はらっく傾奇者でござ候

管理釣り場メインではありますが、いろいろ書くので ”意にそぐわない方” は静かに御退室ねがいます。

東山湖 ”春” 今年も4月2週目の大爆釣を体験しに…

釣行日は2016年(平成28年)4月12日(火)です。

Fishing No.2016-018




待ちに待った年間管釣り恒例行事の花形 ”春爆・東山湖釣行” に行ってまいりました^^ 過去の実績はこう…

管釣りは数だけが全てでは無いですが^^; でもいっぱい釣りたいじゃ〜ないですか人間ってやつをやっているとw

2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V



・釣行日は2016年 2月 1日(月)  87尾
・釣行日は2016年 1月16日(土)  54尾
・釣行日は2015年12月18日(金)  39尾
・釣行日は2015年11月21日(土)  98尾
・釣行日は2015年11月 7日(土) 128尾
・釣行日は2015年 4月30日(木)  73尾
・釣行日は2015年 4月12日(日)  98尾 甥62尾
・釣行日は2014年11月 8日(土) 119尾
・釣行日は2014年10月 4日(土) 119尾
・釣行日は2014年 4月11日(金) 151尾
・釣行日は2013年10月 2日(水)  89尾
・釣行日は2012年12月26日(水) 129尾
・釣行日は2012年 4月13日(金) 172尾
・釣行日は2011年12月 5日(月)  55尾



あれ? 毎年4月は東山湖に遊びに行っていると思っていましたが、2013年は行ってないじゃん?^^;

4月だけの平均は123.5尾(釣行数 4回)
トータルの平均は100・7尾(釣行数14回)

と、4月だけでも過去の釣行全て合わせてでも、平均で100尾以上の釣果を上げられている東山湖、まさに東山湖の4月は管理釣り場のレジェンド ”爆釣の湖” です^^


まぁ、14回中定期放流の有る土曜日に5回も行っているところが軟弱ですけれど^^; 土曜で混んでいたって、管釣りをやってると放流狩りってのもやりたいじゃないですか? しかし土曜日の東山湖に行ってみると、混んでいても混んでいる事を感じさせない、余裕のキャパシティが東山湖には有ります、本当に広くて、良く釣れて、景色が良い最高な管理釣り場東山湖^^ まだの方はぜひ一度遊びに行ってみてくださいね。


そんな爆釣の湖、東山湖2016年春の釣行結果はどうだったのか?





ふと目が覚めると4時を過ぎている… ね・ぼ・うしました(゜Д゜) 自称 「全日本管釣り下道連合会」 会長としてはあるまじき ”ねぼう” 東山湖はこの時季5時からの営業、下道では絶対に間に合いません^^; やむなく小菅ICから首都高に乗り、全線高速道路で御殿場まで行ってしまいました、首都高速が930円?東名高速が2570円?、ちょっと金額はあやふやですが^^; 3500円も使うと、御殿場まで90分かからずに着く事が出来ます、いや〜高速道路って便利だな〜、しかし小菅ICから御殿場まで高速で75分くらいで着くものかな?^^;

(もちろん帰路は下道です、家に着いたのは23時頃^^)

遅刻をしたと言ってもまだ6時前、それも平日なのでガラガラです、やっぱり管釣りは平日だな〜^^

東ワンド側
2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V

桟橋・国道側
2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V

石碑前・ドロヤナギ・レストラン前側
2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V

桜は葉桜になりかけです、桜は今週いっぱいで終わりですね
2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V

2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V






とりあえず釣り座は桟橋の左に入ってみました、周囲に人は少ないですが^^; 遠く東ワンドを見渡すとあまり釣れているようには見えない、釣り始めて10分で前回の加賀FAで使ったままのノア4.4g茶銀で1尾釣れました、4.4gなので中層だと思います。

釣り座は桟橋左側のドロヤナギ
2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V

1尾目はノアB4.4g茶銀で
2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V






その後は反応が無く、いろいろと使用して行き早くも ”今日のMくら” のコーナーが始まり^^; ”M”のトロピで早速釣れてくれました^^

たいてい今日の先発陣は、前回の火消し役達w
2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V

今日の2尾目は ”M” で
2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V






”M”では1尾出た後は続かず20分くらい経って ”グラホ” で1尾、さらに15分ほどして前回加賀では釣る事が出来なかった、ココニョロの ”新”俺カラで1尾釣れました。

早朝のチャンスタイム1時間で4尾しか出せませんでした^^; ちょっと渋いのかな? 今日は昨日と違いかなり寒く吐く息が白い、場所も標高500メートルは有る釣り場なので、真冬の防寒着を着込んできましたが、4月2週目の東山湖ですよ、まだまだこれからです^^

グラスホッパー
2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V

ココニョロの ”新”俺カラで
2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V






しかし… 巻いていてもまったく釣れる気がしなかったので^^; ボトムに逃げてみると、ベビーバイブでポツポツと出てくれたのでしばらくベビーバイブで釣っていました。

ベビーバイブを使わず巻いていたら相当厳しい時間帯でした
2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V





この時間になると両サイドに上手そうな方々が入ってきていましたが、その方達は巻きで粘っていましたが相当厳しい感じでした。

10時頃になるとさらにお仲間が増えて一気に周辺釣り座が賑やかになってきました、その中にはなら山沼漁場のあの方もおられ、お仲間達とスプーンで釣っていましたが、やはり上手な方々をもってもこの日の東山湖は難しいようで、あまり釣れていない、いろいろと話し声は聞こえてきていて、自分もニヤニヤしながら聞いてましたが^^

この写真の時は、なら山沼のあの方はまだいらしてません
2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V





しばらくして向かい岸の中央階段下に女性を含む5、6人のグループが、お花見フィッシングに来ていたようで、釣り座にシートを敷いて座りロッドを握っている、見ているとこの難しい状況下、女子がいとも簡単に釣り、キャーキャー言いながら盛り上がっている、釣れた〜キャー!^^ また釣れた〜ワーキャー!^^ とあまりの難しさに静まりかえっている湖畔に黄色い楽しそうな声が響いてくる…

2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V






そんな楽しい光景を見て、いろんな意味で良いな〜と眺めていると^^; そう思ったのは自分だけでは無く、なら山沼のあの方も同じだったようでそこで一言






『この時季の東山湖って本当は全員があーなるんだよな』 とw






確かにその通り!w と周囲のお友達も納得、もちろん自分も ”そのとおり!” と心の中で思ってました^^ そしてさらに覚えているのが





『今日の東山湖のこの状況、まるで ”なら山” で釣っているのと変わらないな』とw





自分もまさにそう思いますwww って思えるほど、4月で ”春爆” 真っ只中な状況で有ってもおかしくないのに、驚くほど魚の反応が悪い…





そんな状況下、今日は急激な冷え込みが有り、前日との寒暖差はあるけれど、日が昇り気温が上がってくれば魚の活性も上がってくるだろう? とあの手この手を駆使して、魚を絞り出しながら頑張り、しかるべき時を待ちましたが、11時37分の時点で釣果は21尾… なんだかんだ絶頂期の東山湖の ”春爆” で目指すところは ”束釣り” それも150尾を目指しているので、昼近くでまだ20尾前後をうろついている、今のままでは絶対に150尾は無理… やむなく移動を決意しました、昨年甥っ子と来た時もそうだったんですが、明らかに釣り座釣り座で目の前に居る魚の活性の違いを感じる場面があったので(釣れない言い分けね^^;)、移動して良い魚を見つけようと試みてみました。

移動前にはモカDRSSで釣ったり
2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V

ノア2.6g蛍光グリーンで釣ったりも
2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V

正午近くでこんなじゃちょっとね^^;
2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V






移動先は少し奥まで歩いてレストラン前に入ってみました、しかしここでもあまり魚の反応は変わらない、いやもしかしたらさっきよりも悪くなった気もします。 俗に言う ”桜パターン” が頭を過ぎり、チャタクラDRのちぃパールっぽい色を使ってみると、ちょっと釣れましたがちょっとだけしか釣れない^^; ならば ”P”のぴんくちゃんを使ってみると、これも出るには出たけれど伸びず… じゃぁ ”V” はどうだ?と ”桜パターン” には関係ないけれどw 使ってみたら、数本出るもやはり伸びない^^;

チャタクラのちぃパールっぽい色で
2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V

”P”のピンクちゃんで
2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V

”V”KPでも出たけれど
2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V






このレストラン前での釣れる釣れないの基準ですが、比較対象として ”レストラン前の切れ目” と言う表現はちょっとおかしいのですが^^; 要はレストラン前と枯れ松エリアの境目の所のこと(ほぼ放流ポイント)、そこで釣られていたお二人の上手そうな方々が、まぁ〜〜 連チャンさせていました、まさに ”春爆” が ”春一番” がそこにだけ局地的に吹いているのでは? 俺にも風おくってよ^^; と思えるほど二人で仲良く爆釣している、さっきのお花見フィッシンググループは、きっとそれっぽいルアーで釣っているのが容易に想像が付き、釣れている理由も理解出来るんですが、こちらはスプーンもしくはクランクで爆釣している、ガン見はしなかったので何を使っているかは分かりませんでしたが、7、8メートル横に居る自分にもチャンスは有るだろう?と、いろいろとルアーをローテしながら、同じ状況になる事を願いあれこれ駆使しましたが、そんな強い気持ちに反し釣果は下降線を辿る一方^^; でもどうにか見つけてやろうとかなり粘りましたが、結果見つける事は出来ず、粘った時間の分だけ時間を無駄にしてしまいましたw

移動中の枯れ松から
2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V





ダメだ俺には無理… 諦めて対岸の切れ目付近に移動しました、国道側からの眺めには富士山は無くなりますが、山の緑が清々しい良い眺めです^^

2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V






先ほど粘ったポイントで調子を上げていた ”VクラKP” を使ってみた、すると妙に反応が良い^^ これはもしかして? ”春爆” ポイントとドンピシャのルアーを見つけたのか? と思いながら、あまり沈まないよう表層を意識しながら巻いていると、強力な当たりの連発!! 先ほどまでは無かったこの雰囲気、楽っすぃ〜^^ と油断したつもりは無かったんですが…

2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V

最近出番が少ない、つぶあんでも久しぶりに釣りました
2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V






合わせを入れた瞬間に 『プツンッ』 っとPEラインが合わせ切れ^^;

”あ〜ぁ”なんて思う前に、視線は沖の ”V” が有ったと思われる付近へ一直線 『浮いてきてくれ!』 『魚に掛かったままは勘弁して^^;』 と思いながら、近くは老眼で見えないけれど^^; 遠くは見える両目で湖面をガン見していると、プカプカ浮かぶ黄色い塊を発見 ”アレだ!^^” 少々風が有り波が立つと見え隠れする ”V” 見失う前に回収しなければ、以前は車の中に ”ルアー回収機” を置きっ放しにしていて、ラインブレイクしてから車に取りに行ってましたが、最近は高額なハンドメイドルアーを使用する頻度が上がってきていたので、非常に嵩張るルアー回収機ですがタックルケースに入れ携帯していました、そんな保険が効いて無事 ”V” の回収に成功しました、良かった(^O^)v


リーダーを結び直して、再び ”V” を使ってみましたが、先ほどまでの好反応は何処へ?^^; まぁ良く有るパターンですが、ちょっと間を空けると釣れなくなるパターンに、きっと回遊を釣っていて回遊が去ったんだと思います残念^^;

2000円回収に成功 ”持ってて良かったルアー回収機”(^O^)v
2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V






次に ”東名情報” の階段に入り ”M” のトロピカルで5、6本釣り ”良いかな?” と思いましたが、結局ここにも ”春爆” は無く、東ワンドに移動するも完全な向かい風で、それも結構強い風だったので ”石碑前” に移動しましたが、石碑にお祈りをするもやはり ”春爆” はここにも無く、結局一周して桟橋の左側に戻ってきましたw

2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V

東ワンドは向かい風が強く3投で断念
2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V







時間は16時過ぎ、釣果は40尾前後だったと思います… ナイターが絶好調なら ”束釣り” も有るかな? って状況、本来はこの倍か? それ以上は釣れている予定だったんですが、全然ダメでした^^; 昼間がこんな感じだとナイターも期待は持てません^^; しかし諦めずに間もなく訪れるであろう ”夕まづめ” の時合いに期待を賭けます。

すると桟橋左の釣り座で ”時合い” らしき爆釣が始まりました^^ やっと訪れた、おそらく ”時合い” ではありますが連チャンタイム、コレだよコレを待っていたんだよ、もっと早い時間からもっと長くこうなって欲しかったんだけれど… 贅沢は言っていられません、とりあえず ”M・V・P” のヘビーローテーションでこの ”夕まづめ” に挑みました。

夕まづめ要員はこの方々w スプーンはノア2.6gと1.8gの黒
2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V







結果 ”M”のトロピカルが絶好調で、”MはMでも”ライトグリーンではダメ、トロピカルが良いんです^^ 2番手は今日かなり多用している ”V” で ”P”のぴんくちゃんは今ひとつでした、単純に分析すると ”黄色” がキモだったのかと思われ、自塗りの ”M”75MR(グリーン・蛍光ピンク)も使いましたが釣れませんでした、近いうちに ”M”75MRは黄色とピンクのツートンに塗り替えようと思っています^^

ライトグリーンと差が付いた ”M”トロピカル
2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V





さらにこの3本 ”M・V・P” を使っていて、投げ比べて思いましたが、とにかく ”V”のKPは飛びます、下手をするとノアB4.4g並みの飛距離が出る事が分かりました、”V”KPは ”V”TR(タイトロール)と違いサイズが小さい、しかし後方重心・後方ワイドボディで重量が有る、サイズが小さい分空気抵抗が小さく、キャスト時に横回転せずお尻を先にして投げる事が出来ると、姿勢が真っ直ぐになり、まるで木ねじを回すようにして真っ直ぐ飛んでいきます、中央の桟橋近くまで飛んで行っているのでノアB4.4gと飛距離が変わりません ”飛べば良い” というものでも有りませんが、遠くへ飛べばより釣れるチャンスは高まりますからね^^

さらにキャストのコツとしては、オーバーハンドキャストよりも、サイドキャストでバットを ”アッパースイング” で振るような感じで45度を意識しながらキャストすると、より遠くまで飛ばす事が可能です。

かっとびスターレットならぬ、かっとび ”V”のKP
2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V






小一時間ほど桟橋左で ”プチ春爆” を味わいw まだ暗くなってはいませんが、少し早めの桟橋への移動、移動先は今釣っていた桟橋左の向かいの桟橋、反対側から同じポイントを狙ってみましたが ”V”のKPで釣れましたが、時合い的な夕まづめの ”プチ春爆” は終わってしまっているようで良い感じでは無い…

桟橋から ”V”のKPで
2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V





そもそも今日は朝昼悪く、夕方ちょっと爆発しただけ、夕方の爆発もピタッと止まってしまっていて、日が暮れ始めて結構寒くなってきている、この状況を分析すると、ナイターが爆発する事は無い事がほぼ予想が付きました、終日券で入場してはいますが ”帰ろうかな?” と思うも、途中棄権しないのが ”My管釣りルール” なので20時まで頑張りました。

ノア2.6g黒でも釣れるんですが、いつもよりも弱い
2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V





普段のイージーな時で有れば、ノア2.6g黒、1.8g黒が有れば30尾くらい釣れてしまいますが、日が落ち暗くなってきても黒いスプーンへの反応が釣れなくは無いけれど悪い、良い場所を探せば出るのかもしれないけれど… そこで使ったのは ”M”トロピカル、日が落ちてもまだうっすらと明るい状況下 ”M”トロピカルでロッドを立てて ”表層” を巻いてみると、ガンガン当たりが出せる^^ しかし ”ガツン!” と大きいけれど乗らない当たりも多く半分くらい乗らない^^; フック交換をヘッドライトの明かりで行ってもみましたが、やはり乗らない、そしてゴリ巻きランディング中にバレるの連発^^; 何か対処方法が有るのか? 何か対処方法を考えようとも思いますが、そもそも暗くて水面が見えないナイターで、無くしたら泣けるハンドメイドルアーを長時間使っている事が ”無謀” なんじゃないかな〜と思っています^^;

浮いている ”M” が見えないナイターで使うのは無謀の一言
2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V

桟橋で掛かったら、魚を吊るしヘッドライトを当てリリーサーでリリース
2016年4月春の東山湖
2016年4月春の東山湖 posted by (C)はらっく DSC-HX9V






19時頃には ”M” の表層にも反応が無くなり、黒いスプーンにたまに反応が有る程度、桟橋から岸に移動し、徐々に受け付け方面に釣り座を移動しながら、最後はオーバーフローで黒いスプーンで数尾釣って、本日の投了となりました。


本日の釣果はちょうど70尾^^; 4月の2週目にナイターまでやって70尾は過去の成績を見ても少なすぎる、やはり急激に気温が下がったのが原因だったのか? 水に ”ニゴリ” が入っていたのは確かで、急な冷え込みで ”ターンオーバー” していた? もしくはニゴリが緑色っぽく、水面に藻が浮き始めていたので、植物プランクトンの発生で酸素が少なく、魚達の調子が落ちていたのか? ほんと4月2週目とは思えない東山湖でした… 4月2週目…



あ!!!  カレンダーを見ると、4月12日は厳密に言えば4月の3週目じゃないですか^^; 先週が2週目か… 先週だったのかな〜? 今年は暖かくなるのが早かったから、もしかしたら全体的に前倒しになっていたのかも? しれませんね、もしくはやはり冷え込みが影響しての状況だったので、金曜日あたりから安定して気温が20度を超えてくるようなので、来週からが東山湖の ”春爆” 本番なのかもしれません? 今年ももう一回行っちゃおうかな、昨年は4月に2回行って2回目の方が釣果悪かったんだよな〜、同じ運命を辿りそうですね^^;