はらっく傾奇者でござ候

管理釣り場メインではありますが、いろいろ書くので ”意にそぐわない方” は静かに御退室ねがいます。

足柄CAで自主トレ

前日に予告をしましたが、開成に行ってキャスティングの店員さんと一緒に釣ろうか?かなり悩みましたが、元々店員さんは他のお客さんと一緒に行く約束になっていて、そこに突然知らない輩が行くのはそのお客さんに感じ悪いだろうな〜、と思ってやはり足柄CAで自主トレと言う事にしました。

単独釣行で高速道路はコストパフォーマンスが悪いので、下道を3時間弱掛け246をえっちらおっちら走っていきました、高速道路は最近天井が危ないですしね^^; 家を出発したのは5時少し前だったので絶対に7時開場には間に合わない、釣りには間に合わなくても仕事には全然余裕で間に合う時間です、今日はなんと言っても釣りがメインでは有りません、あくまでも、あ〜く・ま・で・も仕事で松田に行くのです、その前と後にせっかくだから管釣りに寄るってっちゃおっか、てのが本日のスタンス建前ですw

到着は8時、やはり3時間掛かってしまいました、ポンドの上の道から見ると駐車場に車が無い!? 8時で一番乗り?! 受け付けに行くと扉に鍵が掛かっている、え?休み?いや年中無休になったはず?とあたふたしていたら、管理人さんが鍵開けるの忘れていた♪ と笑顔で現れ無事4500円の一日券を購入。



ポンドに行くとやはり誰もいない、いるのはでかい鳥軍団、やつらのウンチでせっかくの足場が白くばっちい、臭いがしないのがせめてもの救いですかね、朝方は雨が降っていたので釣りはじめに膝をつくとGパンがうんこまみれにw

実は前日キャスティングで、逆回転をするプレッソ1003を修理に出していたので、今日のタックルは2本でも良いかな?仕事メインだしとも思いましたが、押入にしまっていたツインパワーを引っ張り出して3本体制での釣行です。

8時で一番乗り
足柄キャスティングエリア
足柄キャスティングエリア posted by (C)はらっく DSC-HX9V

足柄キャスティングエリア
足柄キャスティングエリア posted by (C)はらっく DSC-HX9V

開いているとやはり釣り座はココになっちゃうんだな〜^^;
足柄キャスティングエリア
足柄キャスティングエリア posted by (C)はらっく DSC-HX9V





誰もいないからいろいろと試せるな〜とも思うも、とりあえずスプーンを投入、アイスフェイクで様子を探っていく、足柄とはいえさすがに上では簡単に食ってきてくれない、やはりボトムなのだろうと沈めて巻き上げていると、すぐにドカンとガツンと良い当たりが出た、するとこれが走る走る、おもわずスレたのかとも思いましたが、明らかに口に掛かっている手応え、となると結構な大物?足柄で大物なんてあまり釣った記憶が有りませんが、最近の釣行ではこう言う手応えを那須高原や尚仁沢で十分楽しんでいたので、足柄で朝一いきなり最近味わっていた引きを味わえるとは幸先が良い^^

リールはお久しぶりのツインパワー、プレッソだったらかなりギーギー鳴かしている場面ですが、シマノさんは上品にキリキリキリとドラグを鳴かしながら高性能ぶりを発揮しています、ドラグのオイルメンテナンスも長いことしていなかったので、ドラグ調整は400g程度にしておきましたが、ダイワのような下品さが無く(私感ですw)良い感じに機能を果たしていましたが、やはりダイワの下品さが俺は好きだな〜と釣りながら思っていましたw

寄せては走りを数回繰り返し、どうにか逃がさずにとりこむと40cmくらいですかね、少し超えているかな?ロックですか?ニジマスですか?まーなかなか良いトラウトですw

アイスフェイクの針の掛かり方は、微妙に外側から掛かっていますが細かいところは見ないでください^^;


この日の1尾目、いきなり良いサイズがヒット
足柄キャスティングエリア
足柄キャスティングエリア posted by (C)はらっく DSC-HX9V





その後スプーンで少し粘りましたが、なかなか釣れなかったので^^; サクッとあきらめて、クランクのボトムノックを試すとパニクラでブラウンなんかがいきなり掛かってくれました、やはりボトムクランクは足柄ではと言うかこの時期は強いですね、ボトムクランクが良さそうなのは分かりました。

その後はつぶあんやココニョロを試してみましたが、悪くは無さそうでしたが良くも無さそうだったので、昨日購入したルアーを投入することに。

クランクのボトムノックは手堅い
足柄キャスティングエリア
足柄キャスティングエリア posted by (C)はらっく DSC-HX9V






ディープカッパーの3.5グラムですが大と小で長さの違う2種類、最近目指している今日のメイン課題、冬にこの手の大きなスプーンでどこに行ってもそつなくボトムで釣る、と言う目標… いやあこがれw の練習をしようとキャストしてみた、サイズ的には足柄の小マスにはルアーが大きいかな?とも思いましたが、以外とサイズの大きなルアーに小マスでもアタックは有るものです。

しかしながら追ってはいるようなんですがうまく咥えてくれない感じで、1尾も釣ることが出来なかった、巻き速度は意外と速い方が良い場合が多いと前日キャスの店員さんに聞いていたので、遅いのから結構速い巻きまで試しましたが、粘りきれず断念…

いつか活躍してくれよカッパ君達よ…
ボトムを制する物が冬を制する
ボトムを制する物が冬を制する posted by (C)はらっく DSC-HX9V








う〜ん釣れないな〜







ならばバベルGTの重いのでも投入しちゃおうかと思ったのですが、そう言えば昨日もう一つルアーを買ったっけ、ムカイのリバーブ






実はここから先の釣りネタは書くかどうか悩みましたが、自意識過剰は良くありませんね、包みかくさず全バラシでw







その前にとりあえずシャドウアタッカーで様子を見てみようとキャスト、カラーはいつものオリーブ。 足柄みたいに魚影が濃く(スレそう)、魚も小さめのが多いところでシャドウアタッカーはどうなの? しゃくった動きに魚が付いてこれないのでは?なんて不安が有ったのですが、いやいやこれが全然関係ありませんでした、すぐに1尾釣れその後も調子よく釣れていく、下手にスプーンでボトムをスローに攻めるより圧倒的に手返しが良くそして釣れる。



やっぱりシャドウアタッカーは良いな〜。



釣れないところ・時にでも無理矢理絞り出してくれ、釣れるところではより釣れてしまう、セニョールを巻くより安定した釣果を提供してくれるシャドウアタッカーお気に入りです、セニョールは使いませんけどねw

そんなシャドウアタッカーですが、この日この後2番手になってしまうことになってしまったんです、新たな1番手とは…





































ムカイのリバーブモカオレ2)

リバーブ売り場。










前日たまたまシャドウアタッカーが無かったので、類似品と思って試しに買ってみたこのムカイのリバーブで、シャドウアタッカーはいかにもメタルジグなんですが、リバーブはプラスチックで形成されていて先っぽに?底部に?シンカーが埋め込まれたような作り(全然違うかな?^^;) シャドウアタッカーと比較するとズッシリ感が無い、しゃくった際もヒラヒラと泳ぐ感覚・水の抵抗がシャドウアタッカーほど感じられず、最初の数投しゃくっていたときはシャドウアタッカーみたいな手応えが無く、しゃくれているのかいないのかハッキリしなくて使いづらいなと思っていました。

シャドウアタッカーとの大きな違いとしてフックが2個付いています、ベリーって言うのかな?お腹にもフックが付いています、ズル引きも効果があるような事を読みましたが、根掛かりしちゃうんじゃ無いかと心配にもなります。



で、はじめのうちはシャドウアタッカー張りにしゃくりを多めに細かく入れていきました、抵抗が少ないのでしゃくった感がありませんが、おそらく着底しただろう頃合いに次のしゃくりを入れていく、するとすぐに1尾釣れました、そしてまた1尾また1尾と釣果が伸びていきます。

風が強くなってきたらロッドを立ててしゃくると、PEラインがたわんでしゃくりずらいので、ロッドをやや寝かしてズル引き+ロッドを軽くあおる感じで釣っていくと、これもなかなか良い感じでした、ただのズル引きでも釣れなくはありませんが、総合的にはしゃくりやあおりを入れてあげると、しゃくりの「間」のタイミングで当たることが多いですね。(ココ重要)

ちなみにリバーブはズル引きをするとルアーが立ちます(浅いところで見てみましょう)、シャドウアタッカーも立ちはしますがリバーブの比ではありません、リバーブは長さがあるので立っている姿はいかにも小魚が水底を突っついているような姿勢になります、そこに軽くあおりやしゃくりを入れるとツンとまさに小魚を模するのです。





ちなみに、宣伝文句はこんな感じです

フッキングを重視したスイミング姿勢と遠投の効くキャスタビリティ、
優れたボトムサーチ能力。

投げてよし! 巻いてよし!シャクってよし!
三拍子揃った喰わせのバイブレーション!





この姿何かに似ているなと思ったら、ウエイトチューンしたザッガーF1ボトム仕様に似ていますね、試しに一つだけ持っている白っぽいザッガーF1ボトム仕様も試しに投入してみましたが、あたりを何度か感じましたが釣り上げるまで粘ろうと思える感じではありませんでした、色が合わなかったのかもしれませんが、一色しか無かったので比較できず。

他のルアーを試して釣れなくてリバーブにすると安定した釣果、この繰り返しでしばらくは釣っていましたが、やはり釣れるルアーがあればそれを使いたくなってしまうのが、癒やしを求めて管釣りに来ているお気楽極楽なお客の性(さが)…

ついついリバーブ一辺倒の釣りになっていってしまいました^^;


すっかりリバーブ好きになっちゃいました。今日はブラウンが数多く釣れました
足柄キャスティングエリア
足柄キャスティングエリア posted by (C)はらっく DSC-HX9V















それにしても釣れる、8時過ぎから12時までに40数尾釣ったのでは無いでしょうか。

結果ほとんどがシャドウアタッカー2割とリバーブ7割










13時からは仕事です、松田の山までそこそこ距離があるので12時に足柄の駐車場を出て、待ち合わせ場所まで行き、さささっと仕事を済ませて、14時半頃から釣り再開。



仕事時間短すぎないですか?^^;
良いんです!誰かがやらないといけないんです!自己暗示自己暗示w


本当はもっと高い場所なんですが、下山中に撮影。
足柄キャスティングエリア
足柄キャスティングエリア posted by (C)はらっく DSC-HX9V







遅めの午後の部開始です、風がかなり強くなっている、予報では風速4メートルオーバー、気温が高いので強風でも体感温度が下がること無く、厚着しなくても良いような感じでしたが、夕方になればオーバーパンツが間違いなく必要になると思ったので、完全防寒しジャンパーのファスナーを開いて温度調整をしました。

とりあえず午前中好調だったリバーブの調子をどうかな?と試してみると、午後も引き続き絶好調です、シャドウアタッカーと釣り方は同じで乗り方も同じなんですが、一日でこんなに沢山釣ったことは有りませんでした、今までは他が厳しいときにシャドウアタッカーを使用して縦系の動きとリアクションバイトでどうにかなってくれるというのが多く、その乗る瞬間が気持ちいいルアーだ、でも釣れる数はそんなに多くは無いと言うのがシャドウアタッカーの今までの印象なのですが、ルアーは変わりますがほぼ同じ釣り方が出来るリバーブは連チャン混じりの爆釣モード…





いやいやほんと楽しいですYO^^





周りの方は他のルアーで釣っているので、そこはさすが足柄CA釣れるルアー釣り方を選びはしませんが、なんか良いルアー見つけたな〜と言うお宝発見感覚が湧いています。

好調の要因を考えると、まずそもそも魚影が濃いw ボトムのシーズン、縦の動きに反応が良い日だった、リアクションバイトが良い日だった、カラーが良かったと言う事柄が重なったのだと思います、毎度毎度こう良い感じになるとは思えません、でも足柄だから大丈夫かな?w



それとは別にもう一つ大きなリバーブのアドバンテージは、なんと言ってもフックが2個お腹にも付いていることだと思います、あのサイズ長さでフックが一つだったら、捕れる魚も捕れなかったのでは?と思っています、現にお腹のフックに食いついている魚を沢山釣りましたしね。

使用タックルは圧倒的に硬いロッドにPEラインがおすすめです、最低でもPEラインは必要です。



ほんとこの日はリバーブ様々な一日でしたが、夕間づめからナイターでは釣果が落ちましたね、やはり視認性が良い時間帯の方がより食いつきやすいのかもしれません。

また夕方は、パニクラのボトムノックで普通に連チャンするので、リバーブにこだわることも無いです。







本日の釣果88尾、リバーブで50以上は釣ったような感じでした。






富士山が綺麗に見えました、真冬が近いですね。
足柄キャスティングエリア
足柄キャスティングエリア posted by (C)はらっく DSC-HX9V