はらっく傾奇者でござ候

管理釣り場メインではありますが、いろいろ書くので ”意にそぐわない方” は静かに御退室ねがいます。

第2回 東山湖グラチャンCUP第3戦(スミス杯)に初参加^^

釣行日は2019年(令和元年)6月9日(日)です。

Fishing No.2019-031



この日は川場FPでアイランドカップが有り、キングフィッシャーではチームバトルが催されていましたが… いろいろ考え、昨年から全3戦のシリーズ戦で新規に始まり、まだ一度も出たことの無かった ”第2回東山湖グラチャンCUP第3戦(スミス杯)” に初出場してきました^^ 本当は川場に行こうかな? と思っていましたが、今年アイランドカップは2回出て2回とも1負け…^^; そして過去何度か沼田(片道150キロ)に6時着で大会参加をしに行ったことがありますが、下道でその時間までに沼田って大変なんですよ… 東山湖なら片道120キロ無いしまだ楽だと思っていました… が、グラチャンカップの受付時間はなんと!5時~5時半で締め切り… な、なんてクレイジーな時間に受け付けを締め切るんですか!!(´Д`) 結果群馬も静岡も早朝の大変さに変わりは有りませんでしたw
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V




まずは、大会4日前に訪れたプラクティスの手応えから。

天気はピーカンでは無いものの、それなりに気温が高く水温も高そう、事前に死魚が多いとxiexieさんのブログで情報を仕入れていましたが情報通り死魚が多く浮いていました、浮いている死魚は大物では無くオン・シーズンであれば、最も東山湖を数釣りで盛り上げ多くの釣り人達を喜ばせ ”俺って上手いんじゃね?” と勘違いさせてくれるサイズばかり(ご苦労さまでした)、他に変な白い消えない泡みたいなのもいっぱい浮いていて ”東山湖落ちた日本死ね!!(´Д`)” 的なw と言うのが見た目の印象、そして7時から15時まで釣ってみて出した答えは



1、聞いていたほどボトムが釣れない… 釣れなさすぎる(´Д`) 前回大会に参加をしたボトムが苦手な山鬼から ”みんなボトムをしゃくっていてつまんない” と聞いていましたが、今回は全然ストロングでは無い

2、しかし、困ったらボトムをしゃくるしか無く、各層に散った僅かな釣れる魚を釣るローテーションを組み立てる上で、実釣時間の半分はボトムを釣る必要性有り、シャドウアタッカーの跳ね上げブルブルと黒ボールの3分割デジ巻き辺りがまだマシで、ハイシーズンなら良く釣れるちょい速めな黒ボールのズル引きは無し、そこまで追尾し続けてくれる魚が居ないw

3、スプーンは相当ヤバイ。スプーンが苦手なはらっくさんですら、東山湖と鹿留だけはスプーンを長い時間投げますが、駄目だ… 今の東山湖ではやっちゃ駄目だ(>_<)

4、クランクは有りで丸っこいクランク、丸くないクランク、ニョロ系、ミノーとどれも釣れる… とは言え、まず連発は無くそこそこ粘って2尾が限界

5、ミノー(ダブルクラッチ65F)は、食い気の無い魚や大物を狙うには、数は期待できないもののリアクションでの絞り出しに大いに望みがある… はずだと思い込みたいw

6、ニョロ系はなぶクラFを私的趣味で好んで使いましたが、ポツポツ拾えるので釣り座が変わる度に使いたい ”渋い時にこそニョロ系は強い” 印象が擦り込まれている、はらっくさんなので有りましたw

7、難しい選択にはなりますが、とにかく ”嵌まる” って事は起きないので、1尾釣れたりしても粘らずルアーローテーションは早めにした方が今回は良いかも?


8時間釣って39尾の釣果、時速5尾弱で30分であれば2尾~3尾と言ったところ、何か大きく嵌まる釣りが有り短時間で集中的に釣れる事は一切無く、上にリストアップした釣り方で8時間ポツリ・ポツリ・ポツリと言う状況、以上のことから当日を予想すると ”どんだけ事故れるか?” ”運が良かった人が勝てる運ゲー” になると言うのが、はらっくさんプラの結論ですw






プラ・ブログにも書きましたが、今回の道連れは地縛霊さんで、ご存じ彼はいつ如何なるコンディションでも9割9分スプーンしか投げない、スプーン一筋の ”スプーン・ド変態” まぁ、そのブレ無いところが彼の良さでも有りますが(^o^) 流石に彼には絶対厳しいと思い、行き先変更を提案するも… ”アッコちゃんも来るからテンションアゲアゲです(^O^)” しか頭に無い ”お花畑” な状況^^; 今回、彼にしては珍しく前日プラに入っています、おそらくアッコちゃんに ”不甲斐ない姿(成績)は見せられない” ”良いところを魅せよう!” と気合いが入っていたんだと思います… が、A券を目いっぱいまで釣って漏れ出た感想は ”やっと罰ゲームが終わった(´Д`)” ”死ぬ覚悟は出来た…(>_<)” と絶体絶命・絶望的な感想を述べ消息を絶ち、それっきり行方知れずに…w




そんな前夜消息を絶った哀れな地縛霊w

もちろん大会結果は ”聞くも涙、語るも涙” な ”成仏できず浮かばれない” 末路を辿っていますw

がしかし、彼のこの日最大の ”Mission” は試合前、既に ”Complete” していたのでありました…













試合結果は散々でしたが実に幸せそうな笑顔です、なんだかムカつくから地縛野郎の顔にはモザイクを掛けておきましたw 
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


今回初めて ”生アッコちゃんしましたが…” ちょ、ちょっと書き方が… へ、変かな?w なんかヤバイですね、エリア界に48グループを作るのであれば ”ARA(エリア)48” もしくは ”SRG(駿河)48” のセンターはアッコちゃんで間違いないですね^^ 普通ノリで ”俺もツーショット写真!” と言う流れになる所ですが… 正直オーラが眩しすぎてドキドキ、BSデジタル70インチ8Kクオリティのアッコちゃんに、これ以上はらっくさんは近付くことが出来ませんでしたw
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V

※地縛野郎のスケベ面が見たい方は裏面へ^^








さて、本編に行きましょうかw


開会式が始まり
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


グループ抽選は ”M-1” でした、ザックリと1回戦の仕組みを説明しますと、1セット目3人1グループになり(今回のはらっくさんはM-1、M-2、M-3)、3者で桟橋以外の好きな釣り座に入って総当たりの各自2戦(15分×2・釣り座ローテ有り)を行い ”勝ち3点・引き分け1点・負け0点” を終え、再度グループ抽選を行い2セット目を行って、4戦の合計ポイントで上位半分が準決勝戦へ進出、同ポイントの場合は匹数上位者、匹数が同じ場合はサドンデス戦が行われます
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V





入場口で3人集められ、グループ抽選番号Aから順に好きな釣り座へと散っていきます
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V



そしてはらっくさん達 ”M組” の3人が釣り座に入場、ヨボヨボなはらっくさんはw あまり歩かずに済む石碑前など入場口から近い所が良かったりしますが、かなり後の組みで近場は空いておらず東ワンド中央まで歩き釣り座としました。対戦相手となる右の方は、各所で結果を残しており、この日トレードマークのピンクのパンツは封印^^ 地元?FF中津川の大会では常に上位に名を連ねる強豪エイジさん、集合場所で少し話していると ”ブログ楽しく読ませてもらっていますよ^^” と励みになるお言葉をもらえた毒者^^ 左の方は、まぁ言わずもがなディスプラウト総合プロデューサーのM田さんなんですが… 雨の日はホント嫌です、何が嫌って ”レインウェアーを着ていると誰だか分からない” ってのが有り、この写真を撮っている時は、まだM田Pだと分かっていませんでしたw
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V





地縛霊が近くに居るわけでも無く、かと言ってエイジさんとM田Pに写真を頼めるわけも無いので、己の写真はもちろん有りませんw まずは一回戦で撮った写真をペタペタと、試合中は雨が降ったり止んだりのローライト(写真を撮るには光が足らない)で、東山湖は広大過ぎる… 各所に散った選手達… コンデジのズームでは限界が有ります(>_<)


東ワンドで釣っていたお隣さんグループ^^
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


この方のクランクが結構嵌まっていて、何を使っているか結構ガン見しちゃいましたw
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


現・トラキントップマイスター ユーカリなケイタ君も参戦^^
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


来週?今週?16日はGFC中ノ沢で復活したレイクカップ第2戦が開催されます^^
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


ガメクラで調子が良いM田P
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


東ワンド右のお隣さん
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


国道側はA木さんやらO野さんのグループのみでした
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


ディスプラウト同士の潰し合い^^ オーバーフロー近辺は、まぁまぁ釣れているように見えました
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


ケイタ君の邪魔をする監督w
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


気付きました? ネットイン写真が少ないことを…(>_<)
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


東ワンド右のお隣さん、ボトムで連発していました^^
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V






では、はらっくさんの出番です^^


・一回戦・1セット目の第1試合、ディスプラウト総合プロデューサーM田さんとの試合

日の出日の入りの ”まづめ” な時合いが、釣りではイージーに釣りやすいと言うのが常識で有り、管釣りの場合もまぁまぁその常識は通用します、天候はプラの日と違い曇天でにわか雨予報が出ており気温も低く(水温は気温に関係無く残念ながら20度over…)、水面には変なモワモワも死魚も浮いておらず、水質もそれなりにクリアーで綺麗に見える ”なんだか釣れそ~^^” と思うも、プラの時には見えていた ”足下の回遊魚(サイズ大きめ、数は少なめ)” は皆無^^; とにかくこの時間帯に行われる1試合目が、魚もまだルアーをあまり見ておらず一番釣り易いはずだ!? と信じ、モカDRSSの天照からスタート! こんな時期にモカDRSSはちょっと… とも思いますが、プラではフレッシュエリアでレンジを探るとポツッと釣れたんです^^ すると、開始早々M田Pがチャタクラの中層?引きでヒット^^; プラでもそうでしたが、とにかく掛かる魚のサイズが大きい率が非常に高く、その魚も結構な大きさで生憎バレてしまう、ホッとしたのも束の間でまた直ぐにヒットしネットイン… さすがM田P^^; この魚もまぁまぁ大きめのサイズで、結局掛かる魚が妙に大きい率が高いのは、小さなサイズの魚は体力が無く水温の上昇で早めに死んでしまい、この時期に生き残った魚は自然と大きいサイズばかりと言うのが真相?だと思ってます、プラの時も大物が多く釣れました。

その後もM田さんは順調で2尾目をネットイン… 釣れるとは思っていたけど ”ちょっと早すぎじゃありませんか!?(>_<)” どうやらのんびりしていたらダメそうなので、まずは凸を回避したい… プラの感触から、前後半30分の試合で何試合かは ”デコ” が、そう恥ずかしい事では無い日になりそうだとも思えており^^;  早い段階で2尾先行されてしまい、いきなり初戦から勝ちは厳しい状況になりましたが(>_<) まずは一安心できる1尾目を釣りたいと思ったので ”なぶクラF・スプラッシュ” を投入、2投以内で釣れると言う自信が有りましたが何も無く冷や汗をかいていると^^; 3投目くらいでヒット! プラ通りであれば、もちろんまぁまぁなサイズが掛かるだろうと予想し、この日なぶクラFには前回常磐王戦で初投入したクラッチフックの太軸バージョン、通称 ”パワー・クラッチ” を装備してきた、ただでさえ大物ハンターな大きめのニョロ系、アベレージサイズが大きくなっている今の東山湖でノーマル・クラッチでは不安… 営業終了間近で体力の衰えた大物が、僅かに残された力を振り絞り沖へ!ボトムへ!と走り回りますが、PE3LBラインとパワークラッチ#4の前では為す術無く御用となりました、状況次第でパワークラッチは大きな安心を生みます、ましてや#4は大きめのニョロ系には最適で、以前から某ハンドメイドビルダーさんと ”クラッチフックの#4番出て欲しいですね” なんて話していたことが有ったんです^^

これでスコアーは ”1-2” なぶクラFでもう一本と思うも出ない^^; そこで思いだしたのは ”同じルアーを見せすぎず早めのルアーローテ” を心掛け、M田Pが釣っていたチャタクラDRカラーは花茶を使用してみた、花茶はそれほど話題になっているカラーでも無く、対戦相手のM田Pは透け透けゴースト系の ”亀仙流” っぽい? のを使っていましたが、プラの時午後になってからでしたが、以前M★ファミリーと少しご一緒した時に、M★パパが竿先を水に入れたチャタクラの中層引きで調子良く釣って負けたことを思いだし、花茶で真似てみたら2連発^^ 元々この日どこかのタイミングでその釣りをするつもりでいて、大会用先発ボックスに収納して来ましたが、朝一からチャタクラDRで行けることがお隣に居る ”本家” の釣りを見て分かったので早速キャスト… すると一投目で釣れてしまいました\(^_^)/ 実はこの時まだお隣の ”M田さん” と呼ばれていた方が ”M田P” だと確信が持てておらず^^; でもやっぱり ”M田さんってM田Pだよな~?” と言った半信半疑な状況、心の中では ”チャタクラ釣れる~!!” と叫ぶ気満点でしたがw M田Pだと言う確信が持てずやめておきましたw

前半ローテを終えて ”2-2” のイーブン



後半ローテ。 互いにいろいろやるも釣れない… なぶクラF・チャタクラDR・モカDRSS・つぶあん・ミニシケS・黒ボールといろいろ試しましたが全然ダメ~(´Д`) グルッと一周してきて再びなぶクラFを信じ ”方角・レンジ・巻き速度・角度・アクション” をいろいろと調整しながら ”信じ” ”強く念じながら” 巻いているとヒット! 掛かってしまえばこっちの物で ”パワー・クラッチ” から魚は逃れることは不可能^^ 残り時間はまだ5分以上有る、こう言う時の5分は恐っそろしく長く感じ ”釣らないで!” ”このまま!” ”いやいや、俺が釣れろ!” と心の中でいろいろな思い・願いが目まぐるしいw そして、どうにかそのままタイムアップとなって強豪相手に初戦を幸先良く勝つことが出来ました(^O^)v



お次は審判で ”M田P vs エイジさん” の試合の審判、M田Pがガメクラをいろんな引き方(特に巻き速度)を駆使して勝利^^
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V





はらっくさん・一回戦・1セット目の第2試合、エイジさんとの試合

なぶクラFでまたどうにかなるだろ? と思っていたら、2試合目M田さんにガメクラで釣られニョロニョロ系にスレていたのか?まるで反応が無い水面(´Д`) やむなく、1試合目と同じローテーションの中に困った時の超絶リアクションルアー ”ダブルクラッチ65F・トッピングフード” を割り込ませてみた、正直… ”釣れる自信が有りましたw” プラの時も釣り初めのよりスレていない時間帯に反応が良く、激ムズの中2連発するような場面も有っての ”自信” だったんですが… 本番ってのはやはり難しいもので、沖の表層をワイドに狙い、中層にシフトするも一切お触りが無い… この手の超絶リアクションルアーは先手必勝最初が肝心、釣れるのであれば少ないキャストで何かが起こらないとダメ… 案の定その後少し粘るも何も無く、この日のダブルクラッチの出番はここで終了しました。

う~ん、困った^^; するとエイジさんが ”やっと釣れた!^^” と、ピン抜き無音ドラグリールで魚を寄せネットイン ”0-1” ここで2連勝出来れば4戦中の2勝となりほぼ一回戦突破が確定していたところでしたが、一気に形勢は不利に(´д`) 既に一通りローテしており、スムーズに出てくる次の手が見当たらない、どうしよ~? と思いついたのが東山湖と言えば縦方向の動きでの食わせ、豆系でも釣れますが俗に言う ”縦釣り” では無く、スプーンやクランクをロッドの角度の変化と、巻き速度の変化で行う ”縦の食わせ” で、エリア界では ”福田巻き” として有名^^ 早速モカDRSSの神楽で沖の表層から徐々に ”巻き下げ” ”巻き上げ” を行い、上げ下げの変化の瞬間バイトを待ち構えていると、即2バイト有り1バイト目は掛け損ない、2投連発で出た2バイト目は掛かりましたが寄せで抜け…(>_<) ここで万事休す ”デコ” っちまいました(゜o゜;;


”0-1” でエイジさんに白星を献上させていただき、3人仲良く ”1勝1敗のポイント3点ずつ” で終えました^^
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


※ちなみに、M田Pは決勝戦、エイジさんは準決勝戦まで勝ち上がられています^^





受付に戻り、一回戦2セット目のグループ抽選は ”J-2” でした
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V



対戦相手はこのお二人でお二人は釣り仲間だそう、左の方S谷君は昨年のチームバトルで対戦した記憶が有りその時は勝てましたが、この日は ”あの時の雪辱を晴らしますよ メラメラメラ” なんて言われちゃって… そう言うの弱いんだよな~俺、と思っていたら案の定、タップダンサーのシェイクで殺されました、と言うか2連続で ”デコ” っちまったはらっくさん(>_<)
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V



これで通算成績が ”1勝2敗” の負け越しに(>_<) 最終戦H山さんとの試合は絶対に負けられません、前回大会では ”1勝1分けのポイント4点” でも総匹数で2回戦に駒を進められた方も居たようですが、2勝すれば確実に1勝ち出来る、ここは ”絶対に勝ってやる!” と言う強い気持ちで挑むも、既に3試合済んでおり平日プラの時よりも圧倒的に水面に掛かる人的プレッシャーは高く、ホント~に釣れない(´д`) 流石にここらでプラで予想していた ”どんだけ事故れるか?” ”運が良かった人が勝てる運ゲー” と言う予想が現実になっていることを確信していますw で、この試合はとりあえずなぶクラFを投げ終え事故れ無かったのでw エイジさんとの試合で当たりが有ったモカDRSSを使用、カラーは城峰釣具店オリカラ ”2代目なおちゃん” なんで使ったのか? と聞かれれば ”なんとなく” としか答えられませんw 大遠投からの巻き下げメインのレンジ変化で誘っていると、諦め掛けた6投目くらい、突然!ほぼ居ない回遊魚が居たので有ろう近距離でヒット! そして無事ネットイン ”1-0” この状況ならもう1尾釣ればほぼ勝ち確になるので、後半ローテは必死に黒ボールでボトムを攻め、大遠投の沖目での3分割デジで1尾掛かり ”2-0” で最終戦を白星で飾り、どうにか一回戦を ”2勝6ポイント” で準決勝戦に駒を進めることが出来ました(^O^)v ここの所ちょくちょく一回戦を取りこぼしていたので ”今日も大丈夫かな?” と不安でいっぱいでしたが、徐々に1負けしない安定感を取り戻し始めている気がしています^^




ほぼ1勝ちが決まった余裕のはらっくさん^^ 釣り友同士の熾烈な争いの審判です、お二人のここまでの成績はS谷君(左) ”1勝” H山さん(右) ”1勝” の3点同士、どちらか勝った方が2勝で確実に2回戦に勝ち進めます、頑張れ!二人とも^^
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


と、両者を応援していましたが… 二人とも前半を終えて ”0-0” の膠着状態 ”このまま引き分けだと共倒れになるぞ!” ”引き分けが一番もったいないからどちらかが勝って!” と、恒例のヤジを飛ばすはらっくさんw
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V





すると、左隣のグループでヤリエなジャンボさんが釣っており(審判はディスプラウトなO堀さん)レンズを向けるとポーズ、あざまーす^^ ポーズを取った後に ”試合中だぞ試合中w” と笑ってました、ご協力感謝です^^
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V





もちろん、どの釣り座も難しくジャンボさんもなかなか釣れずに苦しんでいた… その時!  キタ━(゚∀゚)━! と、カメラに気が付き軽いドヤ顔のジャンボさん^^
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


シャッターを切り続けていると、ドヤ顔感がハンパ無くなってくるジャンボさんw
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V





が、しかし…? ジャンボさん^^
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


ん、あれれ…? ジャンボさん(^o^)
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V






あ~やっちまった… と てへぺろなジャンボさんw (ネタ提供あざまーす^^)
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V





そんなてへぺろなジャンボさんでしたが、その後ちゃんと釣り上げ勝利し、1回戦は余裕の高ポイントで2回戦に勝ち上がられていました流石です ジャンボさん^^
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V








1回戦2セット目が終わりました、結局 ”S谷君 vs H山さん” の対決は互いにデコって引き分け、二人とも ”1勝1分けの4ポイント” で共倒れしちゃった、と思っていましたが…
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


なんと! 前回大会同様 ”1勝1分け4ポイント” が、2回戦進出のボーダーポイント、しかしそこには ”匹数勝負” が有り、トータル5尾を釣っていたS谷君(左)がギリッギリで2回戦に進出できました、写真はあたかもH山さん(右)が勝ち上がったかのように見えますが、そっと2回戦のグループ分け抽選のカードを持っているのはS谷君です^^ 写真を見ていて思いましたがH山さん(右)は ”お兄ちゃん” に超似てますね、誰かに似ているな~とは現地で思っていましたが、第66代横綱若乃花にクリソツ^^
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V








さぁ!準決勝戦です、準決勝は3人1グループで1回戦同様(1セットのみ)の勝負を行い、ポイントリーダー(同ポイントの場合は匹数勝負)が一人決勝戦に勝ち上がれます、グループ分け抽選は ”G-3”
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


Gグループのメンバーはこの方々、ディスプラウトなO堀さん(左)とK俣さんです^^
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V



最初の試合はO堀さんとK俣さんの試合、K俣さんが数尾掛けるもネット前ポロリで悔しい場面が続く、前半を終えて ”0-0” この日の状況を考慮すれば、このまま引き分けで終わってもなんら不思議は有りませんが、ラスト5分くらいの所でO堀さんが待望の1尾をピコチャタで釣り上げ ”勝負有ったな^^” と思いながら見ていましたが…
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V




終了10秒前くらいにK俣さんが意地の1尾を掛け、これは入りそうで入らず… ヤバそうでしたが^^;
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


無事にネットインし ”1-1” の引き分け、勝ったと思っていたO堀さんは ”なんか悔しいな” とボソッと一言… その気持ちよ~く分かります^^
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V





2試合目はらっくさんの出番、対戦相手はK俣さんです。 対戦するお二人とも既に1点獲得されているのでここは絶対に負けられません、O堀さんが小さめの丸っこい系ピコチャタで釣れていたので、まずはモカDRSSの神楽から行ってみました、神楽や美鬼はオオツカさんの良く釣れる大人気オリカラですが、長続きする大爆釣を今だ味わったことが無いはらっくさんw ”ここ一発” や ”ここ数尾” と言う展開が多い ”エリアトーナメント” での活躍ぶりは ”何度も見・聞き” ”何度も体験” しています、言わば ”勝負カラー” と言う位置づけの代表格カグラ… やってくれますね! この難しい中1投目でヒットしネットイン ”1-0” この1尾は実に大きい、もしかしたらこのまま勝てるのでは? と油断をしていると… 1試合目の終盤から当たりが連発していたK俣さんの ”多分黒ボール、の遠投からのしゃがんでロッドを立て気味にしスローなデジ巻き” が当たりを連発させ1尾ネットイン、その後も掛かりはしない物のアタリが連発していて… ”怖い” (゜o゜;; じゃぁはらっくさんも ”メタル黒ちゃん大のダイゴライトブラウン” を遠投し、3分割デジ巻きの ”止める時間” を調節しながら巻いていると、めっちゃ小さくてまったく引かないまるで死魚の様な魚が釣れた、ネットインして思った事は ”良くこんな小さいのが掛かったな” とw 結局この小さな1尾が大きな1尾となり準決勝戦で1勝でき、決勝戦進出に大きく近付くことができました^^
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V
Photo By UENO



そして準決勝最後の試合ディスプラウトなO堀さんとの対決です。互いの持ち点はO堀さんが1点ではらっくさんは3点、はらっくさん俄然有利!^^ O堀さんは勝ちが条件となりはらっくさんは引き分け以上で決勝戦進出です ”O堀さん釣らないでね❤” と一声掛けて試合が始まりました^^ しばらく何も起こらず ”0-0” のまま時間が過ぎ、クランクメインのO堀さんのピコチャタクラに1尾目がヒット! その直前メタル黒ちゃんに変えていたはらっくさんの一投目、O堀さんが先に掛け寄せている最中、はらっくさんにもヒットし互いにネットイン^^ O堀さんから ”そんなに早く(せっかくリードしたのに)釣らないでくださいよ” と言われw ”1-1” のまま後半ローテに突入。 このまま引き分けで終われ! てか俺釣れろ! と声に出そうな強い思いでリールを巻き続けるw もちろんそう易々とは釣れず長い沈黙が続く、そんな緊迫した試合展開にピリオドを打ったのはO堀さんでした(゜o゜;; 前半ローテではらっくさんがチャタクラの一網打尽を投げる時に ”頼むぞ!RiverRoad” と声に出してキャストすると、O堀さんから ”一網打尽ですか?” と言われ、その時釣果には結びつきませんでしたが… この2尾目のネットイン後にO堀さんの口から漏れた言葉は ”一網打尽で釣れちゃった^^” と言って、偏光グラス越しにも分かる半笑いを浮かべている… くそ~! 俺の一網打尽も釣れてくれ~!(>_<) その後は ”あと1尾” ”あと1尾” ”あと1尾” と強い念を調子の悪い東山湖の水面に送り続けましたが… 何も起こらず、はらっくさんの初東山湖グラチャンカップのTHE・ENDとなりましたw
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V
Photo By UENO




結果 ”3点-4点-1点” の1尾1点足らずで決勝戦に勝ち上がることは叶いませんでした、そこそこ頑張って事故って来たんですが、準決勝戦は安全運転しすぎましたw
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


O堀さん決勝戦頑張ってください!^^
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V







準決勝戦で2位だと決勝戦の審判懲役刑は免除されるので、決勝戦は写真撮影に専念できます^^ 準決勝戦のサドンデス戦が行われており時間が空いたため、準決勝戦でちょっと気になっていた選手の元に行ってきました。

この彼は準決勝戦オフィスユーカリな現トラキン・トップマイスターのケイタ君と当たり ”気の毒だ…” と思っていたら… 結果気の毒になっちゃったのはトップマイスターの方で^^; トップマイスターに ”4-1” と圧勝、使用ルアーは ”Bスパーク” だって言うんだからホントやってくれましたね(^O^) 

準決勝戦中も近くに居た我々は、ケイタ君を圧倒したこの彼の釣り方アクションを見ていて、いつしか近辺でボトムを釣っている人達は似たようなアクションに変わって行きましたw そのアクションはBスパークを遠投して、あとはひたすらロッドでのしゃくり量大きめ、しかしそれほどキビキビ早くない ”スローで大きくブルブルバイブレーションを感じ取れるしゃくり” でした^^

聞くとこの彼 ”M田・M田君” 大会参加は今期のグラチャンが初めてで、この日が2回目?3回目?の大会出場だそう、ロッドは4本?3本?持っていましたが1本はバスロッドの、まだまだエリアトラウトは囓り初めのビギナーさん^^ オヤジ3人(O野さん・地縛・はらっくさん)がM田君を囲みあれこれ聞いていると ”結構釣れたけどバラしも後半多かったです” と… 使っていたBスパークを見せてもらうと、二つ付いているフックが こ、この有様…(゜Д゜) もちろんフックはBスパークを購入しパッケージを開封したそのまま使っています ”ビギナーですからw” あげく ”このまま決勝戦でも投げ倒します^^” と、ふくよかな体型で屈託の無い満面の笑みを浮かべながら言っている… ”ビギナーですからw”

さすがにこの惨状を知って決勝戦にビギナーを送り込めるほど悪人では無いオッサン達 ”フック交換ちゃんとしてよ” と言うと、M田君少し恥ずかしげに ”換えのフックなんて持ってません、このまま行きます…” なんかちょっと涙が出そうになる ”偽善者のはらっくさん(>_<)” 偽善者じゃ無くてもこの惨状を知り、そのままビギナーを決勝戦に送り込むことはできないオッサン3人w はらっくさんがフックを提供、フック交換はO野さんが担当、Bスパークのフックセッティングは#8が良さそうで、我々であればクラッチフック#8で良いかなと思いましたが、換えの無い事とこの日の魚のサイズを考慮し ”ヴァンフック31-8” をセットしてあげました、PEラインのリーダーを見ると ”なんだかささくれている…” 地縛さんがちょっと引っぱると ”プツンッ” と切れた… あぶね~(゜Д゜) 地縛さんがリーダーを結び直してあげて準備万端、M田君頑張って!
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


そんな作業をしている最中、地縛霊が居るもんで自然とアッコちゃんの話しで場は盛り上がってくるw その時M田君がアッコちゃんをアッコちゃんと呼ばず ”あきこさん” と言った瞬間が有りました、するとそれまで和んでいた場にピーンと緊張感が走る、はらっくさんも ”あきこさん” と言う響きにもの凄い違和感を感じました、アッコちゃんの正式な名前を声に出しているだけなんですが ”アッコちゃん” ならまだ冗談で済む話しも ”あきこさん” だと、まるで巨人の星で謹厳実直な花形みつるが、星飛雄馬の姉星明子(後に花形みつると結婚)を呼んでいるようで、アッコちゃんでワイワイする中で急に敵対心が湧く展開w はらっくさんですら違和感を感じたワードに、もちろん地縛さんが反応しないわけも無く… 速攻で ”お前ちょと来いっ!” と事務所の裏で教育的指導を受けていたことは言う間でもありませんw
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V








勝戦は勝ち進んだ9名の選手で競われます^^ 釣り座はこの日ほぼ使われていなかった ”ドロヤナギ” でしたが、フレッシュエリアではありましたが まぁ~釣れないw
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


そんな超絶難しい状態でO堀さんが1尾目、2尾目を絞り出す^^
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


なんとかもう一方T柳さんも1尾捻り出しますが、その後だ~れも釣れませんw
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V




そんな中、M田君がやってくれましたよ!^^ フック交換の効果が出たんじゃ無いの? 偽善者やってて良かった…^^ と、喜んでいるのも束の間^^;
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


完全に口に掛かってますよ! とユビを指してアピールするM田君ですが…
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


死魚の口からフックを外すお笑い担当M田君… 生きてる魚釣ってくれ!(>o<)
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V





その後誰も釣れず後半ローテの終わりが着々と近付いてくる、見ているギャラリーは皆とある事が心配になってきました… ”このままだと、デコっている7人で準々優勝サドンデス戦になっちゃうよ” とw
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


ギャラリー達がそんな切ない不安を抱いていると… やってくれました、雨が降ろうが槍が降ろうが、サンバイザーが良く似合う男A木さんが1尾釣り上げ、最悪の事態を回避することができました^^ そしてタイムアップ
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V




優勝が決まった直後のO堀さんおめでとうございます^^ 背後には何かの霊が…
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


勝戦1尾の釣果だったお二人、T柳さんとA木さんで準優勝サドンデス戦を行いましたが…
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


A木さんが頭を傾げてしまうほど時間内に何も起こらず、最後はじゃんけんでT柳さんが勝ち決着が付きました^^
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V





この日T柳さんが準優勝となったことで、総合順位でもサドンデス戦が発生しT柳さんはサドンデス戦のダブルヘッダーに突入…w
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


釣れそうな東ワンドに移動して行い、何度かアタリは出ていたようですが、なかなか釣れず待ち時間が長い… ”あと3分で終わりにしますよ” となった直後A見さんが見事に釣られ、総合順位が確定いたしました^^
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V







表彰式が始まります ”第2回 東山湖グラチャンCUP第3戦(スミス杯)” の優勝はディスプラウトなO堀さんでしたおめでとうございます^^ 準優勝はT柳さんおめでとうございます^^ 準々優勝はA木さんおめでとうございます^^
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V





そして、栄えある ”第2回 東山湖グラチャンカップ” 総合優勝はK野さんおめでとうございます^^ 準優勝はA見さんおめでとうございます、準々優勝はT柳さんでした、皆さんおめでとうございます^^
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V

第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V





初めて参加した ”東山湖グラチャンカップ” 少々釣れなくても大好きな東山湖の釣りなので私的には問題は有りません、一回戦も勝てたしね^^。 それにしても、ほんとビックリするほどヤバいくらいに釣れず、プラに来た東山湖初心者の知り合いは、参加を見送ると言う出来事も… しかし、決して誤解しないでください、この釣れない状況の東山湖は10月~6月いっぱいまで9カ月有る営業期間の、営業終了間際のほんの一瞬の出来事であって、それ以外の時期に来さえすれば ”東海道エリア三聖地” の一つに挙げられる大爆釣エリアとなっています、一番最悪の時だけを切り取った釣果で評価を終結させないでください ”運営サイドに居た監督さんを嫌いになっても、東山湖は嫌いにならないでください!” w 来期はぜひ真冬の寒い時、もしくは3月下旬~4月の2週目頃を狙って是非遊びに来てみてください、東山湖が大好きになることは間違い有りません^^







アフターをやっていく人はあまり多くは居ませんでしたが、K館さん・O野さん・元祖と4人で何でもあり20分×2釣り座ローテ有りでドリンクマッチを開催^^ 優勝したディスプラウトなO堀さんがピコチャタで釣れていたのを確認するため、ピコチャタDRSSを投げていると確かに釣れます^^ 継続してピコチャタを投げ続けていると、直ぐに2尾目が掛かるも、まだ全然数を釣っていないのにラインブレイクでピコチャタをロストすると、お隣から ”毎度あり~” とハモった声が聞こえてきた、なんだかムカつくw
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V


中津川対岸攻略の新兵器、2.5gのデカメッシュでアフターを楽しむディスプラウトな亀さん^^
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V



一緒にドリンクマッチをしたメンバーの写真を撮り忘れましたが^^; ”0-2-0-0” と元祖がまさかのスプーンでリード、その後 ”1-2-1-1” となった、変動相場制ルールを採用しているため、このままだと3人で元祖に一本ずつ献上しないといけない羽目になりそう(゜Д゜) その後 ”2-2-1-1” ”2-2-1-2” とO野さん1人で3本献上することになりそうでしたが、ラスト1分前にO野さんが釣り上げ ”2-2-2-2” のドローで終了、久しぶりに元祖に献上しないといけなくなりそうでしたが… そうはさせません! ずっと専用自販機でいてくださいw
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯
第2回 東山湖グラチャンCUP 最終戦スミス杯 posted by (C)はらっく DSC-HX9V
Photo By んとく