はらっく傾奇者でござ候

管理釣り場メインではありますが、いろいろ書くので ”意にそぐわない方” は静かに御退室ねがいます。

大芦川F&Cフィールドビレッジに、初参戦で初共演?

二週間連続で台風が上陸した日本列島、そんんん〜な日くらいは管釣りに行かなくたって良いだろうとも思いますが、行ってきました久しぶりの新規開拓エリア「大芦川F&Cフィールドビレッジ」さん^^

大芦川沿いの少し先にあるレイクウッドは大好きで、過去何度も遊びに行っていますが、大芦川は今回が初です、大芦川さんに寄りつかなかった理由としては、釣り大会をよく行っている管理釣り場さんなので、上手い人が大挙して居てピリピリした感じなのかな?と完全にバカな思い込みだけで今まで素通りしていましたが、結果から言うと全くの勘違いで、レイクウッド並みのGOODロケーションで池のサイズはレイクウッドには及ばないも、超クリアーウォーターで沖のボトムまで丸見え、今日は台風の後で池は少し濁っていたそうですが、初めて訪れた自分には濁っているとは一切思えませんでした。






初共演? そうです初のブロ友釣りってやつを今日行ってきました、共演相手は「エリアに夢中!」のTKYさん、半ば強引にベッドに押し倒されるかのように友釣りに狩り出されましたが^^; そうでもしてくれないと友釣りなんて行えない自分なので、誘っていただき感謝していますありがとぅ^^



さらにTKYさんと言う人物のことを先に書き終えておくと。

悪口のつもりは無いのでTKYさん怒らないでね^^; 彼は「おじゃべりモンスター」と言う言葉がピッタリな人でした、まぁ〜しゃべるはしゃべるマシンガントークです、終始圧倒されてしまいました、管釣りで話しながら釣るって事を基本行ってきていなかったので、まぁ自分のペースは間違いなく狂っていたとは思いますが^^; 釣りに関する疑問や見解をいろいろと聞かせていただき勉強になりました、また誰とでも仲良くなるのが得意技と自称しているだけ有って、今日の大芦川で竿頭のメンターの方とも話す機会を与えてもらったりと、この人凄いな〜と感心しきりでした。

管釣りのスタイルに関しては、スプーンの釣りをこよなく愛するスプーンマンで、フォレストを好んで使用されていました、以前から聞いていた得意のチェイサーは残念ながら本日は不発に終わってしまいましたが、次回友釣りできることがあればお手並みを拝見させていただこうと思っています。

重ね重ねありがとう^^







道中の栃木県内の川は台風の影響で濁流化していました
大芦川F&C
大芦川F&C posted by (C)はらっく DSC-HX9V







TKYさんとは大芦川の駐車場で合流、簡単にご挨拶をして(人柄の良い人でホッ)受け付けに釣り券を買いに行く、初めてだったので何かと不慣れだったんですが、平日の空いている時は駐車場に車を置いてから釣り券を買いに行くよりも、受付前に車を置いて釣り券を買ってから、駐車場に車を置いた方が効率が良いです。

受付のおじさんも人柄の良さそうな方で、笑顔での対応が心地よかった、朝のうちに昼ご飯の出前注文をしておこうと思いましたが、今日火曜日は出前がお休みの日だそうで、近所にある「じゃがいも」と言う居酒屋?のランチを食べに行ってと案内されました。


ココを右折、大芦川F&Cの看板有り
大芦川F&C
大芦川F&C posted by (C)はらっく DSC-HX9V

大芦川F&C
大芦川F&C posted by (C)はらっく DSC-HX9V







朝一は我々二人と、もう一方の三人でスタート、釣り座はよく分からないので駐車場側の中央近辺で釣り開始。

ノア2.6g白緑をキャストすると、軽いバイトがあったが乗らなかった、隣でTKYさんが早速釣っている、朝一の活性は高いようだ、その後もTKYさんがスプーンで釣っている派手系のスプーンだ、スプーンが得意というのは伊達じゃ無い。

大芦川F&C
大芦川F&C posted by (C)はらっく DSC-HX9V

大芦川F&C
大芦川F&C posted by (C)はらっく DSC-HX9V






最初の1尾はノア1.2g黒で釣りました、しかしその後はスプーンで調子よく釣果をあげられず二人で四苦八苦しながらも、ポツポツと数を伸ばして行く。

大芦川F&C
大芦川F&C posted by (C)はらっく DSC-HX9V

大芦川F&C
大芦川F&C posted by (C)はらっく DSC-HX9V








空を見上げれば、まさに台風一過で驚くほど天気が良く、明け方残った雨で出遅れていたお客さんが増えてきた、祝日明けの火曜日はレイクウッドがお休みになるので、大芦川にお客さんが流れると言うことも有りそう。

大芦川F&C
大芦川F&C posted by (C)はらっく DSC-HX9V







魚の居所は水が綺麗なので一目瞭然、川側のアウトレット方面に魚が溜まっているように見えたので、混む前に川側の釣り座に移動しました。

大芦川F&C
大芦川F&C posted by (C)はらっく DSC-HX9V

大芦川F&C
大芦川F&C posted by (C)はらっく DSC-HX9V



横を流れる大芦川も濁流化している
大芦川F&C
大芦川F&C posted by (C)はらっく DSC-HX9V









しばらくスプーンで頑張ってみましたが見つけられない… スプーンマンのTKYさんにスプーンを任せクランクに変更、するとスプーンよりは釣れるようになった、と言っても絶好調には程遠く、ポツポツとクランクで取っていった、ワウ・つぶあん・ココニョロ等を投入し、つぶあんのピンクが一番良かったが、一番「まし」だったと言うのが表現的には正しい^^;

TKYさんも早々にスプーンを見切りクランクで釣って行くも、得意なのはスプーンと言うことでクランクは不得意とのこと、手持ちもスプーンの方が多い、それでもピンク系のクランクで数を少しずつ伸ばして行く。



天気は最高に良くなってきており日差しが痛いほど暑くなってきている、しかし釣果は寒い感じ、スプーンにもクランクにも興味は示すが軽くキスをして反転する見切られる感じが続く、軽いキスのようなバイトを取ると、掛かりが浅く二人して「ギギっ」と一瞬掛かるも、バラシの連続…


時間は9時20分頃、ふと受け付け方面を眺めてみると、受付のおじさんが放水管の上に仁王立ちで池の状況を眺めている、ただならぬ雰囲気は直ぐに放流が有ることを二人に感じさせた、初めての釣り場なので放流が本当に行われるのかは不明情報が無い、しかしいつでも対応できるよう二人で放流カラーのスプーンをセットしていると、生け簀の水門が開門され放水管から勢いよく放流魚がポンドに注ぎ込まれていった。


大芦川F&C
大芦川F&C posted by (C)はらっく DSC-HX9V

大芦川F&C
大芦川F&C posted by (C)はらっく DSC-HX9V

右に見えるオレンジのロッドが竿頭の常連さん、上手な方でした
大芦川F&C
大芦川F&C posted by (C)はらっく DSC-HX9V









チャーンス!








二人で放流カラーのスプーンが付いたロッドを片手に、放流ポイントに駆け付けた、既に常連さんのような先客さんがドラグを唸らせている、飢えた我々もすかさず放流カラーのスプーンを投入すると、最初表層を早巻きしてみましたが反応が無く、腰を下ろして少し下を釣ると、元気な放流魚をキャッチすることができた、TKYさんも調子よくドラグを鳴かせている、オレ金が意外と悪く(自分は)緑メタに変え数を伸ばして行った、結局10尾ほど放流を取ることができ、釣果的にも一安心ホッ 。

徐々に渋くなってきたところで、元のアウトレット方面の釣り座に戻った、放流ポイントに近い釣り座の常連さんはまだまだローテして調子よく放流を狩っている流石上手いな〜、と言うかあの辺の釣り座が大芦川の一等地の釣り座なんだな?と理解した。


放流ゲット
大芦川F&C
大芦川F&C posted by (C)はらっく DSC-HX9V

TKYさんとダブルヒット、ネットには2尾入ってます
大芦川F&C
大芦川F&C posted by (C)はらっく DSC-HX9V











元の釣り座でシルバーのノア2.6gをキャストするといきなり釣れた、どうやら放流ポイントから散った魚が、目の前の魚影の濃い所に紛れ込んでいるようだ、ドラクエで言えばはぐれメタルとも言える、はぐれ放流魚を倒したと言ったところだろう^^ 経験値は1尾で変わらないw その後もオレ金にも反応をする魚が結構居てくれ、蛍光ピンクのノア2.6gに一番反応が良く、まさかの場所で釣果を伸ばすことに成功した。

さすがの釣りやすいはぐれ放流魚も底をつき、渋めの状況に戻ってしまいましたが、クランクのピンク系がやはり調子が良く少し釣果を伸ばし、12時を少し過ぎたところで昼飯休憩を取ることにしました。





先にも書きましたが、大芦川の昼食の出前は火曜日が定休日、温かいラーメン類なども出前で届けてくれるようだったので頼みたかったのですが、次回のお楽しみにとっておきます。

やむなく紹介された「じゃがいも」に車で行ってみることに、歩いても行ける距離なので、ビールが飲みたければ徒歩で行くのも有りかもしれません、車で行くと3分でじゃがいもに到着します、裏道からでも行けそうですが、いったん表の通りに右折で出て、30メートルほどレイクウッド方面に走ると、右側にじゃがいもの看板が有るので右折をして、100メートル直進し森に突き当たった所に「じゃがいも」が店舗を構えています。




事前にブログで調べていたんですが、どのメニューも大粒で大盛り、食べ応えが有るお店だそう、TKYさんが焼き肉定食、自分はメンチカツ定食を頼みましたが、お値段は900円と700円、お値段の割には量が多く食べ応えが有ります、冷や奴と納豆が添えられていたりもするのが嬉しい、TKYさんは納豆が苦手だそうなのだが、出されたものは全て食べるのが心情のようで、10年ぶりに納豆を食べたそうです^^;

食事中もTKYさんのマシンガントークは弾が切れること無く、応戦を試みるも、自分の水鉄砲は既に水切れで白旗降参ですw


じゃがいもの外観は写真を撮るの忘れました^^; メンチカツ定食700円
大芦川F&C
大芦川F&C posted by (C)はらっく DSC-HX9V

焼き肉定食900円
大芦川F&C
大芦川F&C posted by (C)はらっく DSC-HX9V









約1時間の食事休憩後午後の部を開始、釣り座に戻るとなぜかフライマンが二人、我々がタックルを置いている釣り座を占拠している… どいてくれるのかと思いきや、どく気は無い様子だったので、仕方が無く釣り座を受付側にスライドさせた、その際に「ごめんね」だって…

ほんと…  (^_^;)\(・_・) オイオイ である。





二人ともそこまで飢えて管釣りをしているのでは無いし、初の釣り場なので、つまらないマナーの悪いフライマンの事などはさっさと忘れ、気持ちを切り替えて釣りを再開させた。

しかし昼休憩に費やした時間のせいなのか?スライドさせた釣り座が良くないのか?昼飯前に沖に溜まっていた魚影が、もの凄くまばらになっている、クランクはもとよりスプーンをキャストしても魚の反応が無くなった、昼食前に良かったピンク系のクランクにも反応が薄れ、数尾釣れるもこの感じはあまりにも良くない…

と言うことで二人で池を手分けして探ることに、TKYさんはアウトレットのフライマンの間に特攻し、得意のチェイサーで溜まっている魚を狙ってみた、自分は駐車場側の受付寄り3番目の釣り座に移動をすることにした、その道すがら放流ポイント前で調子よく釣っている常連さんに「クランクですか?」と教えを請うと嫌がること無く笑顔で「クランクです^^」と教えてくれたので、よーしクランクでがんばるぞ!と新たな釣り座に移動をした。




その道中、放流用の放水管のそばを歩きながら、池を見てみると魚がかなり溜まっている、インレットと言うことも有るのだがこの辺には魚が溜まるようだ、後から聞いたのだが放流用の放水管が有る側の岸、釣り座は、女子供ビギナー専用の釣り座だそうだ、初めて遊びに行く玄人さんは放流用の放水管のそばでは釣りをしないようにw


放流の放水管の近くには、弱った魚を入れる水槽がある、エラを傷つけてしまったり、釣り上げて弱った魚はその水槽に入れましょう。

大芦川F&C
大芦川F&C posted by (C)はらっく DSC-HX9V








新たな釣り座に到着です、朝一釣っていた場所でもあります、朝一と比べると魚のストックが薄い… それでも並びで釣っている人達二人は釣れているので、張り切ってクランクを投入してみた、まずはどこでもどうにかなるつぶあんですが、直ぐに釣れちゃいました^^ やるなつぶあん?やるな釣り座!なのかな?^^; その後はグラスホッパーを入れてみた、するとコレも直ぐに反応が有り2尾ほど取れた、ふと余裕で向こう岸を見るとTKYさんがメールをしている、相手はTKYさんの釣りの大先生だと思われる、聞くとかなり若い方のようなのだが、管釣りの腕はかなりのもので、釣りの知識も状況判断も的確で、聞けばいくつもの答えを返してくれる達人らしい。

メールが終わると釣り座の移動開始、フライマンの間に特攻したのは玉砕されたようだw


大芦川F&C
大芦川F&C posted by (C)はらっく DSC-HX9V








てっきり駐車場側に移動してくるのかと思っていたら、放流ポイントそばで釣る、常連さんの横に着座、すかさず常連さんに話しかけ、談笑しながらの釣りが始まっている、流石だ…w すると直ぐにポン!ポン!ポン!と3尾釣り上げた、いきなり調子良いな〜と見学、自分も1尾2尾と追加することができたが、見渡す限り魚が薄い…

15分くらい経った頃TKYさんが常連さんの横の釣り座を後にして、こちらに移動してきた、開口一番「わかりましたパターンが」と、常連さんに今日効くパターンを得意の話術で情報収集していたよう、さっそく試すも結果はなかなか出ない、TKYさんがあっちの方が魚が濃いですよと、向こう岸との比較をしてくれたので、目線を向かい岸に向けると二人は入れる隙間が有ったので、二人で常連さんの横に移動しました。




時間にして15時を過ぎた頃でしょうか、釣果は40尾くらいでした、どうにか50尾を狙いたく常連さんの横で二人で奮闘。

常連さんの横に居てTKYさんが静かにしていることはあり得なくw メンターで有る常連さんに、あれやこれや質問祭り、常連さんも的確にわかりやすく答えてくれている、その答えをTKYさんが素直に行うとこれがまた釣れる、さすが常連さんだし、聞いたことを正確に行い釣り上げるTKYさんもなかなかやる、で自分も試してみたが、まぁ釣れないw


マイクロスプーンをロングキャストして、かなりゆっくりと巻く、普段分かっていてもほとんど行っていない巻き下げだ、過去を振り返ってもスプーンの巻き下げで釣ったなんて記憶はほとんど無い、言葉は知っていてもやらない巻き方です、その巻き方とカラーの組み合わせで常連さんはバカスカ釣っている、マネをしても全く釣れない自分^^; いや〜上手いな〜、TKYさんも負けじと巻き下げで釣っていくが常連さんとの釣果は離れる一方、本当にお上手でした。なお常連さんが一番効いていたカラーはからし色です。







聞くとあと数尾で100尾に到達するそう! 我々の釣果とは倍以上違いますね^^;






ほんとお上手な方でした。






自分もがんばればとりあえず50尾には届くかもしれなかったので、周りはスプーンで釣っている中、グラスホッパーを投入したりしてポツポツと50尾に近づいていく、がしかしまったく簡単に釣れる雰囲気では無い、50尾はどうやら厳しそう^^;


西日が水面に反射をして眩しい、しかしあと少しで山の陰に日が隠れる、あっという間に日が隠れたと思ったら、一気に寒くなってきた、それと同時に常連さんの見つけていたパターンが効かなくなった、自然とは生き物とはオモシロいものだ、次のパターンを探そうと皆で躍起になった、自分はクランクをローテしながら当たりを見つけていく、ふとマイクロクラピーに手を掛け使ってみると、常連さんもほぼ同時にマイクロクラピーに変更した、自分の狙いもまんざらじゃ無いかな?^^; マイクロクラピーで残りの時間を釣っていき、最後の最後で合わせ切れをしてマイクロクラピーをロストしたところで時間切れ投了としました。








本日の釣果は47尾、TKYさんは少し届かない状況、常連さんは束釣りを達成している^^; まぁまぁの50尾近くを釣っていても上手い人はその倍を釣っているんだから、レジャー派とトーナメント派の違いが如実に出たのだが、この差は果てしなく遠く感じますね… もっとがんばろっとw







TKYさん二日連続の釣行お疲れ様でした、また機会があればおしゃべりフィッシングよろしくお願いします^^ 今夜はゆっくり寝てくださいね。