謝しております、ありがとうございましたm(._.)m


残念ながら、決まるのが遅すぎで申し訳ありませんが、エキスパ戦は複数試合出られそうにありません(コロナで秋に延期にならないかな~^^)、来季は醒井戦も有るので、もう少し早く決められたらな~ と贅沢な目標を立てて、また来期トラキン予選ロードを一生懸命頑張らさせていただこうかと思います^^


トラキンほんと楽しいですね^^ 皆様、お疲れさまでした。