はらっく傾奇者でござ候

管理釣り場メインではありますが、いろいろ書くので ”意にそぐわない方” は静かに御退室ねがいます。

第1回水戸南カップでお久しぶりの ”優勝” (^O^)v

釣行日は2019年(平成31年【仮】)1月27日(日)です。

Fishing No.2019-005



この日は大芦でOFCカップ第2戦も開催されていましたが、一月以上前にノマディックコードなK藤さんから ”第1回水戸南カップ” のお誘いを受けており、昨年エキスパ戦のプラで初めて出場したOFCカップ、参加回数もまだ少なく特に強い拘りも無かったので^^; 優先順位は ”先に声を掛けられた方” と言う社会での大事なルールに従い ”初エリア” での大会を楽しんで参りました^^ いざエントリーを行い大会当日が近づいて来て翌々考えてみると ”知り合いがあまり居ないな~” と言う大きな不安に襲われました…^^; また、前日が休みだったので初場所と言う事も有り ”前プラ” に入ろうか? とも思いましたが、水戸方面って安い宿(6000円未満)が少なく、適当な宿が見つけられず前プラは諦めました、ぶっつけ本番でGo-!^^




水戸南フィッシングエリア、池は6つ有り4・5・6号池がトラウトエリアで、大会は少し小ぶりな4号池で行われました^^
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V


ひとりぼっちになるのは嫌だな… 話せる人もあまり居ないのかな… と言う不安は、水戸南FA到着間近のコンビニの段階で解消されていました(K原さん道案内ありがとぅ^^) 駐車場にはキングの大会の常連さんが多くOFCカップを回避しw 第1回水戸南カップに参戦されていました^^ 朝一番、駐車場に駐まっていた多くの車は、ほぼ大会参加者の車ばかり
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V


知ってる知ってる^^
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V


知ってる知ってる^^
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V


知ってる知ってる^^ サウリブさんは物販もされており、ASNカップが有るからか? シャースの売れ行きが良かったそうです^^
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V


知ってる知ってる^^
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V






抽選を済ませ
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V


総勢40名の出場選手が集まり開会式が行われました。 主催は水戸南FAさんなので、水戸南FAのスタッフさんがルールや注意事項を説明します^^ あとで教えてもらいましたが、メタルバイブなどのリップ無しのボトムルアーは禁止、はらっくさんは超投げる気満点で、一回戦の時かなり危ない状態でした^^; ルール説明は静かにちゃんと聞きましょうw なお、当初の定員は30名だったらしいのですが、ノマコーなK藤さんがダメ元でアチコチ多方面に声を掛けていたら、断られる人が少なくw 定員を10名増やし40名に増員、更にはキャン待ちも出る人気ぶり^^ 
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V


大会を行う4号池。池の中央に放水管が複数有ります、釣り座によっては目の前に放水管が有りキャストの妨げや、ランディング時に巻かれないよう細心の注意が必要です… それよりも何よりも釣り座による ”高活性魚の居付き場所のムラ” が大きいので ”釣り座抽選” には精神を集中し命を懸ける覚悟が必要ですw
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V





放流が入り10分ほど馴染ませ、一回戦前半組のタイマン勝負が始まります!^^ なお、帰り際にスタッフさんから聞いた話しでは、寒い時期ですが湧き水を使用しているらしく、水温が高いため藻の繁殖が旺盛、この大会のために結構前から池のコンディション調整、そして良く釣れるように放流量も多くしてくれていたそうです、また当日も軽トラ放流が一回戦前後半、二回戦前後半と4回も行われる ”大盤振る舞い” まだ一回目と言う事で手探りなのかもしれませんが ”お客さんを喜ばせよう” ”大会を成功させよう” と言う企業努力には遊ばせてもらう身としても頭が下がります^^
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V




一回戦前半組のスタートです^^ 釣り座はこちら側と(はらっくさんはこちら側の後半組、写真の一番手前の釣り座で)
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V


あちら側で行われ、そっち側が深いエリアで魚が溜まることが多いそうです
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V




一回戦を審判し合ったのはI嵐君、大会初参加だったかな? 頑張って!^^
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V


I嵐君の対戦相手は仲の良い友人だそうで、いきなり身内同士の潰し合いとはなんとも運が悪いけれど、気は楽ですかね^^
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V




水深が浅く、魚が溜まりづらいこちら側の釣り座で、調子がよく見えたのはS谷さんでした^^
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V


お祭り連発でちょっと気持ちが萎えていたK田君^^;
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V





対岸は釣り座の目の前に、最深部から一気に駆け上がるブレイクラインが有り、最深部+ブレイクラインと言う事で魚が溜まりやすく、審判をしながら見ていて明らかに ”釣れ釣れ” に見えていました^^
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V


なお、ノマコーなK藤さんが釣っていたそっち側の左端の釣り座の後半組 ”FATTなF田さん vs ノマコーなH田さん” の試合では ”33-26(数値は正確ではありません^^;)” とか言うとんでもない乱打戦が繰り広げられる程の、もの凄く釣れる釣り座が存在します^^
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V






一回戦前半組の試合が終了しました、後半組はらっくさんの試合が始まります^^

写真は無いので文字だけで行きます^^; 同釣り座前半組の釣果は一桁の中盤で勝負が決まった、嫌に釣れない釣り座を引いちゃったな~(>_<) 釣れない釣り座はまだしも… 対戦相手は先日ジョイバレーで行われた地方予選でエキスパを決めたN村奥様^^; よりによってピッチピチ獲れたてのトラキン・エキスパート選手とぶち当たるなんて運が悪い(>_<) ちょうど目の前が放流ポイントなんですが、前半組の感じからすると放流ポイントは浅いため、直ぐに大半の魚はディープの有る対岸の釣り座方面に散っていくようなので、足下は捨てて ”遠洋漁業” を心掛け試合開始となりました^^ 放流ファーストはいつもどおりドナ2のFS01で入る、しばらく当たりは無いんだろうな~と思いながら、一応少しでも魚を寄せてやろうと、差ほど深くないボトムに着底させ、すかさず4回ほどロッドを大きく煽ってからのリトリーブ開始… すると直ぐに良い当たりが有り、いきなりの3連チャンだか4連チャン^^ おいおい前半組とは大違いじゃ無いかいな!w N村奥様ももちろん好釣で横並び^^; とにかく目の前の沖の放流ポイントに、前半組と違い放流魚が留まってくれているようなので、時間と共に対岸のディープエリアに散っていくだろうから、その前に釣れるだけ釣ろうとレンジは中層~ボトムの間を絶妙に刻みながら、特にロッドを手前に振る誘いには素直に反応してくれる魚が多く、二回転に一回ほど誘いを入れながらリトリーブをしていると、誘った瞬間が当たりになりその当たりはまず抜けること無くフッキングしてくれる、要はもの凄く素直なアグレッシブな放流魚で、どこぞの某キングフィッシャーの放流魚のようなw 横から咥えるフワッとショートバイトな当たりや、掛かると跳ねる様な事もほぼ無く釣り易い^^ また、最近お気に入りの耐久性を無視した ”放流魚を細軸で狩る” と言うのも良かったのかもしれません、しばらく ”NO!ハニカムフック” な放流で行くつもりです^^ 前半戦はらっくさんのバラシは1尾だけ、N村奥様はもう少しバラしていたので、その分はらっくさんが先行出来14尾と言う釣果でした^^

水戸南カップ釣れ釣れじゃ~ん!(^O^)




後半ローテ開始です。

3尾差くらい有ったのかな? 大コケしなければ勝てるかな? なんて思っていたら… もちろん甘く、N村奥様は ”場所場所” と言ってましたが、後半にしてはまぁまぁな連チャン込みで釣られてしまい ”16-17” で逆転負け(>_<) 敗因は ”色を落とした” ”シルエットを落とした” 要は弱気になったことが敗因で、ヒットポイントが中央よりも対岸寄りなのに、エステルも入れていないはらっくさんがHunt09を投げていたらダメですよね、ましてや魚のレンジは中層より下なのに、09をちょうど良いレンジで引くには技量不足^^; ”場所場所” と言っていたN村奥様もなんだかんだ、差し込んでくる中活性魚をじっくり待ち続けての結果、はらっくさんも重めのメッキ系を大遠投をして、差し込んでくる中活性魚をじっくりと待つべきだったんだと思います、はぁ~あ… 水戸まで来て一回戦負けか~、1尾差は悔しすぎるな~(´д`) と結構凹んでしまいました。。。
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V 







一回戦も勝てない負け犬・ド下手くそ達への救済措置 ”敗者復活戦” が行われますw


それまで釣っていたこちら岸の負け犬10名と、あちら岸の負け犬10名に別れ、それぞれの岸で2名ずつ計4名が救済されます、救済確率1/5・20%の狭き門です(´д`) 正直勝てる気は全くしていませんでした… 敗復スタート、さっそく経験を生かそうと強気のスプーンでとりあえず攻めるも、入った釣り座では経験を生かすことは出来ず… するとお隣さんが早々とスプーンで1尾・クランクで1尾釣り上げ大きくリード ”ええのぉ~(´Д`)” さらに他の方も釣れ出しはじめ、はらっくさん大ピ~~ンチ(>_<) 見ているとN村旦那様が得意の伝家の宝刀クラピーで釣っている(カラーは一網打尽なのか?)、放流無しの敗復をスプーンで釣り勝てるほどの技量も度胸も無いはらっくさんw すかさずクランクを投入、使用したのは先日出場した冬の陣でレジェンドやFATTなF田さんが調子よく釣っていた ”美鬼のつぶあんF” 正直な話し ”美鬼” も ”神楽” も持っているけれど、あまりはらっくさんには優しくしてくれず、信頼度は ”低” なんですがw でもまぁ ”釣れてる人のマネをする!” は釣りが上手になったり、勝負に勝つための近道なのは間違いない… なにぶんこのエリアは初めての釣り場なので、何が釣り易いのかはまったく分からない^^; な・ら・ば… ”釣れている人の釣りの想い出フィッシング” は何時いかなる時もはらっくさんの常套手段です、もちろん ”ただ釣れている人” では無く ”実績の有る釣れている人のマネ” で有れば再現できる確率は寄り高くなる、どうせマネをするなら ”大して上手では無い人が釣っている釣り方よりも” ”実績の高い上手い人の釣れる釣り方” をマネするのが賢い選択ですw すると… 結構手前で1尾釣れ、そのまま2尾目を狙い続けていると釣れましたが、スプリットリングにラインが通ってしまい、残り時間はわずか直している時間がもったいないので、美鬼を諦めデスメロンに変更するも1バイトのみ… タイムアップが刻一刻と迫ってきている、背後から ”あと1尾で並びますよ!” と声が掛かるも、何をどうするのが良いのか? 初場所は困った時にどうして良いのか本当に困る^^; そこで使用したのは ”ザッガーB1・トッピングフード” 敗復前そのロッドには黒ボールが装着されていましたが、ノマコーなK藤さんから ”はらさん、リップ無しのボトムは違反だよ~” と言われ、正直困ったら真険に黒ボールを投げる気満々だったので危なかったw で、ザッガーB1ですがとりあえずの一投目、半回転デジ巻きで当たりを待っていると、ラインが走る良い当たりが出て待望の3尾目敗復トップタイに並ぶことが出来ちゃいました、ラッキー^^ あと1尾… あと1尾釣れれば敗復を勝ち上がれるんですが、ボトムがそれほど強くなく1尾がやっと… そしてタイムアップとなり集計をすると、やはり3尾がトップで4名横並びとなっていたので、釣り座を釣り易い釣り座に移動し ”1尾早掛け2/4抜け” のサドンデス戦が行われます。

お相手はN村旦那様と一回戦で審判をしたI嵐君ともうお一方、釣り座は直ぐに決着の付きやすい、一回戦・敗復で使っていない釣り座で行われる、釣り座入場順はじゃんけんの結果3番目… より中活性が多く残って居るであろうディープ側の釣り座からもちろん埋まっていきました、この展開は一投で釣らないと負けるのは十分承知しています、となると狙うべきは中活性、こういう場合一投で確実に釣り上げるにはスプーン一択となります、ウエイトは?カラーは? となると、適度なアピールと食いやすさを重視するのであれば、はらっくさんの場合 ”ノア18 or 15 一択” となり、カラーはどうするか? ノブカラー(金黒)を最初選びましたが、大会経験は浅いですが地元のI嵐君との一回戦の時に話し聞いた事、そしてすぐお隣で待機する、そのI嵐君の装着しているスプーンのカラーを見ると ”グリメタ系” の重めのスプーンがセットされていた ”水戸南はグリーン系が効く” と言う話しを思い出し、直ぐさまノア ”18グリメタ/腹黒” に付け替えてスタンバイ完了、敗者復活戦のサドンデス2/4上がりスタートです^^ するとI嵐君が一投目で釣り上げ二回戦進出決定! あと一人は誰だ? するとN村旦那様がクラピー?で掛け ”終わった~(>_<)” と思っていると、ネット前ポロリで命拾い^^ はらっくさん一投目も二投目も当たりは無くクランクかな~? と思いながら、沖のボトムから巻き上げるノア18グリメタに待望のバイト、基本活性の高い魚は素直ですが、やはり徐々に当たりが小さくなってきており、荒川3号+フロロでガッツリと合わせ ”バレるな~、バレるな~” とドキドキしながら巻き寄せて無事ネットインに成功、やりました!^^ どうにか二回戦へコマを進めることが出来ました\(^_^)/

いや~それにしてもこのヒリヒリ感が堪りませんね^^








敗復上がりの二回戦スタート! またまた写真が有りません^^;


放流有りのタイマン勝負、釣り座は軽トラで放流する側の釣り座で前後半組に分かれて行われ、はらっくさんは前半組でほぼ中央の釣り座、左に行けば行くほど水深が深くなり高活性魚が溜まりやすくなっています。 前半ローテいつもどおりドナ2FS01で入るも、これを大ハズしして釣果は3尾(>_<) 対戦相手の方もそれほど良くは有りませんでしたが、6尾まで釣果を伸ばしていた、この難しい感じの釣り座で3尾差は実に厳しい^^; 後半ローテとりあえずスプーンで探るも時間だけが過ぎていく… 救いは相手の方も釣れておらず差は広がっていない^^ 残り時間が5分を切り負けを覚悟、相手の方はきっと勝ったと思っていたと思います、この状況で3尾差… いや後半相手の方が1尾追加し4尾差になっていたのかな?^^; その4尾差を詰められる嵌まる釣り方のイメージが何も湧いてこない… そもそもはらっくさんがこの難しい状況の中、スプーンで嵌められる程の技量が無いのは誰もが知る所w となればクランクかボトムと言うことになり、まずは先ほど釣れた ”ザッガーB1・トッピングフード” を投入すると1尾直ぐに釣れ ”4-7” しかし1尾でボトムは沈黙し残り時間は僅か… 次に ”つぶあんFの美鬼” を投入、着水後グルグル巻いて潜らせず、竿先を水に突っ込み浮いてるPEラインがジワジワ沈んでいく程度の巻き速度のレンジを引くと、これがまさかの ”大当たり” で2連発、この時点でスコアーを勘違いしていて追いついたかな? と思っていて、もう1尾釣れれば勝ちだ! と思って投げた3投目で3連発を達成し ”勝った!” と思っていたら、終了一分前 ”このままだとサドンになります” と審判からのコール、つぶあん美鬼でもう1尾か厳しいな… とそのままサドンに突入、他に換えるか? このままつぶあんFの美鬼で推すか? と悩むも、ルアー交換中に釣られたくなかったので、そのままつぶあん美鬼を続投させ、気持ちレンジを下げ気味に巻いていた所で勝負を決める1尾が掛かり、無事ネットイン出来二回戦を勝ち上がることが出来ました\(^_^)/


いや~、一回戦、敗復、敗復サドン、二回戦、二回戦サドンとヒヤヒヤする展開の連続、そして一人釣る時間が長いこと長いことw 大会に来て長い時間釣る事ができるというのは幸せなことですかね、すっげ~楽しいです(*^_^*)

つぶあんF美鬼様様な二回戦でした^^ これって確かNSNさんに貰ったんだったかな?w
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V






前半組で勝ててさせしまえば、後半組の審判業務は楽しく勤めることが出来ます^^ 二回戦で審判をしたのは一回戦と同様I嵐君でした、対戦相手はteru君(左)でキングなんかでも見かけ顔は知っていますが名字を知りませんw (S藤君のようです^^) この二人がまたまた身内のようで、teru君が ”先生” ”師匠” でI嵐君が ”奴隷?” ”ぱしり?” の関係らしくw 普段からteru君にエリアを教わっているそう、そんな師弟関係の有る二人の初対決、もちろん師匠が勝って当たり前ですが、どこまでI嵐君が日頃の成果を魅せられるのか? 頑張れ!I嵐^^
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V




二回戦後半組の試合が始まります
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V




うーん… 師弟対決は師匠の圧勝劇でしたw 前半ローテteru君の放流狩りがもの凄く嵌まり、先ほどまでほぼ同じ釣り座で釣っていたはらっくさんとしても、え!そんなに魚居たっけ??? と驚くほどの連チャンで釣果を伸ばしている、周囲も釣れているなら、後半組の時は高活性魚が居残ったり多く差し込んできているんだろう? と思いますが、両隣の選手は長い沈黙が続いている、沖の魚も上手く嵌めて釣っていましたが、手前の非常に浅いエリアに残っている中活性魚を上手に絡め取る釣りが見事に嵌まり、その釣り方の肝は ”巻きながらのシェイク” による誘いが、かなり有効な手段となりシェイクを入れた後に何度もヒットしていました^^
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V



前半ローテが終わって ”3-14” なんてとんでもない大差を付けられたI嵐君、正直このスコアーだと心が折れ腐ってしまい、巻きも動揺で安定しないのが普通ですが、I嵐君の心はまぁまぁ強く頑丈なよう^^ 後半ローテは前半3尾だったのが嘘のようにスプーンで嵌め8尾釣り、トータル ”11-17” と かなり追い上げましたが、前半の差が大きすぎ師匠teru君にはやはり敵いませんでした、しかし後半は十分魅せ場が有ったので、今後も師匠の釣りをパクって頑張ってください^^ そうそう、I嵐君のおぼつかないネットインは練習が必須だと、見ていて思いました^^
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V





第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V









二回戦が終了しました。 三回戦も頑張るぞ! なんて思っていたら、三回戦は12人による決勝戦でした、決勝戦に勝ち進んだ12名の方々です^^ はらっくさんは、1負け・敗復・敗復サドン・二回戦・二回戦サドンとギリギリの所で残っての決勝戦進出、釣りをする時間も長いし嬉しいです^^
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V
Photo By KONDOU




勝戦は二回戦と同じ釣り座で行われ、前半・後半で6人ずつ左右ローテをする数釣り勝負… となると、この日初めて水戸南FA4号池で釣りをしてみて、4号池の特徴として放流魚にしかり、残存の中活性魚の多くは写真の右手前側の釣り座方面に多く溜まります、ですので写真の手前から釣り座番号は1番なので、釣り座抽選で ”A-1” を引いた選手が最も優勝に近づくことが出来ます、まだ ”A-1” は残っている、はらっくさんは後の方で抽選を引きましたが、まだ引いていなかったADBなK上さんが ”俺が1番引くから!” と豪語していましたが… あれ? あれれ? 右手前に写っているのは…
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V
Photo By KONDOU


















そうです、はらっくさんが ”A-1” の釣り座抽選を引いちゃいました\(^_^)/


いざ当たりくじを引けた物の、ここでコケるような釣りをしたらいい笑いものです^^; エリアトーナメントは大なり小なり釣り座運はつきまとう物で、誰しもがその運に一喜一憂しています、せっかく掴んだ ”一喜” のチャンス、誰かしらが必ず掴む絶好のチャンスが、この日はらっくさんの手元に舞い込んできました^^ このチャンスを逃すわけにも行かないですし、わざわざ逃す必要も無いので、釣り易いなら全力で釣れるだけ釣りきるつもりで挑むことに、正直な話し後半ローテでこの釣り座に入った人に逆転されるようなことが有っては… とビクビクもしていました^^; 念には念をと言う事で、一回戦も二回戦もこの釣り座で釣り、珍しく二回戦で負けてしまったFATTなF田さんから情報収集をすると、二回戦は ”エスクローザー” だったかな?(違うかも^^;) 硬めのロッドにエステルラインを使えば取れる魚が、そのセッティングが無く取れずに負けた… と言う話しを聞け、その内容を分析すると、要は… ”硬めのロッドに伸びない高感度ラインを使えば、沖目のショートバイトを掛けて取れたのにな~、クソー” と言う事をF田さんは言っていたと思うので、はらっくさんがこの日持ち込んでいるタックルは ”荒川2号+フロロを2本” ”荒川3号+フロロ” ”荒川4号+フロロとPEで2本” ”がまがま+PE” と言うラインナップ、掛けロッドの代名詞 ”荒川2号と3号” が有るので^^ 迷わず荒川3号+フロロにノア18のメッキ残しのカラーローテで挑むことにしてみました、この当たり釣り座どんだけ当たりなんだ?行くぞ! と大遠投からのボトムからの巻き上げを試してみると…

写真を見ての通り、放流ラウンドでも無いのに終始顔がニヤつくほどw 最初はノア18ノブ色(金黒)、ノア18グリメタ/腹黒、ノア18UVフラッシュで都合10尾釣れ、ラスト2分を切ったところで、ソフィア12の白黒を入れ11尾目を釣り前半ローテを終了^^ 周囲がそれほど釣れていない中、予定通り… うわさ通りの好釣果を上げられちゃうと、そう言う好シナリオに慣れないド庶民は、ついつい ”半笑い” になっちゃいますよねw 半笑いで思い出すのは、昨年のエキスパート醒ヶ井戦の二回戦で、トリプルマイスターS乙女さんに前半ローテの中盤過ぎまで大きくリードしていた時も ”半笑い” で釣っていたな~w 結果はトリプルマイスター相手に半笑いじゃ… もちろん逆転で負けましたwww
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V
Photo By KONDOU




後半ローテは池の中央辺り、二回戦で放流を大ハズしした釣り座^^; 気になるのは後半ローテに ”A-1” 釣り座に入った人の釣果ですが、気にしすぎていても仕方が無いのでスコアーを伸ばすことに専念。 前半この辺の釣り座で釣っていた方々は、クランクを多く使っていたように見えていたので、最初からこの日大当たりの ”つぶあんF・美鬼” を投入、1尾は釣れると思っていましたが… 皆さん ”つぶあんF・美鬼” が釣れる事を知っているw 既に収穫が終わった後のようで、はらっくさんの収穫分はもう残っていませんでした^^; つぶあんFのカラーローテは行わず、多少なりともこの日実績の有る ”ザッガーB1・トッピングフード” を投入、3分割デジや半回転デジで様子を見るも何も無し^^; ダメかな? と最後にNDなI上さんほどの細かく速いデジ巻きでは有りませんが、気持ち早めの細かいデジ巻きで様子を見ると2尾釣れた^^ その後は何も起こらず、次は何をしよう? 周囲の方もクランクを巻いているけれどほとんど釣れていない^^; 放流量と池の大きさを考えると間違いなく魚影は濃い状態、ならば… っと ”ダブルクラッチ65F・トッピングフード” を使用しリアクションで口を使わせようと、大遠投からの ”パラレルジャーク風ジャーク” で、ロッドを煽る幅や角度を変えながら誘ってみましたが何も無し… レンジがもう少し下かな? と思い、キャスト後PEラインが潜るまで巻き、両膝立ちになり竿先を70cmほど水に突っ込み、再び細かめのデジ巻きアクションを加え誘っていると1尾釣れ^^ もう1尾掛かりましたが水面から跳ねられバレてしまい^^; その後は何も無く決勝戦が終了しました^^












ドゥルルルルルルルルルルル~♪




第1回水戸南カップの表彰台はこの方々でした。 優勝は ”はらっくさん” で釣果14尾 ”やった~!(^O^)” おめでとうございます^^ やりました!第四回KFPカップ優勝以来通算二度目の優勝^^ ここの所ずっと調子が良く、ドットコム足柄戦とZカップで優勝サドンを逃し準優勝が続いていましたが、ようやく ”てっぺん” の順番が巡って参りました^^ 準優勝はteru君で10尾だったかな? おめでとうございます^^ 準々優勝はADBなK上さんで、3位4位サドンで釣り勝っての準々優勝です、おめでとうございます^^
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V
Photo By HIRATA


水戸南カップの優勝盾はとにかくデカイ!w
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V
Photo By KURIHARA








以上で第1回水戸南カップ大会参戦記は終了です^^ 初場所ぶっつけ本番大会でまさか優勝!できるとは思っていませんでした^^ そもそも1回戦で一度負けてますしねw 一回戦負け・敗復・敗復サドン・二回戦・二回戦サドンとギリギリのギリギリを這い上がり、決勝戦では最良の釣り座を確保できると言う幸運^^ 優勝する時はこんなもんなんですかね?^^ 次のラッキーはいつになるのかな~? 引き続き大会メインで管釣りを楽しんでいこうと思います^^ また、水戸南カップは第1回目とまだまだこれからの大会、参加選手層は正直キングやOFCのような分厚さは有りません^^; が、それは逆に初めてのトーナメント参加を考えている方や、大会ビギナーの方にはうってつけの大会なのかもしれません、初めて大会に出てみたいと思っている方は、次回は4月くらいを予定されているようなので、思い切って参加してみるのは有りだと思います(^-^)









水戸南フィッシングエリアは ”新規開拓” エリアでも有るので、少々設備の写真を貼っておきます、受け付けには券売機が有り
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V


この券売機でカップラーメンの券も購入できたりします
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V


右側がトイレで、左側が休憩所、カップラーメンのチケットは休憩所でカップラーメンと交換できるそうです^^
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V




受け付けの近くはバスエリアで
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

大小三つのバス池が有ります
第1回水戸南カップ
第1回水戸南カップ posted by (C)はらっく DSC-HX9V