はらっく傾奇者でござ候

管理釣り場メインではありますが、いろいろ書くので ”意にそぐわない方” は静かに御退室ねがいます。

ルビアス1003マグシールド購入

買っちゃいました^^ 午後から座間に行ける状況だったので、環七のキャスティングで購入してから座間へ行こうとキャスティングに行くと店頭に在庫無し、あげくメーカーにも在庫が無く入荷の予定も立たず…






そんなに売れてるんだ ルビアス1003マグシールド?






青戸のキャスティングにそのまま行こうかと思いましたが、おさえで梅島の上州屋へ寄ると、ショーケースの中に有ったので1000円ほど相場よりも高かったのですが迷わず購入(^_^)v

ラインをその場で巻いてもらってそのまま座間へ行くつもりなのでラインを物色、店員さんと話しているとマイクロスプーンに使うならこれが良いですよ、メチャクチャ飛びますよ、と言う事で…










[VARIVAS]スーパートラウトエリア マスターリミテッド [VSPフロロカーボン]









を使うことに。

勧められなくてもVARIVASのフロロを巻くつもりではいましたが、この新製品は兎に角細い細い細い、そして強くてしなやかだそうだ、店員さんが勧めてくれるならばとVSPフロロカーボンを選択した。



どの程度細いかは以下の通りです、本当に細いのに強い。

[VARIVAS]スーパートラウトエリア マスターリミテッド [プレミアム フロロカーボン]

0.4  1.5  0.104
0.5  2  0.117
0.6  2.5  0.128


[VARIVAS]スーパートラウトエリア マスターリミテッド [VSPフロロカーボン]

0.3  1.5  0.090
0.4    2  0.104
0.5  2.5  0.117



ね、細いでしょ。

同メーカー製の製品と比較して、同じポンド数でも一回り細く作られています。



で、ここは思いきって 「0.3  1.5  0.090」 1.5lbを巻いてみました^^;


支払いを済ませ、いざ座間養魚場へ向かう。到着は14時前で午後券を購入して入場、釣り座は奥の池の手前のインレット際、ファミマで買った肉まんを食べてから釣り開始です。

座間養魚場
座間養魚場 posted by (C)はらっく DSC-HX9V








早速 Super Under 0&ルビアスマグシールドを使用、スプーンはナムの0.9g…

Super Under 0のシナリを存分に利用してキャストすると、飛ぶは飛ぶはスッゲー飛距離! 今までこのサイズのルアーが池の中央まで飛ぶなんてあり得なかった、それが1.5lbの最新の極細ラインを使うと恐ろしい飛距離が出る、本当にびっくり。

で、ファーストキャストでいきなり釣れちゃいました^^;

これってタックルのおかげ??? いや偶然ですねw

座間養魚場
座間養魚場 posted by (C)はらっく DSC-HX9V








で、今日は釣果は二の次でと思っているので、釣果に関してザックリ書くと、ファーストキャストでいきなり釣れた後は、マイクロスプーンでポツポツと5尾ほど釣れ、NEWタックルを購入して大正解なんて思っていましたが、放流もなくしばらくダンマリ状態が続く、夕方になりまづめでも釣れないな〜と諦めていましたが、5時半近くになってようやく良い反応が始まり、ティアロで3連チャンを含むプチ爆を味わい、終わってみれば25尾という釣果でした、中盤は悶絶状態で厳しかった、周りも釣れていないかというとそうでもなく、上手い人はポツポツ飽きない程度に釣れていました。


と言うのが釣果の報告です。








今日は釣果よりも、本日初使用のロッド、リール、ラインの使用感を報告しようと思います。



ロッドは
ムカイ×ドライブ エアースティック AS-1602 Super Under 0

リールは
ダイワ ルビアス1003

ラインは
[VARIVAS]スーパートラウトエリア マスターリミテッド [VSPフロロカーボン]





▼リール

数日前にALOHAさんとアフロさんにNEWルビアスは良いよと聞いていたのですが、まさにその通りで非常に良い感じです、使い始めは少々巻き抵抗を感じましたが、徐々にスムーズに回転するようになってきました、これで23000円は実にお得ですね、プレッソ1003のマグシールドの発売を待ちたいとは思っていますが、なかなか発売されないようでしたらもう1台買っちゃうかもしれません^^;

私的な問題点としては、まずドラグ音が静かすぎる^^; これは新品なのでグリスがバッチリ利いているため、帰宅後グリスを拭き取り、音量を上げる小細工を行い解決w ギーギー♪

あとハンドルのストロークが長く、巻いている時の手首の動きが大きくなってしまい気になる、これは保有するルビアス2003で使用してるDLIVEのシングルハンドルを装着することで解決しました。

座間養魚場
座間養魚場 posted by (C)はらっく DSC-HX9V



▼ロッド

根本からふにゃふにゃのSuper Under 0ですが、これは俗に言う乗せのロッドなんでしょうね、掛けに行っても全体的に柔らかいため、掛けた感じがまったくせず、あ!乗った、と言う感じで釣れます、乗った瞬間というのは穂先がグイグイグイと絞り込まれる感じになり、そこに巻き合わせを入れるだけ、ルアーも軽い物を使用するためのロッドなのでビシッと掛けに行って、掛からないとルアーがすっ飛んで来ちゃいます、今までも巻き合わせは行っていましたが、より巻き合わせを意識して合わせていかないといろいろトラブルが発生しそうです、そのトラブルはライン編で。



▼ライン

ラインはVSPフロロカーボンの1.5lbを使用しましたが、細くて丈夫でしなやか、上手に使えば強力なアドバンテージを得られるラインなのですが、慣れない極細ラインに今日はてんてこ舞いでしたw

まず今日はスプールに巻きたての状態で釣りを行ったので、勝手にスプールからほどける事があり、気がつかずにキャストをするとラインがこんがらがる、これはま〜良くある事ですね。

ロッド編で書きましたが、ついつい掛けに行っちゃって掛からず、ルアーがすっ飛んでくることが今日は多々ありました、良く言えばラインが細く当たりが数多くで出ていたと思っていますが、釣り人に掛ける&乗せる腕が無くルアーがすっ飛んできて、極細ラインでなければさほどトラブルにはならないのですが、このラインは新品でまだクセが付いていなかったこともありますが、すっ飛んでくるとロッドやリールに見事に絡みつく、あまりにも細いので絡んだラインをほどくのが大変、そんなこんなで今日は4回もラインを切りました^^;

これは細いラインの宿命だとは思いますが、使い手が上手く使えるようにならないといけませんね、なんと言ってもマイクロスプーンが本当にカッ飛びます、今までにない飛距離を実現してくれます、マイクロスプーンが今まで届かなかった沖の表層をも射程圏内に納めることができます、超強力な武器になりますね。

さらに、細いがゆえにリトリーブ中にラインが見えない^^; 見えなくはないけれど非常に見えづらい、ラインで当たりを取るような釣りには向かないと思いますが、これは逆に魚からも見えづらいって事ですよね、まだ全然使い込んでいませんがもしかしたら当たりの数も多くなるのでは?と思っています。

今日現地で切ったライン^^;
座間養魚場
座間養魚場 posted by (C)はらっく DSC-HX9V







で、下手くそで軟弱者な自分は、1.5lbではきっと次も大変な釣りになりそうな気がしたので、帰りに2lbを購入して来ちゃいました、この2lbですがまだまだまだまだ全然細いんです、ちょっと不安ですが使いこなせるよう修行したいと思います。