はらっく傾奇者でござ候

管理釣り場メインではありますが、いろいろ書くので ”意にそぐわない方” は静かに御退室ねがいます。

甥っ子と足柄キャスティングエリアへ

甥っ子の試験休みを利用して足柄キャスティングエリアに行ってきました、よくよく考えてみたら中学生の期末試験で試験休みなんて無かったような? 私立中学だと有るみたいです。

朝5時起きで出発なので、前日から我が家に泊まって同じ布団に寝ましたが、絶対に毛布や布団を奪われるので、あらかじめ毛布は各自1枚ずつ用意し掛け布団は1枚で寝ましたが、朝起きると甥っ子の毛布は場外に放置され、自分の毛布を甥っ子が掛けて寝ていました、寒いだろこの野郎!w



今日は何から何まで全部持ちの接待フィッシングです、実質1人なので通常は下道ですが接待なので高速道路です、首都高速も900円コースです高く付くな〜^^; しかし高速道路だと足柄は実に近い、松田方面はここ3回連続下道だったので本当に着くのが速く感じました。



到着は7時ちょうど、2人で8000円^^;

いつもの入り口際が空いていたので迷わずそこを釣り座とした、さ〜! いかに中学1年生に釣らせるか!? 今日は自分の釣果は2の次3の次で指導役に徹するつもりです。



まずはスプーンという選択もありますが、やはり下見で好調だったリバーブを朝一から投入することに、ただし素人さんには難しいしゃくると言うアクションを教えないといけないので、まずはお手本を見せることに、上手いことデモンストレーションで釣れてくれると理解もしやすいのですが…

しゃくりかたとルアーの動き、そしてどのタイミングでアタリが出るのかを説明してから、いざ!デモンストレーション開始すると見事に1投でヒット!ここで乗るんだよと言った瞬間に見事に掛かってくれました、ありがとう足柄のマスちゃん。

足柄キャスティングエリア
足柄キャスティングエリア posted by (C)はらっく DSC-HX9V





説明通り釣れるのを見た甥っ子は俄然やる気満々になり、見よう見まねのしゃくりを開始、するとすぐに足柄CAでの最初の魚に出会うことに成功、その後も良い感じに釣れていく、間違いなく先生のおかげでしょw

ある程度釣れるとアタリが遠のく、すると寒い寒い言い出す、うーん子供のご機嫌取りは大変だ、少し時間を開けたらまたリバーブ投げてみなと、再びリバーブでしゃくらせた、ボトムに置いておく時間を長めにしたりしてみなとアドバイスをすると…











オレンジのがキター!











と大声で騒ぎ始めた、見てみると池に3尾程度しかいない、大きなアルビノをリバーブで掛けていました、やるなこいつ…

バラしたくないから手伝ってと言うので、ネット役を手伝って見事取り込みに成功、寒い寒いと言っていたのが嘘のように暖かくなってきたなんて言っています、現金なやつだまったく。

足柄キャスティングエリア
足柄キャスティングエリア posted by (C)はらっく DSC-HX9V






その後も飽きない程度に掛かる、しかし合わせと取り込みがヘタでバラシの連発、前半戦はネットインの数よりフックアウトした魚の数の方が多いペース^^; まだ力が弱いせいか掛けたと言うより、魚が勝手にぶら下がっているだけと言った状態のようで、少し魚が暴れると近寄ってきたところでポロポロしまくっていましたw




しばらくして… 突然ギギギギギーとドラグが隣で鳴き始めた、甥っ子が「大きいよ〜!」と叫ぶ、本当に大きいのかよ? と甥っ子の方を見ると、力がないせいか魚の走る力が強く、魚に対してロッドが真っ直ぐな状態になり、必至にロッドを持って甥っ子が耐えている、スレのような引きにも見えたが、スレじゃないなら間違いなく大物だ、すると水中にいる掛かった魚が見えたが確かに大きい、50cmは優に超えているなかなか足柄ではお目に掛からないサイズが掛かっている、アルビノにしかりやるな甥っ子、いやリバーブが良いのか?

力の弱い甥っ子逃がしたくないと言っているが、寄せては走られまくって魚より先に釣り人が疲れて弱っているw

どう見ても甥っ子1人では取り込めるサイズでは無かったのでお手伝い、4回ほど寄せては走られどうにか取り込みに成功、見た目だけの大物ではなく、トルクフルな釣りごたえの有る大物だったようです、甥っ子もアルビノに続き満足げな表情、完全に寒さも吹っ飛んだようです。

足柄キャスティングエリア
足柄キャスティングエリア posted by (C)はらっく DSC-HX9V

足柄キャスティングエリア
足柄キャスティングエリア posted by (C)はらっく DSC-HX9V






その後ポツポツ釣っていましたが、釣れなくなってきたのでお昼ご飯にしました、受け付けでお湯を入れて釣り場にある休憩所で食べましたが、お湯を入れて待っている時間に、大物を釣ったときの動画をカメラで見ていたら、緑のたぬきが伸びちゃいました、スープが入れ物の中で半分以下まで減っています、ちょっと放置しすぎましたw

足柄キャスティングエリア
足柄キャスティングエリア posted by (C)はらっく DSC-HX9V

足柄キャスティングエリア
足柄キャスティングエリア posted by (C)はらっく DSC-HX9V






午後の部開始です、甥っ子が17尾くらいだったかな?自分が20尾程度、接待に徹していたもののちょっと難しかった、リバーブを投げればもう少し数が稼げたようにも思えるが、リバーブは甥っ子に任せていたので、クランクと表層マイクロスプーン、そしてたまにリバーブを使わさせてもらってどうにか午前中20尾でした、ちょっと渋めですね。

少し釣ったあと甥っ子は寝不足と早起きで足柄のベンチでダウン、風が弱く気温が上がってきていたので、意外とお昼寝には最適な感じ、自分もその横に座って少しうとうとしちゃいました。

甥っ子はまだ寝ている、では寝ている間に少し釣っちゃおうとあれやこれややりましたが、全然良いのが見つからない、実際今日はリバーブも大当たりではない感じ、それでもリバーブが一番反応が良い、あとリバーブですがカラーで魚の反応が大きく違うように思えた、少し高い方のリバーブを購入使用することをお勧めします。



この時点でなんとか釣果は30尾。



やっと甥っ子が目覚めた、相変わらずリバーブをキャストしている、少し釣れちゃったからやはりリバーブ固執してしまう、かと言って大人も苦戦中なのに中学生に勧めるルアーがリバーブ意外に見当たらない…



あえてお互いに触れることをやめていましたが、とうとう釣れなくなった甥っ子が、あの人ずっと釣っているよねとぼやきだした、たしかに向かいのインレット際でばかすか釣っている人がいる、常連さんは引き出しが多いからあの手この手で釣っているようだった、自分もそこそこ常連だがまだまだ足柄の引き出しの数は少ない、棒やセニョールもこの日は反応が無いし、接待役としてはこのままでは失格だ…

15時を過ぎて魚はペレットモードに入り始めている、より釣るのが難しい時間だ、とりあえずバベルGTでボトムを釣らせたが、大きいのを1尾掛けただけで、その1尾以外は釣れなかった、そして甥っ子はまた寒い寒いと言い始めている、この後山に太陽が隠れると本当に寒くなるし、閉店まではまだ2時間以上有る、自分ですら良いルアーが見つかっていないのに困った…

トイレに行っている間に釣ってる甥っ子
足柄キャスティングエリア
足柄キャスティングエリア posted by (C)はらっく DSC-HX9V






なら仕方がない、おじちゃん1人で来たら絶対に使わないけれど、禁断の悪魔のルアー使うか?と言ってバベル0を取り出した、色は黒と白を使ってみたが、とりあえず1尾ずつ釣って釣り方を見せて教えた、さすがに軽いルアーで甥っ子も飛ばない飛ばないと苦労しているが、苦労のかい有ってか釣れ始めた、入り口際の浅いところに投げさせてボトムのルアーを見て合わせを入れさせた。

とりあえず食うところが見えてそして釣れる、甥っ子の寒さもかなり和らいできたようです、リリースの際に魚が暴れてラインが切れてバベル0を紛失した、バベ0じゃキャストが辛いだろうと思い、バベルWTのピンクに変更した、すると飛ぶようになったので甥っ子は喜んでいた、そしてさっきまで以上に釣れるようになり始めた、連チャン混じりの釣れ釣れモード突入、沈んでいた甥っ子の表情も一気に笑顔になった、接待役としては良かった良かったと言うところですが、その接待役は全然釣れていない、あまりに調子良く甥っ子が釣り続け釣果が並ばれ始めた^^;

これは接待役とはいえおもしろくない、今日は部会でもないし甥っ子もおじちゃんが釣れていなかったら気を使うだろうと思いw では俺もバベっちゃおうかな〜と、久しぶりにバベルWTを装着し真面目に鼻糞フィッシングをし始めた。

フォールでは反応はなく、ボトムをデジ巻きしていると良い感じに釣れる、辛うじて甥っ子に抜かれることなく6尾差程度をキープしながら2人で釣っていった。

今日は20尾は絶対に釣らせようと思っていましたが、午前中に17尾釣り午後はバベルWTを使い始めてから数がどんどん伸び、甥っ子も徐々に釣果の目標が上がっていく、30尾は無理とか言っていましたが30尾をクリアーし、40尾はさすがに無理だななんて言っていましたが40尾もクリアー、バベルWT恐るべしと言ったところ、実質バベルを使用し始めたのは16時頃から、17時を過ぎると辺りは暗くなり始めている、寒いし暗くなって見えなくなってきているから帰りたがっているかな?と思いきや釣れているので目が輝いている、暗くてルアーも良く見えなくなってきていて危険なので投了すると言った選択肢も有りましたが、少し当たりが遠のくと、お客さんが減った釣り場を縦横無尽に移動して、こっちの方が釣れるよと良い場所を積極的に探し回っていました、この状況で終わりにするのはヤボだなと思い、事前に暗くなっても釣りを続行した場合のことを考え、懐中電灯を2個持参して来ていたので1つ甥っ子に渡し、ネットイン後リリーサーを使用するときには懐中電灯を点けて、魚が良く見える状態でフックを外すよう支持をして、18時まで2人で粘りました、17時過ぎには甥っ子と2人貸し切り状態でした。


そんなこんなで18時になり本日の投了。





自分の釣果が50尾、甥っ子の釣果が43尾でした。













接待フィッシング大成功ですな、甥っ子も楽しかったと言っていたので大満足ですw

世話役がリバーブで釣った大物、甥っ子のと比べると見劣る…
足柄キャスティングエリア
足柄キャスティングエリア posted by (C)はらっく DSC-HX9V












楽しいのも当然で、16時から2時間で26尾釣れちゃったんです、つまらなかった分けがありません、帰り際に管理人のみゆぱぱさんが甥っ子に結構釣っていたね〜凄いね、と子供を喜ばせる事を言ってくれましたが、バベルを使っちゃったんですよと言うと、バベルでも釣れない人は釣れないから、釣れたんだから凄いよなんて言ってくれて、甥っ子も上機嫌でした。






さ〜て月曜日は部会です、また足柄CAなの?^^;