はらっく傾奇者でござ候

管理釣り場メインではありますが、いろいろ書くので ”意にそぐわない方” は静かに御退室ねがいます。

管釣りバッカンのお助けトレイを付けてみた(アレンジ編)



先日DAISOで購入してきた ”お助けトレイ” なんて名前ではないであろう ”カゴ” をディスプラウトバッカンに取り付けるネタを書きましたが、その続編です^^ ドットコムの高萩戦は大雨で、まさにこのお助けトレイが大いに役立ちました、使い終わったルアーを ”サッ” っと置いておくことができ、お助けトレイに置いてあるルアーをローテで再び使用する時は、大雨の中バッカンを開く必要も無く実に便利でした^^ 全面メッシュのため雨水が溜まる事も無くメンテナンス要らず^^


”便利だな~(^o^)”






油断はしてはいけないですね… ”ガッシャーン” してしまいました^^; 背後で ”バッシャーン” が聞こえ、え!なんで? と、振り向くとヴァルケインのリリーサーがお助けトレイに引っ掛かっている^^;トオルチャンタラ モー 想定では足で蹴って ”バッシャーン” するつもりでしたが リリーサーは… 十分有りうりますねw

と言う事で、設置方法を少しアレンジしてみました、従来の設置場所では ”固定” する事は困難なので、ディスプラウトバッカンには幸い引っ掛け具が多めに付いているため、そこにちょうどお助けトレイを引っ掛ける事ができ、なおかつ細い針金で縛り付ける事も可能^^ このアレンジバーションでも ”バッシャーン” は十分有りうるんですが、どっちの場合の方が軽症で済むのか? いろいろ試してみて、良さげな方を採用しようと思ってます^^