はらっく傾奇者でござ候

管理釣り場メインではありますが、いろいろ書くので ”意にそぐわない方” は静かに御退室ねがいます。

台風上陸すそのフィッシングパークで管釣り部会

19日にすそのフィッシングパークで管釣り部会を行ってきました、台風4号ですか?日本に上陸をしましたがあえて静岡県のすそのフィッシングパークにしました、当初は初めてロデオフィッシュに行こうと思っていましたが、前日の天気予報ではなぜかすそのFPの方が雨風が弱い、なぜ台風に近いすそのFPの方が雨風が弱いのか信じがたい予報でしたが、素直に信じすそのFPに行き先を寝る前に急遽変更した次第です。

すそのFP入り口のマクドナルドで朝飯を食べ、すそのフィッシングパークに到着をしたのは7時50分ころ先客さんは車が5台程度でした、一日券4500円を支払い上池からスタート、一日券は8時〜21時です。

すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V

すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V



釣り座は上池の駐車場に有るトイレ側の角、水は変わりなく綺麗で水底の太い3本のパイプがくっきり良く見える、魚の量も多くサイズも大きいのが揃っているさすがすそのFPだ。

まずはいつものようにジキルの草色か投げてみると2投目であっさりヒットし朝一の活性は高いようだ、少々ドラグが緩かったので締め直しているとバレてしまった、ジキルを見るとノーマルのフックが捻れながら伸びている、ジキルの標準フックは結構丈夫な物が付いているのだが、いきなりフックを伸ばされ、逃がした魚はサイズも良いがかなりパワフルな魚のようだ実にすそのFPらしい。

その後反応が無くなったのでスプーンをローテせずスワンドライブに付いているワウを投げてみるとすぐに今日の1尾目をすぐにキャッチ成功。

すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V



3人並んで釣っていましたが、隣の2号がPEを切りまくっている短時間で3回もラインブレイク、普通そんなに切れないだろ?ラインが切れまくり気持ちもキレた2号はブツブツ言いながらPEをその場で巻き直していました、思い出せば一昨年来た時も1号2号揃ってラインをやたら切っていた記憶がある、なぜこの二人はすそのFPに来るとラインが切れるのだろうか?実は1号もこの日はラインが切れまくりで、掛かってはいるから切れるんだろうけれど切れすぎです、1号がこの日は一番ラインブレイクをしていて、一軍ルアーを相当すそのFPに置いてきています、1号曰く今日釣れないのは釣れるルアーが皆殉職してしまったからだそうですw

そんなこんなで上池で正午まで粘りました、過去2回上池で午前中のすべてを粘ったことはありませんでしたが、本日粘れたのは11時に行われた放流の放流狩りが結構釣れてくれておもしろかったからだと思います、放流はフォークリフトで行われ、放流前には飯塚さんでしたっけ?が上池横の生け簀に入って放流魚を集め、フォークリフトで受け付け横から放流します、気持ち少し離れているのですぐには効果が得られないかと思いましたが、ハイバースト1.6グラムのピンクをキャストすると沖で魚がハイバーストを咥えたのが見えた、当たりはガツンと出ずラインがすーっと横に流れる感じ+サイトで当たりを取って釣り上げました、しばらくこのピンクで釣れましたが、当たりが遠のくと派手なカラーでローテーションを行っていきます、そしてより遠く池の中央さらにその先から放流魚を捕るためにドーナの派手色の2グラムを使用し遠方からも放流を捕りました、これが人が少なかったのもありますがおもしろいように捕れる、2号とギーギーギーギー釣っちゃいました、1号はと言うと後から聞いたんですが放流が行われたことに気が付いていなかったらしく長いことスプーンをキャストしなかったようで、二人して釣っているのを不思議に思いながら見ていたとのことす、後半放流があったことに気が付き1号の目の前の沈む岩上でスプーンで釣れ始めたので、その溜まり場に2号と斜めにキャストすると3人で揃って2連チャン計6尾釣り上げました、1号が放流に気が付いていればその6尾は全て1号が釣っていた魚だったのでしょうw

上池フォークリフト放流
すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V

最初はハイバースト1.6ピンクが好調でした
すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V

ラインを巻き替え後格闘中



正午近くになりさすがに放流の反応も無くなったので食事にすることにしました、昼飯は何も考えなければ受け付けで買うカップラーメンになってしまいますが、どうせなら何か美味しい物でもとスマホで検索をしてトンカツ屋に行くことにしました、歩いてでも行けそうでしたが車でトンカツ屋に向かい約5分の所に有る「かつ榮(かつえい)裾野店」に到着、店選びの決め手は口コミにチェーン店の割りには美味しいと書いてあったからです。

接客された個室は広々としていて清潔感もありたいへん綺麗なお店です、昼時で地元のお客さんも結構入っています、メニューを見るとかなり良いお値段が提示されていて、所持金を見ると1500円しか無い^^; ほとんどの定食が1500円を超えている^^; 2号に借金をすることにして何を選ぼうか悩み選んだのは「熟成ロースカツ定食」実に美味しそうですが1550円します、ビールを頼むと2000を円超えます…

1号と自分はスタンダードに看板メニューの熟成ロースカツ定食の中サイズ1550円と生中、2号は数量限定メニューの八重チーズカツ定食1850円を頼みました。

カツを揚げている待ち時間中に小さなすり鉢が各自に手渡され、お好みの量のゴマを擂る、そこに甘口もしくは辛口のソースを入れてゴマ入りのソースを完成させて待つ仕組みとなっている、初めての体験でここぞとばかりにゴマをたくさん擂りソースもたっぷりと入れましたが、どこの田舎物なんだか食後にはたくさん余っていました、皆さんほどほどにしましょうw

トンカツがやって参りました、綺麗に盛られたトンカツとキャベツの山が食欲をそそります、ご飯とキャベツはおかわり自由です、なお味噌汁は豚汁と味噌汁を選べますが豚豚しくなるので自分は味噌汁にしました、お味の方は見た目通り美味しく値段分の品質が充分有りました、2号の八重チーズカツですが、チーズ好きな自分としては非常に気になるところ、と言うことでAKBで言えば前田敦子同様お互いのカツのセンター同士の交換を行いw 一切れ八重チーズカツを食べてみましたが、これがまたチーズとカツのハーモニーが非常にジューシーで美味しい一品でした、このカツは薄い肉をミルフィーユ状に加工してあるのでふんわり柔らかく歯ごたえを求める人向きでは有りませんが美味しいことに違いはありません、次回はコレにしようと思っています。

かつ榮(かつえい)裾野店
すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V

すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V

どんだけゴマ擂るんだ
すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V

擂ったゴマにソースを入れます味はお好みで
すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V

熟成ロースカツ定食の中サイズ1550円
すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V

すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V



ゆっくり1時間食事をして午後の部に突入です、台風の気配はまったく有りません風もほぼ無風で軽量スプーンでの釣りも問題なく可能ですが、ほとんどクランクをキャストしていました、午前中の釣果は20尾ほどだったので合格点の30尾はほぼ間違いなくクリアー出来るでしょう、受け付けに預けていたタックルを持ち下池に向かう、その途中ストリームエリアの川で試しに釣ってみようかと言うことになり、初めて川エリアで釣ることに、とりあえずスプーン用ロッドに付いていたナム0.9の茶緑をキャストするとなんだか入れ食い状態、木がかりに気をつけてキャストし表層を引いてくると目の前でチェイスが見えヒットする…





これはおもしろい





川は何段階かに堰き止められているので、ルアーが見切られて当たりが遠のいたら次のエリアに行けばまた入れ食いです、ここでルアーのローテをしていれば延々と釣れてしまいそうな勢いを感じましたが20尾程度釣って楽しんだところでそろそろ本番に行こうかと川エリアを後にして下池に向かいました、ちなみにここでの釣果はノーカウントです。

下池は台風接近もありお客さんの数が少なかったので空いていましたが、そんな中竹藪側しか空いていなかったので竹藪側に入りました、こちら側というかすそのFP全体ですが隣の工場にトラックが駐車していて排気ガス臭いことが多く遊びに来ることが敬遠がちになっているのですが、この日は風向きなのか工場の回転が緩かったのかほとんど大型トラックの排気ガスの臭いがせず気持ちよく遊ぶこととが出来ました、常にこうで有れば毎年来たいと思うのですが、きっと次回来た時は排気ガスで気持ちが悪くなるのだと思います^^;

この後は大雨のため写真を撮れませんでした
すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V



下池も水は超クリアで偏光グラス越しに水底がくっきりと見えます、魚も豊富で大きいのが揃っています、スプーンには相変わらず反応が薄かったのでクランクで釣っていきましたが、高活性とは行かず苦戦しました、薄曇りで気温も高くなく環境的には良いように思えるんですが人の感覚とお魚の感覚は違いますね。

午前中からパラパラと雨は降ったりやんだりしていましたが、台風の更なる接近で雨がだいぶ本降りになってきました、ただ風はなぜかほとんど無いのでカッパさえ着ていれば問題なく釣りが出来ます、下池の通路側が空いたので移動しました、こちら側での釣りは初めてです他のお客さんは結構釣っていたので釣れると思って移動しましたがパターンがはまらず苦戦^^;

ビールもまわり思っていたほど釣れなかったのでベンチに座りながらヤケ気味にワウをキャストすると直ぐに2連チャンで釣れました、なんだか立ち上がるのが面倒だったので座ったまま取り込み、足を使ってネットを近づけフックを外して魚をリリースしました、なんだか楽ちんだこれw

その後も座ったままへの字やニョロをキャストすると釣れました、座って釣れば釣れるんだとかバカなことを考えていましたが、やはり当たりがしばらくすると止まってしまったので移動、結局また竹藪側に戻って釣りましたが当たりがない…

こまった… こんな時は棒だと思い^^; ピンクの棒を使い始めるとやはり棒ちゃん釣れますね、入れ食いではありませんがさっきまでに比べると釣れてくれるので眠気も覚めます、きっとセニョールでぐるぐるしたらもっと釣れるのだろうとは思いましたがやめておきました。

その後棒タイムは終了しワウで当たり始め、ココニョロ俺カラで連チャンが始まりました、活性が上がってきたようです向かい側にいる2号も調子よくヒットしています、ふと1号はどこなのか池を見渡しましたが居ません、きっと上池に逃げたのでしょう。

時間は雨が酷いので見るとスマホが濡れちゃうので見ていませんが、おそらく18時頃2号が上池に移動しました、ひとりで下池にいるのもなんなんで上池に移動、移動途中川エリアでちょっと釣ってみるとやはり入れ食い、ここなら小さい子でも確実に釣ることができますね、サイズは管釣りトーナメントサイズですが大人でも楽しめるエリアです、キャスト時に対岸の樹木には気をつけましょう。

上池に来ました、お客さんは我々3人だけで後から聞くと1号が上池に来てすぐに我々以外のお客さんが帰ったそうです、雨はザーザー降りなんですがなぜか風が弱く帰ろうという気にはならない、経営者サイドからすれば迷惑なお客さんでしょうね台風大接近の日に21時まで糞雨の中釣り続ける奴らって^^;

とりあえずスワンドライブに付けてある下池で調子の良かった俺カラニョロのあっチャンをキャストすると直ぐに釣れた、そして連発する上池はこんなに状態が良いのか、夕まづめでもあるし雨でより活性が上がっているのだろう、1号2号共に調子よく釣っている。

しばらくすると当たりが遠のき受け付けの反対側の崖側に移動、少し釣れたが活性は下がり始めたようだ、と言うか暗くてルアーの交換を頻繁に行いたくないのでスレたのでしょうw

2号がライントラブルで受け付けの明るいところで直している、その間に1尾釣ってこれを上がり鱒にしようと1号のそばに行きそろそろ帰るかと打診し、2号が戻ってきて帰ろうと言うとタックルをせっかく直したのでもう少しと言うことになり3尾釣ったら帰ることに、その間に自分も2尾釣り上げて本日の投了となりました、この頃になると風もかなり強くなってきています。



本日の釣果は55尾でした、放流狩りと17時頃からの夕まづめの高活性で一気に数字を伸ばすことが出来ました。

帰り支度は下池の休憩所に車をお尻から着けて、休憩所で各自着替えたりしましたが、自分はGORE-TEXの上下でバッチリと防水対策をしていましたが背中がびっしょりと濡れていましたどこから漏れてこんなに濡れたんだ?1号は翌日会社で会って聞いたところ携帯電話がびっしょり濡れて壊れていたそうですw

そして帰り道の東名高速はかなりスリリングな状態で、水溜まりの上を走るとザバーっと大きな音がしてハンドルを取られ減速をし怖いw 追い越し車線を100キロでトラックを抜きにかかると、ウォータースクリーンが風で煽られフロントガラスを覆い前が全く見えなくなる怖いw ここで減速を少しでもするとずっとウォータースクリーンの中に長時間居ることになり全く前が見えない状態になりさらに危険度が急上昇、そんな時は頭の中に記憶している前方の道をイメージしながらアクセルを踏み込むとウォータースクリーンの中から抜け出すことが出来る、それにしてもスリリングな帰路でした3人でギャーギャー騒ぎながら100キロ走行で帰宅しました、普段より○いスピードですが3倍疲れました、が眠気が襲ってくることは有りませんでしたwww


今年の漁獲高 1092尾+55尾=1147尾 釣行回数25回



下池と駐車場の間の川にこれからの季節ホタルが大量に発生するそうです、いつまでも綺麗な水を保存したいですね、ちなみに綺麗な水が故にブヨがいます刺されると大きく腫れて痛いので、乾きの良い長袖長ズボンで行くことをおすすめします、今回は1号がブヨにやられていました
すそのフィッシングパーク
すそのフィッシングパーク posted by (C)はらっく DSC-HX9V