はらっく傾奇者でござ候

管理釣り場メインではありますが、いろいろ書くので ”意にそぐわない方” は静かに御退室ねがいます。

リベンジ、尾瀬フィッシングライブ

2012年5月30日いつもの3人で尾瀬フィッシングライブで管釣り部会を行ってきました、2号に部会を尾瀬でやるぞと言ったら、尾瀬ですか!と良いリアクションが返ってきた、良いというのはなんで!尾瀬なんですか!?って言うリアクションですw 理由は辛い過去に有り。

3年前ですかね、管釣りを始めたばかりの頃に2号と二人で残暑厳しい尾瀬に行き自分が8尾2号は2尾なんて言うほろ苦い経験から来たリアクションです。

関越道沼田ICから下道を走ること30分尾瀬フィッシングライブに到着、前回の苦い教訓から釣り座は川側か山側のインレットを取らないと苦労するだろうと言うことで、受け付け順は2番手で最初の人達が川側のインレットに入ったので、我々は山側のインレットに入った、インレットの際は尾瀬に来るのが初めての1号、自分はまだ空いていたので山側中央の噴水前に皆とは少し離れて釣り座を構えました。

山々の緑が深く綺麗で天気も良くそよ風が気持ち良い。

駐車場出入り口付近から一枚
尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

新緑が綺麗
尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

尾瀬の受付入り口
尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

フェザージグもOKブラック326も釣れない時には投げちゃってOK
尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

釣り券は自動販売機で購入、一日券は4000円也
尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブ posted by (C)はらっく DSC-HX9V



部会開始です、とりあえず重いスプーンで長距離砲を打とうとPALの3.5グラム茶オレンジを中央の噴水めがけてキャスト、ボトムを測るとカウント10くらいで底が取れる、結構ボトムは深い4メートルは有りそうです、巻き上げたりカウントを取ってタナを刻んでいくと、7時15分頃カウント5で本日最初の魚を釣ることに成功、個人的目標はリベンジ成功ラインの前回超えで9尾、2号も前回超えだと言っていましたが前回2尾だから目標低すぎるでしょw

その後3.5グラムなんて重いスプーンはPALしか持っていないのでPALだけで右へ左へとワイドに探っていった、最初のうちはカウント5くらいでポツポツと釣れましたが、インレットから少し離れたところで釣っている2号はロッドを立てて表層を探って釣っていたので、真似をして表層も攻めてみたら釣れた、3.5グラムのスプーンを遠投して表層を引くのは結構疲れますね、ロッドを万歳状態でリールを巻きます、しかし釣れてくれるのであまり疲れは感じない。

インレット際の1号をチラチラ見ているとやはり一等地なだけあって調子よく釣っている、羨ましいけれど午前中は中央噴水前で粘ろうと移動は考えなかった、そしてここでいかに釣るかを考えていった。

インレット側、眺めは最高ですが釣り場としては難しい尾瀬FL
尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

アウトレット側
尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

PAL3.5グラムで釣った今日の1尾目
尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブ posted by (C)はらっく DSC-HX9V



ジキルの草色をキャストしてみた、軽すぎて尾瀬では中央噴水には届かない、カウント5で巻いていると、当たった!と思った直後にラインが走りドラグが狂ったように泣き喚いた、これは大きいぞ!と思った瞬間ラインが切れた^^; 2.5lbのフロロではちょっとラインが細過ぎたようだ、お気に入りのジキルの草色が殉職してしまった、帰ったら2個くらい予備で買わなければ。

10時頃に難なく尾瀬のリベンジに成功しました、案外速く成功したのはこの2年間の修行の賜物でしょうw 9尾ほど釣ったところから反応が無くなってきた^^; 表層中層を攻めていきましたが反応が無い、そこでボトムを釣ることにした、今月号のアングリングファンに最近恒例のDVDが付録で付いていて、今月号は「数釣りの極意」と言うテーマのDVDが付いている、昨晩寝る前に見ていて見ながらいつの間にか寝てしまっていましたが、ボトム攻略が上達のカギと言う章が前半にあり、ボトムはちょくちょく釣りますが誰かに教わったこともなくDVDやテレビ、エリアでやっている人の見よう見真似です、それでも自分なりのボトムの釣り方で釣果は上げてきましたが、そのDVDを見てリフト&フォールとボトムバンプの釣り方が分かりやすく説明されていた、ボトムバンプですがあれだけ連続して行ったことはなかった、リフト&フォールなんて意識してやったことがなかった、デジ巻きもあれほど規則正しく細かく素早く巻いたことはなかった、と言うことでこの全てを取り混ぜながらペンタ桃色3グラムを使いロングキャストをして、このボトムの釣り方を実践してみた。

結果から言うとボトムバンプで釣れない時間に魚を絞り出すことに成功した、おもしろいほどは釣れなかったけれど池全体で悶絶をしている時間帯に、周りの人がやっていない釣り方で釣れるのは気持ちが良い、あとで2号に聞いたんですが自分がボトムバンプで調子よく釣っていると、隣の人もボトムバンプを真似し始めていたそうです、高速デジ巻きとリフト&フォールでは釣れませんでしたズル引きも反応無し、と言うことはリアクションで食ったと言うことになるのかな?シャドーアタッカーなどでも釣れたかもしれませんね。

綺麗ですね、真夏のような写真ですがまだ涼しい
尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

インレット際に小さく1号が写っている
尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

2年前は釣り禁止エリアに岩山が無かった?
尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

記事には書かなかったけれど9時頃に放流が有りました、網3杯分
尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

放流場所は一番奥のアウトレット
尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

しっかし放流の恩恵は遠すぎて一切無かった、有ったのかな?
尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブ posted by (C)はらっく DSC-HX9V



11時30分を過ぎ魚の反応も無くなってきたのと、今日は昼食を尾瀬FLの弁当にせず、街道を尾瀬方面に200メートルほど行ったところの、天然温泉わたすげの湯に有る山のレストラン水芭蕉で蕎麦と岩魚を食べようと思い、正午過ぎだと混んでいたら嫌なので少し早めに水芭蕉に行きました、休日などは分かりませんが今日水曜日は営業していました、きっと東京電力尾瀬が閉じるまでは営業をしているんだと思います。

手打ちのざる蕎麦と岩魚の唐揚げそして生中を頼みました、1号は自分と同じで岩魚の塩焼きバージョン、2号はざるうどんの大盛りです、手打ちでそば粉100%のざる蕎麦は思ったほど…^^; 次回は違うのにしようかなw しかし岩魚の唐揚げは美味しかったな〜香魚らしい良い香りがして身は柔らかく頭からカラっと揚がっていて全部食べられます、骨だけは残しちゃった、塩焼きも美味い!美味い!と1号は頭から食べていました、ざるうどんの大盛りですが、大盛りがなんと360円増しだそうですこれは高すぎる^^;

事前に見た店のブログにソフトクリーム始めましたなんて書いてあったので、2号と食べてみましたが、美味しいは美味しいけれど300円の割りにはちょっとクリームが少なかった、もう少し盛らないとリピーターが来ないし良い噂が広まらないと思う。

尾瀬の入り口から数分歩くと、わたすげの湯とレストラン水芭蕉が有る
尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

DSC02320
DSC02320 posted by (C)はらっく DSC-HX9V

蕎麦はそれなりだが岩魚の唐揚げは絶品でした
尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

ソフトクリーム300円也
尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

もう少し多く盛って欲しいな…
尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブ posted by (C)はらっく DSC-HX9V




お腹もいっぱいになり午後の部開始です、17時までなので残り時間は4時間半短いな〜、午前中の釣果はは16尾でした1号は23尾で2号が8尾だったかな、どうにかインレットの1号の釣果をぶち抜こうとあれやこれや試していきました、とりあえずボトムを攻めていきました、やはり釣れるのはボトムバンプで、しかしポンポンとは釣れず細かく連続して右手でシャクルので非常に疲れます、そしてボトムでも当たりが遠のいていく…

こまった何を投げよう?よしザッカーでも投げてみようとストゴーをしてみると足下で1尾ヒットしましたが逃がす… ザッガーはもう少し活性の高い魚が沢山入っているところでやらないとおもしろくないですね、次にベビーシャッドを使ってみた、手前のブレイクラインをベビーシャッドで狙ってみたら1尾釣れるもそれっきり…

午後の部開始です暑いです
尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

ベビーシャッドでフィッシュオン!
尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブ posted by (C)はらっく DSC-HX9V



ふと初めて来た時の事を思い出した、一見釣れるのコレ?と思ってしまうへの字ファイターですがその強さを尾瀬で初めて感じ、その後みどりなどで爆る事に繋がった、よしへの字ファイターでも投げてみるかとお気に入りのアルビノカラーを池中央の噴水目指してロングキャスト、すると2連チャンで釣れたやるなへの字ファイター、その後もしつこく投げていると先ほどまでとは違って釣れる、釣れ方としては手前ではヒットせず噴水に近ければ近いほど釣れた、への字ファイターの弱点なんと言ってもは空気抵抗が大きいことでロングキャストには向かない、本来ならスワンドライブを使用したいところだが、スワンドライブもロングキャストに向かないロッドなので、この日クランクをキャストする時はほとんどラグゼトーナメントスペックに任せた、圧倒的にラグゼの方が飛距離が出る。

なんだかへの字で調子が良い、もう少し釣れたらインレットで悶え苦しむ二人にも教えようかなと思っていると、インレットの直ぐ脇でオーナーがアルミボートの準備をしている、時間は15時恒例のペレットタイムが始まります。

前回のかすかな記憶だとアルミボートで中央噴水を境に川側の方を往復して、一袋分10キロ?5キロ?のペレットを撒く、山側のインレットの際なら届く距離だが、山側のそれ以外の釣り座からはなかなか届かない、と言うことで1号をインレットの留守番をさせ2号と川側の釣り座にロッドを一本持って移動しました、ルアーは当然ペレットペレットのダークブラウンペレットこの色がこの時間帯最強です、2号は尾瀬FLはクランクが2フック不可なので普段持ち込むタックルケースではなく、別のケーズに1フックのルアーだけを入れて持ってきたためペレットペレットを家に忘れてきたそうです…

オーナー出航
尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

1号インレットでペレットタイムを味わう
尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

中央噴水前でペレットタイム
尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

ペレットタイムで池を一周した時にアウトレット側から1枚撮影
尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブ posted by (C)はらっく DSC-HX9V



川側からペレットタイムを堪能しようとしましたが、自分が1尾2号は釣れずで池を一周して元の山側の噴水前に戻ってきてしまいました… なんだかな〜と思いながら元の釣り座でペレットペレットを噴水に向けてキャストすると釣れた、そして水面は非常にざわついているペレットを撒いたアルミボートが通り過ぎてだいぶ経っていたが魚達はやる気満々でした、こう言う時はスプーンを投げるよりペレットペレットを投げていた方が圧倒的に楽しいので、うしろめたさは有るけれど投げ続けた、ちなみにペレットタイムまでは25尾だか27尾釣っていた、たいていペレットタイム後のペレットパターンが続くのは30分程度でもっと早く終わってしまうことも有るのだが、この日の尾瀬のペレットパターンは延々と2時間、正確には70分から80分続き、その後40分は入れ食いではないが右に左にペレットペレットで探ると魚群に当たって数尾釣れると言う事が17時閉店まで続いた、閉店まで2時間もペレットペレットを投げていたのか!そうですずっと投げていました、だって釣れちゃうんだもんw

ちょっと度が過ぎたかな〜、きっと周りから白い目で見られていたことでしょう^^; でもま〜最初っから最後までペレットペレットで釣っていたわけでもなく、いろいろな釣り方で試行錯誤をして釣っていたわけで、魚がすっかりペレットパターンでスイッチが入っている時は大会に出ているわけでもないので素直にペレットパターンで釣ればいいと思っています。




言い訳ですなw




今日の釣果はなんだかんだ63尾となりました、27尾くらいまでがペレットパターン以外で釣った釣果なので、15時からの2時間で36尾時速18尾とかで遊ばせてもらっちゃいました^^; おかげで右手の中指の関節の横にマメが出来て痛いです、ペレットタイムはお客さんに釣ってもらうためのサービスです企業努力です、素直にペレットパターンを楽しんじゃいましょう。



今年の漁獲高 927尾+63尾=990尾 釣行回数22回



行きはまだやっていなかったけれど、「足湯無料」と書いてあった尾瀬市場さんに帰りに寄りました、売っているお土産は近隣で取れた格安の農産物、はじめて「うるい」という葉っぱを買って帰りました。しかし足湯の無料って良い宣伝というか客引きですよね。
尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブ posted by (C)はらっく DSC-HX9V

足湯無料でした、1日運動靴を履いているのでネバっとした足がさっぱりして気持ちが良かった、皆でお土産を持っていますが尾瀬市場の回し者ではありませんw
尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブ posted by (C)はらっく DSC-HX9V