はらっく傾奇者でござ候

管理釣り場メインではありますが、いろいろ書くので ”意にそぐわない方” は静かに御退室ねがいます。

後期高齢者退院(脊柱管狭窄症)

無事に本日10時過ぎ、母親が1ヶ月の入院から退院しました、とりあえず良かった^^ 病名は「脊柱管狭窄症」で、日本人の年寄りがなかなか死ねず長生きしすぎて掛かる病気ですw まぁ主治医も言っていましたので本当です。

若くして患ってしまった方は別ですが、歳を取り患った人は長生きをさせられすぎてしまい、寿命よりも先に体のパーツパーツの寿命が先に訪れてしまい掛かる病気です、昔の日本人なら脊柱管狭窄症になるまえに寿命が訪れていたので、こう言った痛みを感じる人は居なかったのでしょう。



手術の内容は文章で書くのは難しいですが、脊髄の中では有りませんが、背骨に有る馬の尾っぽのような太い神経が束ねられ入っている袋が有るのですが、その袋を覆う何かもしくはその袋の中の何かが石灰化したり、何らかの力でその袋が圧迫され神経に障害を与えている、背骨と言うのは5個だか6個有り、MRIの写真を見るとその数カ所でその障害が発生している、MRIを撮るために投与した造影剤の映りが悪かったり、部分的には狭くなり圧迫されている部分が3カ所有った、今回はその2カ所の骨を削り、さらに骨を繋ぐ靱帯(じんたい)を取り除くことになった、手術の説明を受けた時に靱帯を取り除いて歩行はできるのか?聞くと、年寄りのその部分の靱帯は既に老化しており無くても大丈夫とのこと。

そんな手術を行ったのですが、入院期間は9月1日〜9月30日の丸一ヶ月で、手術前にまず血糖値を下げるために、糖尿病の入院が2週間有った。血糖値が下がったことを確認して9月半ばに脊柱管狭窄症の手術を行った、手術時間は3時間程度でしたが麻酔の時間を引けば2時間くらいで終わります。

術後は翌日まで尿管に管が入っていたり、ふくらはぎにはエコノミー症候群で血栓ができないようマッサージ器が取り付けられていますが、術後翌日には取り外されます。


術後二日もすればベッドで起きて食事を自分で取れるようになり、三日目頃からはトイレに自分で歩いて行けるようになりますが、歩行器の補助は必要です。

術後一週間もすれば、手術跡は痛むようですが顔色も良くなってきており、廊下を歩いてリハビリを行ったり、天気の良い日には中庭の散歩もしていたようです。





入院中の見舞いは、甥っ子が学校の定期券圏内だったので、老人一人話し相手が居ないと呆けちゃうから、たまに行ってあげてよねと言っておいたら、高校一年なのでクソババアのお見舞いなんて行ってくれないだろうな〜と思っていましたが、見舞い時間は10分15分程度だったようですが、終わってみれば俺の見舞い数を上回っていたようです、学校ではインターアクト部なる我々世代にはまったくなんの部活なのか分からない名前の部で活動しているようで、聞くとあしなが育英会の募金活動などを手伝い、街角に立って募金活動も行っているような部らしく、自分が思っているよりも偽善者では無く善者の心が有るんだな〜と感心させられました。


そして先ほど無事に退院し久しぶりに娑婆に戻ってまいりました^^





そして気になる入院費用と手術代ですが、総額は139万3,322円掛かりました^^; 1ヶ月の豪華客船で世界一周でもしてきたのかよ!と思わず突っ込んでしまいましたがw



安心してください!



















後期高齢者ですから^^

いつも明るい安村001
いつも明るい安村001 posted by (C)はらっく DSC-HX9V




支払額は、約1割負担の14万8,880円で済みました^^

後期高齢者の医療費
後期高齢者の医療費 posted by (C)はらっく DSC-HX9V




14万でも高くて払えない、と言う方も居るとは思いますが自分は支払えたし、こんなに安くて済んでもの凄く助かっています、もし3割負担だったら約45万、もし5割だったら約70万… 支払えるか!!!ボケ!!!^^;

この国の社会保障と言う制度に感謝感激です、今の日本国では年間1000兆円超えの予算が組まれ、その40%近い税金が社会保障費に使われています、その社会保障費の安定財源として消費財が使われていますが、来年?再来年?には2%さらに引き上げられ消費税が10%になります、バカなマスコミや低脳な国民、野党の脳無し無策の税金泥棒国会議員は、そろって消費税増税を反対しますが自分は大賛成です、自らが社会保障を受ける立場にならないと理解不能だとは思いますが、その立場になるともの凄く助かります、この国に生まれて良かったと。





生前浜田幸一議員は言っていました、いずれ消費税は必ず15%になる! そうしないとこの国はやっていけないと… まさにその通りだと自分も思いますし、15%にしてよりいっそうに社会保障を充実した物にして欲しいと思います。




両親なんて若い時に亡くして、俺には関係ないなんて言っているあなた、そこのあなた、そのあなたが老人になった時に社会保証を必ず受けるんですよ、その時に社会福祉が充実していなければ、死ぬ間際まで不幸のまま死ぬことになりますよ。





そうだ生命保険ですが、母親が入っている保険では、入院一週間以上から1日5000円と言う古い契約、近頃の保険であれば入院初日から支払われるのが当たり前ですが致し方ない^^; 単純計算で5000円×21日10万5000円、そこに手術を行うと支払われる保険が有るようなので、今回支払った約15万円に近づくか、それとも15万円以上となりいくらか浮くかもしれませんね。